飛鳥時代を簡単にわかりやすくまとめてみた【出来事・人物・特徴など】

飛鳥時代についてまとめてみました。政治史が中心で文化史は少なめなのでご了承ください。(後に追記したいとは考えてます)

多分、学生の方の参考にもなると思います。でも歴史にはいろんな考え方や説があります。そのため、学校の教科書とは違う箇所もあるかもしれないので参考程度に使ってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

飛鳥時代の始まり

飛鳥時代は、概ね590年頃が始まりとされています。この頃、日本で何が起こっていたかというと、豪族同士の覇権争いが続いていました。

 

弥生時代末期〜古墳時代にかけて日本では熾烈な覇権争いが繰り広げられていました。これは稲作が普及したことに伴う土地・治水・資源(鉄・青銅など)などを巡る争いによるものです。

 

古墳時代ぐらいになるとヤマト朝廷という豪族たちの合議機関みたいなものが形成されて武力による争いは少なくなります。次の争いの舞台はヤマト朝廷という政治の舞台。豪族同士の争いは、土地や資源を巡る争いから「いかにヤマト朝廷内で優位に立てるか?」という政治的な争いへと発展していきます。(これに合わせるかのように古墳時代末期は大きい古墳が減っている)

 

飛鳥時代に入る前、残っていた超有力豪族は2つありました。軍事力を持つ物部氏と財力を持つ蘇我氏。

 

こうして飛鳥時代に入る直前に起こった物部氏と蘇我氏の戦いが、587年の丁未(ていび)の乱。

丁未の乱とは?蘇我馬子と物部守屋の対立をわかりやすく【崇仏論争の結末】
蘇我稲目と物部尾輿の間で起こった仏教や政治をめぐる対立は、次世代に引き継がれ、次はそれぞれの息子だった蘇我馬子と物部守屋が対立することになります。 蘇我馬子と物部守屋との対立は、587年に起こる丁未の乱にまで発展し、蘇我馬子の勝利で幕を閉じることになります。今回は、そんな丁未の乱について紹介します。 反蘇我派の敏達(び...

 

この戦いに勝った蘇我氏は、最後のライバルを倒したことでもはや敵はいなくなり、朝廷内で圧倒的権力を持つことになります。

 

蘇我氏の力は圧倒的で、天皇を暗殺するという前代未聞の大事件が起きるほど。

なぜ崇峻天皇は暗殺された?わかりやすく解説【蘇我馬子の陰謀】
丁未の乱で勝利した蘇我馬子は、擁立していた泊瀬部皇子を天皇即位させます。587年8月、崇峻天皇が即位します。丁未の乱については、以下の記事をどうぞ。 ところがこの崇峻天皇、即位5年後の592年に臣下によって暗殺されてしまいます。日本の歴史において臣下によって暗殺された天皇は記録上、崇峻天皇のみです。このような一大事件が起こったの...

 

そして、崇峻天皇が暗殺された後ぐらいからが飛鳥時代と呼ばれる時代になります。色々とてんやわんやの状態で飛鳥時代は始まるのです。

飛鳥時代の初期(推古天皇の治世)

592年に天皇暗殺という大事件が起こった後、推古天皇が女帝として即位します。異常事態の後の即位であり、男性が即位すると皇位継承で国が乱れるだろう・・・との判断で適切な男性天皇が見つかるまでの繋ぎ役で推古天皇が即位したと言われています。

女帝の推古天皇を簡単にわかりやすく紹介!【聖徳太子と蘇我馬子との関係や政治など】
今回は、日本で初めて女帝として即位した推古(すいこ)天皇について紹介しようと思います。推古天皇は、絶世の美女としても有名です(上図参照。私はノーコメントです)。 推古天皇はなぜ日本初の女帝となったか さて、まずは推古天皇が即位するまでの経緯を説明しましょう。日本初の女帝というだけあって、推古天皇即位の背景には複雑なものがありました。 崇...

