誰でもわかる承久の乱!簡単にわかりやすく解説するよ【後鳥羽上皇VS鎌倉幕府】

今回は1221年に起きた承久の乱のお話

承久の乱は簡単に言うと、「後鳥羽上皇が鎌倉幕府に喧嘩を売ったんだけど、売られた喧嘩を買った鎌倉幕府が大勝利した事件」です。この記事では、

  • なぜ後鳥羽上皇は鎌倉幕府に喧嘩を売ったの?
  • 承久の乱の経過はどんな感じだったの?
  • 承久の乱の歴史的意義って何?戦後はどうなったの?

って話を中心に、承久の乱について解説していきます。

スポンサーリンク

承久の乱が起こった背景とは?

まず最初に、なぜ後鳥羽上皇は鎌倉幕府に喧嘩を売ったかというと、ザックリと言ってしまうと「鎌倉幕府のせいで上皇自身や朝廷にお金が入ってこなくなってムカついた」からです。

上皇・朝廷にお金が入らなくなった大きな理由は2つあったと言われています。

地頭からの納税が滞る事例が増えた。
鎌倉幕府が信頼性抜群すぎて上皇へ荘園(土地)の寄進が減った。

それぞれ解説します。

地頭の税金滞納問題

時代を少し遡って、鎌倉幕府が出来上がった頃。源頼朝は自分に仕える各武将達の生活の安定を図るため、源平合戦の混乱を利用して、地頭という徴税権限を持つ人物を東国を中心に各地に配置します。

朝廷には国司(または「受領」と言う)と呼ばれる徴税権限を持つ役職が既にあったので、幕府から送られてくる地頭など必要ありません。と言うかむしろ邪魔です。

しかし源平合戦当時、源頼朝は武力を背景に圧倒的有利な状況で様々な交渉を進めます。そして、背に腹は代えられぬとしぶしぶ朝廷が認めたのが地頭だったのです。

さらにマニアックな話は↓

地頭に選ばれた武士達は、必要な税金を朝廷に納めて、それ以外の余った収益を自らのものとすることで一族の生活を支えていました。さらに、その地頭の任命権は鎌倉幕府にある。つまり、「地頭は鎌倉幕府のおかげで生計を立てることができる」ってことになります。

その代わり、地頭に選ばれた武士は鎌倉幕府のために働きます。この武士と幕府の持ちつ持たれつの関係を「御恩と奉公」と呼び、御恩と奉公の関係を持つ武士のことを御家人って言います。

ところが、地頭が設置され年数が経つと地頭たちは朝廷への納税を怠るようになります。

これに困ったのが後鳥羽上皇をはじめとした荘園を保有する人たち。地頭の怠慢に困った荘園保有者は、幕府に「地頭が税金納めてくれない。あいつをクビにしてくれよ」とお願いするも、基本的に幕府はこのような願いを聞き入れることはありませんでした。

なぜかと言うと、武将が幕府のために活躍してくれるのは幕府が地頭の任命を始めとした見返りをくれるからであって、

地頭の任命を解除=その武将が鎌倉幕府に従わなくなる

ということになってしまうからです。地頭側もそんな事情を理解していたからこそ、朝廷への納税を怠ったのでしょう。

徴税権限を鎌倉幕府に奪われ、無力になってしまった上皇・朝廷をはじめとする荘園保有者たちは、次第に幕府への不満を募らせていきます。そして、そんな荘園保有者の中でも特に広大な荘園を持っていたのが後鳥羽上皇だったんです。

寄進地形荘園が増えなくなった

税収減の問題に加えて、新たな税収源が増えなくなったという問題も同時に起こります。

これは実は寄進地系荘園の仕組みを知っていると、理由が見えてきます。

寄進地系荘園はザックリ言うと「自分の荘園を守るために有力者に寄進した荘園」のことを言います。

この「有力者」ですが、実は当時の最大の有力者は後鳥羽上皇でした。上皇にはたくさんの土地が寄進され、上皇は最大の荘園保有者でもあったんです。

ところが、鎌倉幕府が成立すると話は変わってきます。鎌倉幕府の統治理念は「御恩と奉公」。鎌倉幕府が土地や一族を守るから、武家達は鎌倉幕府のために働いてくれってわけです。

人々は思います。「権威を振りかざす上皇とか貴族よりも、実際に武力を持つ鎌倉幕府に仕えた方が自分の土地を守り抜けるんじゃないか?」と。

こうして寄進地系荘園は減り始め、地頭の税金未納問題も加わって、上皇や朝廷の財源はますます厳しくなっていったのです。

スポンサーリンク

後鳥羽天皇の不穏な行動

幕府のやり方に不満を持つ後鳥羽上皇ですが、1200年を過ぎた頃からなんとも不穏な動きを始めます。

西面武士の設置(1200年代前半)

