鎌倉幕府の守護・地頭を簡単にわかりやすく解説する!

今回は、鎌倉幕府に源頼朝によって配置された「守護」「地頭」という役職について知識0でもわかるように紹介していきます。

 

教科書的に言えば、

  1. 地頭:各国の年貢徴収や土地管理の責任者。
  2. 守護:国の治安維持を行う軍事責任者

 

という感じなんでしょうが、これだけだと無味乾燥で面白くありません。というわけで、ここではもう少し掘り下げて守護・地頭について解説してみようと思います。

スポンサーリンク

守護・地頭の話は難しくて当たり前!

守護と地頭の話。複雑で難しいと感じたり、話の流れが掴めない・・・なんて人が多いと思いますが安心してください!実はその感覚は正しいです。

 

 

源頼朝が守護・地頭という組織をどのように形成したのかは、昔から多くの議論が重ねられていますが、今でもわからない点が多いのです。

 

 

わからない点が多いだけではなく、守護・地頭と一言に言っても、各地でその権限やあり方などに地域差があり、完璧に守護・地頭を説明するのは至難の技です。

 

 

なので、この記事でも守護・地頭の概要を中心にお話を進めていくことにします。(細かい話は専門書でも読まない限りわからないと思う)

スポンサーリンク

鎌倉幕府の「守護」とは?

守護は、各国の治安維持のために置かれた軍事機関ですが、そもそもの起源は源平合戦にあります。

 

 

源頼朝は1185年、自分に刃を向けた弟の義経を捕らえるため、各地に惣追捕使(そうついぶし)という軍隊の配置を朝廷に認めさせ、各地に武士たちを派遣させます。

 

源頼朝はこの戦時中の義経逮捕部隊を、自らの武力や朝廷への根回しなどによって平時の治安維持部隊へと変化させてしまいます。それが「守護」という役職です。

 

 

「守護を置きます!」とかそんなはっきりした感じじゃなくて、戦時中の惣追捕使をうやむやな状態で平時にも置き続け、その存在を既成事実化させて出来上がったのが「守護」なんです。

 

 

このうやむや感がなんとも源頼朝らしいです。平安京の朝廷があるのに、鎌倉幕府の方で「守護を置くからよろしく!」なんて言っても朝廷軽視で印象が悪いですからね。うやむやに周囲の人が理解できないうちに既成事実化したのは、無駄な対立や批判を抑えたい源頼朝の策略なんじゃないかと私は思ってます。なんせ源頼朝は政治・外交のプロですし!

 

 

そして、そんななし崩し的に創設された役職であるがゆえに、その詳細に迫るのが難しいという側面もあります。

守護は後の戦国大名になる

鎌倉時代初期の守護は、鎌倉幕府の将軍に任命権がありました。なので定期的な人事異動みたいなものもあったのですが、これが次第に世襲化し、世襲化した武家がその地域に土着し始めます。

 

土着化が進むと守護は、治安維持だけでなく担当区域の年貢の徴税にも関与するようになり、軍事力と徴税権を兼ね揃えた一国の主人みたいなポジションに変貌してゆきます。これが室町時代に登場する守護大名ってやつです。守護のパワーアップバージョンみたいな感じです。

 

 

そして守護大名の中には、戦などにより隣国を合併し数国規模の地域を支配する超強力な守護大名も登場します。それが戦国大名。

 

 

この戦国大名が争い合い、国を1つにまとめ上げようとしたのが戦国時代になります。

 

 

守護という役職は、織田信長などの後の戦国大名に繋がる重要な役職なんです。

スポンサーリンク

鎌倉幕府の「地頭」とは?

地頭も成立の背景は守護と似ています。

 

1183年、源頼朝は朝廷から「東国の徴税(米を朝廷に運ぶ)は頼朝に任せる!」と宣旨をもらいます。いわゆる寿永2年10月宣旨というやつです。詳しくは以下の記事を合わせて読んでみてください!

寿永二年十月宣旨とは?わかりやすく紹介【源頼朝と後白河法皇の外交戦】
前回は、倶利伽羅峠の戦いについて紹介しました。 倶利伽羅峠の戦いに大勝利した木曽義仲は、念願の平安京入りを果たします。木曽義仲は鎌倉にいた源頼朝にとってはライバル。源頼朝にとって木曽義仲の平安京入りはライバルに...