 

当時の日本は、朝鮮3国(百済・新羅・高句麗)や隋の勢力を恐れて、他国から攻められても大丈夫なように天皇を頂点に置いた中央集権的な国を目指していました。なので、天皇の権威・権力の強化は当時の喫緊の課題だったのですが、推古天皇の時代に日本の政治改革は大きく前進しました。

 

その代表的な国政改革の一例が17条の憲法と冠位12階位でしょう。

十七条の憲法の制定理由や内容、目的をわかりやすく【聖徳太子の謎】
以下の記事で十七条の憲法は、「蘇我馬子を牽制しながら天皇主導の国を造り上げるために、十七条の憲法の制定と冠位十二階制の導入が行われた」という話をしました。 今回は、そんな十七条の憲法の内容や目的について紹介しようと思います。 十七条の憲法はなぜ制定されたのか 十七条の憲法が制定された背景には、同時期に行われた冠位十二...
冠位十二階を定めた理由・目的・意味とは?わかりやすく解説【聖徳太子の活躍?】
以下の記事で冠位十二階制は、「蘇我馬子を牽制しながら天皇主導の国を造り上げるために、十七条の憲法の制定と冠位十二階制の導入が行われた」という話をしました。 今回は、そんな冠位十二階制度の内容や定めた理由について紹介しようと思います。 冠位十二階制度を定めた理由・目的 冠位十二階制は、冠の色に応じて朝廷内で12の位を定める制度です。隋...

さらには、国政改革の参考とするため大国の隋へ遣隋使を派遣。中国との国交が100年以上ぶり再開されることになりました。

遣隋使の目的・内容は?小野妹子って?簡単にわかりやすく
今回は、600年と607年の2度派遣された遣隋使の話をしようと思います。当時は推古天皇が即位していた時代で、十七条の憲法の制定や冠位十二階制など様々な政治改革が行われました。詳しくは以下の記事を。 遣隋使はなぜ派遣されたのか 日本では、600年に約130年ぶりとなる遣隋使の派遣が実施されました。なぜこのタイミングで...

 

そしてこれらの国政改革の中枢にいたのが聖徳太子だと言われています。聖徳太子の本名は厩戸王(うまやとのおう)。推古天皇の次期天皇として期待されていましたが、若くして亡くなってしまいます。

聖徳太子を簡単にわかりやすく丁寧に紹介!【その生涯と日本に与えた影響とは】
今回は、飛鳥時代の貴公子、あの有名な聖徳太子について紹介します。 「聖徳太子って有名だけど何をした人なの?どんな人なの?」というのをわかりやすく丁寧に紹介していきます。このブログでは既に聖徳太子について触れている記事も多くありますので、そんな記事も参考に紹介しながら解説してみます。 この記事を読んでいただけ...

 

推古天皇は非常に政治の上手い人だったようで、天皇が力を持つようになると相対的に権力が低下する蘇我馬子はそれを良く思わないわけですが、その蘇我馬子とも上手く関係を保っていたようです。(あまりに順調すぎるので、実は推古天皇と蘇我馬子に禁断の関係があったのでは・・・?なんて考えてしまうほど)

飛鳥時代中期(乙巳の変と大化の改新)

628年に推古天皇が亡くなると、再び蘇我氏勢力が息を吹き返します。

 

蘇我馬子は亡くなっており、その息子と孫にあたる蘇我蝦夷・入鹿が活躍します。

蘇我蝦夷・蘇我入鹿を簡単にわかりやすく紹介!【舒明天皇と皇極天皇】
今回は、乙巳の変というクーデターで殺害されてしまったあの有名な蘇我蝦夷(えみし)・入鹿(いるか)親子について紹介しようと思います。 殺害されるにはちゃんとそれなりの理由があった・・・というのを語ろうと思います。 蘇我蝦夷・蘇我入鹿の活躍時期は、日本初の女帝で有名な推古天皇亡き後の時代。推古天皇に加えて聖徳太...

 

推古天皇の後、舒明天皇→皇極天皇と天皇が即位しますが、いずれも裏には蘇我氏が付いていました。推古天皇や聖徳太子のような強い信念を持つ者がいなくなり、国政改革は停滞。再び蘇我氏が勢いを増すようになります。

 

こうして起こった事件が聖徳太子の息子(山背大兄皇子)殺害事件。崇峻天皇殺害事件の再来です。

山背大兄王はどんな人?わかりやすく紹介!【蘇我入鹿による殺害事件】
643年、聖徳太子の息子だった山背大兄王(やましろのおおえのおうじ)が蘇我入鹿の手によって討ち滅ぼされてしまいます。今回は、この山背大兄王殺害事件について紹介しようと思います。 山背大兄王ってどんな人? 山背大兄王は、あの有名な聖徳太子の息子です。実は、蘇我氏と天皇の血を引いており推古天皇亡き後の次期天皇の最有力候補でした。ところが、時の...