既に北面の武士という上皇直属軍があったにも関わらず、後鳥羽上皇はさらに西面の武士と言う部隊を創設します。これは一般に、倒幕のための武力を集めるために創設されたと言われています。

最勝四天王院の建立(1207年)

最勝四天王院は、後鳥羽上皇が幕府を呪詛するために建立されたお寺だと言われています。

最勝四天王院は、承久の乱が始まる直前になぜか建立した本人の後鳥羽上皇の手によって破壊されてしまいます。これは呪詛が幕府側にバレて、倒幕計画が明るみになるのを防ぐためだと言われています。

倒幕イケイケ派の順徳天皇の即位

「温和な土御門天皇では鎌倉幕府を倒すことなどできん!」と考えた後鳥羽上皇は、自分と同じ積極派の順徳天皇(後鳥羽上皇の息子)を即位させます。

そして、天皇以外の近臣も温和派の人々は少しずつ排除され、後鳥羽上皇の周りはイケイケ派の人間が増えるようになります。

スポンサーリンク

源実朝と藤原頼経

そして1219年、後鳥羽上皇を承久の乱へと傾けた大きな出来事が起こります。それが鎌倉幕府三代目将軍、源実朝の殺害事件です。

実朝が殺された後、鎌倉幕府ではさっそく次期将軍をどうするかの議論が進められます。源氏の主要人物が根こそぎ内ゲバ争いで滅び、疲弊した鎌倉幕府は外部から御家人たちが納得しうる人物を将軍として擁立したいと考えるようになります。

そこで浮上した案が、上皇の息子を将軍にするという案。いわゆる皇族将軍ってやつです。

ところが、後鳥羽上皇はこれを拒否。「俺が指定する所領の地頭を廃止してくれるなら考えてやんよ」と将軍問題を先ほど説明した地頭の問題に絡ませ、幕府からの譲歩を引きずり出そうとしますが、交渉は決裂。

強硬な後鳥羽上皇の態度に不快感を示した鎌倉幕府は兵を引き連れて京まで赴き、軍事的圧力をかけ始めます。それでも後鳥羽上皇は「やれるもんならやってみろ!」と言わんばかりに息子を将軍にすることを頑なに拒み、後鳥羽上皇と鎌倉幕府の軋轢が決定的なものになります。

鎌倉幕府は、妥協策として藤原氏の血を引き藤原将軍として藤原頼経(ふじわらのよりつね)を四代目将軍とします。

スポンサーリンク

北条政子の名演説

1219年の次期将軍問題を巡り、急激に悪化した鎌倉幕府と後鳥羽上皇の関係。この後、2年を経て遂に後鳥羽上皇が行動を起こします。前置きがとても長くなりましたが、ついに承久の乱の始まりです。

1221年5月14日、後鳥羽上皇は兵の招集を開始。北面の武士・西面の武士はもちろん、近国の武士たちにも声をかけ、1700騎の兵が集まったと言われています。

一方で、幕府と友好的な関係にあった人物は幽閉され、承久の乱への参戦を拒む京内の武将たちは誅殺されてしまいます。

後鳥羽上皇の最終兵器「宣旨(せんじ)」

さらに翌日の5月15日、後鳥羽上皇は各地に、「幕府のトップである北条義時をぶっ倒そうぜ!!」っていう宣旨(せんじ)を送ります。宣旨とは天皇からの命令のこと。

当時の日本では大きな戦で宣旨に逆らった朝敵が勝った事例は一度もありませんでしたなので、「宣旨が各地の武将たちに届いた時点でみんな朝廷側の味方になってくれて余裕の勝利に終わるだろう」と後鳥羽上皇は考えていました。

そして後鳥羽上皇の目論見どおりに、宣旨を受け取った東国武士たちにも動揺が広がります。

当時の武士たちの行動理念は、「いかにして一族を守れるか」に尽きます。一族を守るには勝つ側に付かなければいけない。つまり、「勝てる方に味方したいが、どっちが勝ちそうか」というのを御家人たちは考えていたのです。

北条政子の名演説

京での承久の乱勃発の話は、圧倒的早さで鎌倉幕府に伝わります。

事態は深刻です。鎌倉幕府が最も恐るべき事態は宣旨によって多くの武士が朝廷側に味方し、鎌倉に攻め入られる事態。

武士たちの判断基準は「勝てそうな方に味方する」というものであり、ここで幕府が宣旨に押されて弱みを見せれば、多くの武士たちが朝廷側に味方してしまいます。しかも、京では既に兵が集められています。

