オススメの歴史・古典の本

KindleUnlimited読み放題サービス!オススメ日本歴史本12選を紹介!

KindleUnlimitedというアマゾンの月額980円(最初30日間無料)で利用できるKindle読み放題サービス。 私の愛用しているサービスの1つです。歴史本を読むために使っているわけではないのですが、歴史の本を探していると結構読み放題サービスで読めちゃうKindle本が多かったので、個人的にオススメなKindleUnlimite...
コラム

Amazonプライムビデオで見放題!おすすめ時代劇映画8選を紹介!

今回は、Amazonプライム会員特典の1つであるAmazonプライムビデオの見放題サービスで見られるおすすめの時代劇を8作品紹介したいと思います。 年額3,900円で利用できるコスパ最強のAmazonプライム会員サービス。月額換算すると月額約3,00円。たったこれだけの金額で以下サービスを利用できるようになります。 Amazo...
ブログ運営・プライベート

古典や歴史好きは絶対に電子書籍+タブレットで読書した方がいいという話

このブログを運営していると、どうしても本を読んで色々と調べたり考えることが多くなりました。そうすると読書量が増え、気付いたら電子書籍を頻繁に利用していました(汗。 電子書籍って結構昔からありますが、「実は意外と知られていないんじゃないか?」と思い、その良さについて語ってみます。 古典などが無料で読み放題!青空文庫 私が電子書...
室町時代【南北朝の動乱期】

箱根・竹の下の戦いとは?簡単にわかりやすく紹介【新田義貞VS足利尊氏】

今回は、新田義貞と足利尊氏が戦った箱根・竹の下の戦いについて紹介します。 箱根竹の下の戦いは、後醍醐天皇と足利尊氏が決別した後の初めての戦い。1335年12月に起こりました。 足利尊氏と新田義貞、元弘の乱では共に鎌倉幕府を裏切り共闘した関係だったはずなのに、なぜ両者は戦うことになったのでしょう。 ...
室町時代【南北朝の動乱期】

多々良浜の戦い(南北朝時代)とは?簡単にわかりやすく紹介【足利尊氏VS菊池武敏】

今回は、足利尊氏と菊池武敏が戦った多々良浜(たたらはま)の戦いについて紹介します。 多々良浜の戦いまでの経過 本題に入る前に、多々良浜の戦いまでの戦乱の経過を整理しておきます。 中先代の乱で北条時行が反乱を起こす。足利尊氏、乱を鎮圧。 足利尊氏、後醍醐天皇の帰還命令を無視して鎌倉に居座る。 後醍醐天皇、命令を背いた足利尊...
オススメの歴史・古典の本

太平記を読む!簡単でわかりやすいおすすめの漫画を紹介してみる。

今回は、太平記を読むのにオススメしたい漫画を紹介したいと思います。 最近、太平記を読んでいます。私が読んでいる本はこれ! 太平記(一) (岩波文庫) posted with ヨメレバ 兵藤 裕己 岩波書店 2014-04-17 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo ...
室町時代【南北朝の動乱期】

中先代の乱とは?簡単にわかりやすく紹介!【なぜ北条時行は乱を起こしたのか】

今回は1335年7月に起こった中先代(なかせんだい)の乱について紹介します。 1333年5月、北条高時をボスとする鎌倉幕府が元弘の乱により滅亡すると、後醍醐天皇による新しい政治が始まります。いわゆる建武の新政ってやつです。 後醍醐天皇による建武の新政は、その内容があまりに急進的すぎて世の中は大混乱。...
室町時代【南北朝の動乱期】

大塔宮護良親王とは?その性格や生涯、鎌倉での最期をわかりやすく紹介してみる

今回は、鎌倉幕府滅亡の際に大活躍し、悲劇の死を遂げた護良親王(もりよししんのう)について紹介します。 護良親王は後醍醐天皇の息子であり、元弘の乱ではエース級の大活躍をし、鎌倉幕府滅亡の大きな原動力になった男です。護良親王無くして、鎌倉幕府滅亡はまずありえないと言っても過言ではありません。 しかし、そんな活躍...
室町時代【南北朝の動乱期】

建武の新政とは?簡単にわかりやすく紹介!【建武の新政が失敗に終わった理由とは?】

今回は、1333年〜1336年にかけて行われた後醍醐天皇による建武の新政(けんむのしんせい)について紹介します。 1333年、元弘の乱によって後醍醐天皇の長年の悲願だった「鎌倉幕府ぶっ倒す!」が実現。後醍醐天皇は遂に理想の政治を行えるようになりました。しかし!!その政治(建武の新政)がそれはもうグダグダすぎて目も当てられない有り...
オススメの歴史・古典の本

伊勢物語を読もう!在原業平の恋のストーリー【内容・あらすじを紹介!】

今回は、在原業平の恋愛物語集である伊勢物語(いせものがたり)について紹介します。 最近、平安文学に触れてみたいなぁと時間を見つけて古典を読んでいるんですが、これが実に面白い。古典っていうと、難しい言い回しで堅苦しいことを書いてるのかと思いがちですが、そのような先入観は間違っている! 伊勢物語は、その先入観を...
オススメの歴史・古典の本

伊勢物語の主役、在原業平ってどんな人?人物像は?イケメンで女たらしすぎ故に歴史に名を残した男の物語

突然ですがみなさん、女にモテにモテすぎてそのモテっぷりが物語となり、歴史に名を残すことになった人物を知っていますか? 今回の記事の主役!在原業平(ありわらのなりひら)です。時代は平安時代初期(850年ごろ)。 歴史上有名な人たちの中にはモテた人は確かに多くいます。しかしそれは、モテたから有名なのでは...
鎌倉時代【得宗政治と幕府滅亡】

新田義貞の鎌倉攻めをわかりやすく紹介【北条高時、東勝寺にて散る!鎌倉幕府滅亡へ】

【新田義貞が剣を海に捧げて潮を引かせようとする場面】 今回は1333年5月に起こった新田義貞(にったよしさだ)による鎌倉攻めについて紹介します。 この新田義貞の鎌倉攻めにより鎌倉幕府は滅亡し、3年間続いた元弘の乱に遂に終止符が打たれることになります。つまり、新田義貞の鎌倉攻めは鎌倉時代の最期を飾った戦いってことです。 ...
鎌倉時代【得宗政治と幕府滅亡】

千早城の戦いとは?簡単にわかりやすく紹介【楠木正成の知略を堪能すべし!】

今回は、おそらく楠木正成の戦いの中で最も有名であろう千早城(ちはやじょう)の戦いについて紹介します。 千早城の戦いは、「戦の勝敗は、武のみで決まるにあらず」というのよーくわかるのと同時に、楠木正成の強さがいかにチート級であったかがわかる戦いでもあります。 では、早速本題へ!! 千早城の戦い前夜 千早城の...