 

こうして1183年に源頼朝は東国限定ですが、地方統治に介入する機会を得ました。

 

さらに1185年、守護の紹介部分でも触れた源義経追討のため、源頼朝は兵糧米の徴収権限を自分によこせ!!と朝廷に圧力を掛けます。

 

 

そして、戦時中というイレギュラーな事態を利用して得た兵糧米の徴収権限を、そのまま平時の税徴収権限へと移し替えたのが地頭です。

 

 

これも守護と同じで、源平合戦や1190年の奥州合戦、さらにはその後の後白河法皇の崩御などの混迷ぶりを利用して、なし崩し的に地頭の存在を既成事実化してゆきます。

 

 

守護も地頭も、ポンと突如として創設されたわけではありません。戦乱を利用し、巧みに朝廷の反対を抑えた源頼朝の政治・外交スキルの賜物に他ならないのです。

スポンサーリンク

地頭と国司(受領)の二重行政

地頭は源頼朝が任命権をもった役職で、鎌倉時代初期は同じ徴税業務を担う国司や各地の荘園領主と並存する形で設置されました。

 

 

地頭と、国司・荘園領主らはその立場上、対立関係にありました。要は税金の取り合いをしてるわけです。

 

 

地頭と国司・荘園領主らの関係は非常に複雑で各地域でその関係は様々でした。

 

 

地頭請(じとううけ)と言って、地頭が国司や荘園領主の納税業務を請け負い、地頭がマージンを得る形で実質的に税を折半したり、

 

 

管理する土地を地頭と荘園領主らで分け合うこと(これを下地中文と言います)もあったそうです。

 

 

これらは一例で、中には地頭がすべてを支配した地域があったり、逆に国司が強くて地頭が何もできない地域なんかもあったんじゃないかと思います。

 

 

また、地頭と荘園領主らの力関係は、鎌倉に近い東ほど地頭が強くて、西に行くほど荘園領主が力を持っていました。

 

 

というか、鎌倉時代初期は平安京以西では、国司らの力が強くて地頭を置くことすらできない地域がほとんどでした。西国で地頭が本格的に置かれるのは、承久の乱の後になります。

面白いほどわかる承久の乱!簡単にわかりやすく徹底解説【後鳥羽上皇VS鎌倉幕府】
今回は1221年に起きた承久の乱のお話承久の乱は簡単に言うと、「後鳥羽上皇が鎌倉幕府に喧嘩を売ったんだけど、売られた喧嘩を買った鎌倉幕府が大勝利した事件」です。この記事では、なぜ後鳥羽上皇は鎌倉幕府に喧嘩を売った...

 

いずれにしても、地頭は従来の朝廷の徴税権限を巧みに奪い取り、朝廷の力を大きく削ぎました。

スポンサーリンク

泣く子と地頭には勝てぬ

地頭は武家政権である鎌倉幕府将軍に任命権があるので、当然ながら武士が任命されることが多かったのですが、武士はトラブルが起こるとすぐに武力で解決しようとするので、地頭は農民から恐れられていたと言います。

 

 

それに、地頭の仕事は税金の徴収ですから、トラブルがないわけがありません。

 

 

そんな喧嘩っ早い地頭を人々が恐れる様子から

 

泣く子と地頭には勝てぬという言葉が生まれるほどでした。

 

 

一応弁護しておくと、鎌倉幕府自体は武力による恐怖政治を望むはずはなく、鎌倉幕府には、農民からの訴えを聞き裁判をする機関もありました。問注所(もんちゅうじょ)って言います。

 

 

しかし、裁判の結果に納得できない地頭が暴れることもたびたびで、やはり地頭は恐ろしい存在だったのです。ちなみに、鎌倉時代中期になると守護・地頭についての決まりごとが、御成敗式目(ごせいばいしきもく)と言う武家法典によって決められます。

 

御成敗式目について知ることで守護・地頭についての理解を深めることができます。

御成敗式目とは?内容や目的をわかりやすく紹介【北条泰時と日本初の武家法典】
今回は、北条泰時が1232年に制定した日本初の武家法典「御成敗式目(ごせいばいしきもく)」について紹介しようと思います。 この記事では、御成敗式目が制定された目的・内容・歴史的意義の3点を中心に紹介します。 御成敗式...
スポンサーリンク

守護・地頭まとめ

以上、守護・地頭について紹介しました。まとめると

 

守護は、源平合戦時の惣追捕使と言う軍事組織をそのまま平時の治安維持部隊に変化させたもの。平時にも軍事組織を置くことに批判もあったけど、源頼朝の巧みな政治術で見事に成功。
地頭は、源平合戦中の兵糧米確保の権限を平時の徴税権限に変化させたもの。これも守護と同じく、多くの批判があったけど、源頼朝の手腕により成功!
守護は時代が進むにつれて権限を強めていき(特に地頭の徴税権限を吸収していった)、戦国時代の織田信長を筆頭にした戦国大名へと繋がっていく。

 

地頭と荘園領主は対立する関係にあったけど、両者の関係は地域で様々。地頭が全てを支配する地域 、守護請とか下地中分で妥協できた地域、荘園領主が強くて地頭が置けない地域などなど

 

 

と言う感じ。守護・地頭は、一言で言えばまさに「源頼朝の政治傑作」に尽きるだろうと思います。守護・地頭の設置や役割には源頼朝の外交・政治のエッセンスが詰まっており、私たちが学ぶべき部分も多いかもしれません。



鎌倉時代
もぐたろうをフォローする
この記事を書いた人
もぐたろう

薄給サラリーマン。まなれきドットコムを運営しています。
趣味はブログ・プログラミング・投資。

もぐたろうをフォローする
まなれきドットコム

コメント