 

そして、このような蘇我氏の傲慢な振る舞いに人々は激怒。645年に、中臣鎌足と中大兄皇子らが協力して蘇我入鹿・蝦夷を殺害します。これがいわゆる乙巳の変というやつ。

乙巳の変(大化の改新)の目的・理由とは?簡単にわかりやすく!
今回は、645年起こった蘇我氏排斥事件、有名な乙巳の変(大化の改新)について紹介したいと思います。 乙巳(いっし)の変と大化の改新は何が違うの? 645年の蘇我氏排斥事件は乙巳の変とも大化の改新とも呼ばれることがあります。どちらの表現が正しいのでしょうか? 実は正しいのは乙巳の変です。一般的に乙巳の変は蘇我氏排斥事件を意味し...

 

その後、中大兄皇子らは国政改革を再び再開。蘇我氏が消えたのでより一層、天皇を中心とした国造りが推進されることになります。こうして行われた乙巳の変の後の一連の政治改革を大化の改新と言います。

中大兄皇子と中臣鎌足は大化の改新で何をした?【天皇制の一大改革】1/2
さて、前回は乙巳の変について説明をしました。 乙巳の変の後に行われた一連の政治改革のことを大化の改新と言います。 ここで忘れてはならない大事なことは、乙巳の変が蘇我入鹿・蝦夷の没落を目的としたものではなく、新しい日本を作ることを目的としているということです。 新しい日本とはどんな日本か? ...
中大兄皇子と中臣鎌足は大化の改新で何をした?【天皇制の一大改革】1/2
さて、前回は乙巳の変について説明をしました。 乙巳の変の後に行われた一連の政治改革のことを大化の改新と言います。 ここで忘れてはならない大事なことは、乙巳の変が蘇我入鹿・蝦夷の没落を目的としたものではなく、新しい日本を作ることを目的としているということです。 新しい日本とはどんな日本か? ...

 

超ざっくり説明すると

  1. 民の管理
  2. 土地の管理
  3. 税金の管理

この3つの権限を全て国によこせ!ってことです。これらは全て豪族が管理しており、豪族はその一部をヤマト朝廷に差し出すことでギブアンドテイクな関係を築いていました。

 

これだと、豪族のさじ加減で国に逆らうこともできてしまうので、民・土地・税の仲介役として君臨する豪族をなんとかしようというわけです。

 

 

大化の改新による国政改革は、豪族らの利権が絡んだ非常に根の深い問題で全てが解決するのは後の天武天皇の登場を待たなければなりません。それでも、乙巳の変で国の方針が大きく変わったのは事実です。

白村江の戦い

660年、朝鮮半島で衝撃的な事件が起こりました。友好国だった百済が戦争で滅びたのです。日本に百済の使者がやってきて、日本に援軍要請を求めます。敵は当時の超大国唐と新羅の連合部隊。

 

当時の天皇は、斉明天皇という女帝。斉明天皇は考えます。

 

「朝鮮半島での百済を通じた権益を失いたくない。だが、唐は強すぎる。どうしたものか・・・」

 

 

斉明天皇は、唐・新羅に戦争を仕掛けることを決断。こうして日本・百済VS唐・新羅による戦乱が朝鮮半島で勃発。しかし663年に白村江での海戦で大敗を喫した日本軍は敗北します。日本は甚大な被害を受けると共に、唐・新羅の報復攻撃に怯えることになります。

白村江の戦いはなぜ起きた?簡単にわかりすく解説!【日本・百済連合VS新羅・唐連合】
前回までは、大化の改新の話でしたが、時代を少し進めます。 今回は、663年に起こった白村江の戦いの話をしていきます。白村江の読みは、「はくそんこう」または「はくすきのえ」です。 白村江の戦いは、朝鮮半島で起こった戦いであり、日本にとってはその後の国のあり方にも影響した大変重要な戦いでした。まず、白村江の戦いに至るまでの時代...

 

その後、今の博多付近に防人(さきもり)という兵を置き、城壁を建設。都も移したりと必死の国土防衛策を展開します。中心となったのは、乙巳の変で活躍した中大兄皇子でした。

 

中大兄皇子は、白村江の戦いの敗戦処理がひと段落すると668年に天智天皇として即位。

誰でもわかる天智天皇!わかりやすく丁寧に紹介【その生涯と大海人皇子との関係など】
今回は、飛鳥時代に大活躍した天智(てんじ)天皇について紹介します。天智天皇の活躍期間は長くて、活躍した期間は645年~672年の約30年に渡りました。 それにも関わらず、在位期間は668年から672年のわずか3~4年。なぜか天智天皇は天皇にすぐ即位しませんでした。理由はわからなくて、大きな謎として知られています。天智天皇はなんていうか、...

 

対外戦争が落ち着いたのもつかの間、次は大内乱で国が大きく乱れることになります。

壬申の乱

天智天皇が672年に亡くなると、天智天皇の弟の大海人皇子と息子の大友皇子の間で皇位継承を巡る対立が起こります。

 

両者の対立が深刻化し、身の危険を感じた大海人皇子は「出家します・・・」と言って近江宮を脱出。吉野に身を潜めます。

 

その後、「大友皇子が、危険分子である大海人皇子を潰すために兵を用意しているかもしれない」という報告を受け、大海人皇子も挙兵。こうして672年、古代最大の内乱と呼ばれる壬申の乱が起こりました。

壬申の乱を簡単にわかりやすく紹介!【起こった理由や経過など】
今回は、日本の古代史上最大の内乱と言われている壬申の乱について紹介したいと思います。 壬申の乱は、史料も少なく不明な点なども多いのですが、できる限りわかりやすく丁寧に紹介してみたいと思います。 いきなり壬申の乱の話には入らず、壬申の乱の遠因として重要なきっかけとなった663年の白村江の戦いの敗戦処理の様子から紹介し...

 

巧みな戦術とカリスマ性で大海人皇子が圧倒的勝利。その後天武天皇として即位することになります。

飛鳥時代後期(天武天皇の治世)

推古天皇の頃から推し進められていた天皇中心の国造りは天武天皇の時代に遂に一応の完成に達することになります。

 

乙巳の変で蘇我氏が滅び、壬申の乱で従前からの既得権益層が一掃され、天武天皇の前にもはや敵はいなくなりました。無双状態になった天武天皇は、天皇や皇族の権威・権利を高める政策を次々と実施。

天武天皇はどんな人?その政治や天智天皇との関係をわかりやすく
今回は壬申の乱の勝者で有名な天武天皇について紹介します。天武天皇は、「日本という国の原形を作り上げた!」と言っても過言ではないほど、日本に大きな影響を与えた人物です。その影響は日本史の中でもおそらくトップクラスに入ることでしょう。 全てを詳細に話すと超長文になってしまいますので、ダイジェスト方式で天武天皇について紹介してみたいと...

 

694年には、天皇を中心とした新しい首都、藤原京が完成。694年の藤原京への遷都、または710年の平城京遷都を持って飛鳥時代は幕を閉じます。

飛鳥時代から奈良時代へ

飛鳥時代は、天皇の権威・権力が未熟であり、内政的には非常に不安定な時代でした。天皇や皇族、蘇我氏などの有力者が次々と殺され、権力が様々な人の手に渡っている様子から国が乱れていることはなんとなくわかると思います。今の日本が平和なのだと強く実感できますね。

 

しかし、結果的には紆余曲折を経て、天武天皇によって天皇権威・権力は最高にまで高められます。

 

でもここで1つの疑問が生まれます。「外交・国防の観点からも天皇中心の中央集権的な国造りを目指すというのはわかる。でも、実際のところ本当に天皇による中央集権国家になれば国は良くなるの?」と。

 

実は、その答え合わせが奈良時代になります。天皇による中央集権化が進んだら、それはそれで様々な問題が浮上し、奈良時代はそんな数々の問題に直面することになります。

 

さて、飛鳥時代の人々が追い求めた中央集権国家としての日本は、どんな国になっていくのでしょうか?奈良時代のことを学び、ぜひ自分の目で確かめてみてください!ちなみに、私は奈良時代の日本は闇が深いと思ってます(意味深)。

 

以上、飛鳥時代まとめでした!

コメント