一刻の猶予すら許されない緊迫した空気の中、遂に頼朝時代から幕府を裏で支えてきた北条政子は御家人たちを一同に集め、皆の前で口を開きます。

「皆、心を一つにして聞きなさい。これが私の最後の言葉です。

亡き頼朝公が朝敵を滅ぼし、関東に政権を築いてから、
お前たちの官位は上がり禄高もずいぶん増えました。

お前たちはかつて平家のもとでどう扱われていましたか?
犬のように召し使われていたではないですか!
しかし今は京都へ行って無理に働かされることもなく、
よい暮らしができるようになりました。

すべてこれ、亡き頼朝公の御恩。その御恩は、
海よりも深く山よりも高いのです。

今、逆臣の讒言によって、理に反した綸旨が下されました。

今こそ頼朝公へのご恩を返す時。

名を惜しむ者は、逆臣を討ち取り、三代にわたる将軍家の恩に報いよ。
ただし朝廷側につこうという者があれば、それは構いません。
早く行きなさい」

(出典:左大臣ドットコム

これが、有名な北条政子の演説の言葉のわかりやすい現代語訳版になります。

この言葉に多くの御家人は胸を打たれ、多くの者が承久の乱では朝廷ではなく幕府に参戦することを決意します。

武士の歴史を考えてみると、朝廷が権威・権力を持っていた平安時代というのは武士にとって暗黒時代とも言えるかもしれません。

血筋や家柄を重んじる貴族たちにとって家柄も悪く、身分も低い武士は報酬に釣られて動く朝廷の番犬にすぎません。いくら頑張っても出世できず、重い税に苦しみ、貴族たちの理不尽に耐える毎日。そんな武士たちに新しい世界を見せてくれたのが鎌倉幕府を開いた源頼朝です。

そんな暗黒時代を思い起こさせ、武士たちを奮い起こした北条政子の演説はやはり名演説です。

※ここで紹介した承久の乱の際の演説は、「愚管抄」という史料に基づくもの。実は別の史料ではまた別の演説が書かれていたり。

スポンサーリンク

承久の乱の経過

北条政子の名演説により、ひとまず窮地を脱した鎌倉幕府。その後すぐに、今後の方針について検討が始まります。

議論の末でた結論は、「北条政子の演説の勢いに乗って、このまま積極的に京へ攻め行って承久の乱に勝とうぜ!!」という結論。

北条政子の演説でひとまずは収まった動揺も、時間が経ってみんなが冷静になるとまた心が揺れ動くかもしれない。それだったら、このまま突き進んだ方が得策だろうというわけです。

これって簡単に書いてますけど、実はとても凄いことです。「宣旨を無視して逆に京を攻めたったww」とか当時としては前代未聞であり、はっきり言って狂気の沙汰だっただろうと思います。そんな中、御家人たちを説得させた北条政子は本当に凄い。

こうして5月22日、遂に幕府は出兵。三方向に分かれ、京を目指します。行軍中に味方も増え、兵力はおそらく盛ってると思いますが19万騎にも達したと言われています。

一方の朝廷側は兵を京に温存したままでした。宣旨を受け取った各地の武士たちが立ち上がり、幕府をフルボッコにしてくれるのを待っていたんです。

ところが、後鳥羽上皇に飛び込んできたのは「幕府軍、大軍で京に迫る!!」という報告。完全に舐めきっていた朝廷側の対応は後手後手に回ります。

上の図からわかるように朝廷側が先に仕掛けたにも関わらず、戦が起きているのは畿内が中心ですよね。この戦局図は、後鳥羽上皇が宣旨に頼るあまり、幕府側に兵を集める時間を与え、朝廷側が圧倒的不利な状況に立たされてしまったことを如実に物語っています。

この両者の対応の違いが承久の乱の勝敗を決します。

破竹の勢いで攻め入る幕府軍に朝廷軍は手も足も出ず、次々と敗戦。朝廷側は最終防衛ラインである宇治川をも突破され、承久の乱は瞬く間に終戦に向かいます。

ちなみに、宇治川の戦いは激戦だったと言われています。宇治川に次々と流され矢で射抜かれていく味方を見て総大将だった北条泰時は死を覚悟したとも言われています。

世間一般には「承久の乱は幕府の圧勝」ってイメージですが、楽して勝ったというわけでは決してありません

スポンサーリンク

後鳥羽上皇のクソっぷり

幕府軍が京内に攻め入ると、後鳥羽上皇は突如として保身に走りました。

後鳥羽上皇に味方した武士たちが最後の一戦を交えんと上皇の元に集まろうとした時、後鳥羽上皇は門を固く閉ざし、武将たちを中に入れることを拒みます。武将たちを受け入れてしまうと、後鳥羽上皇が首謀者だと思われてしまうからです。

後鳥羽上皇
後鳥羽上皇

承久の乱は、部下たちが勝手に起こしたことで俺は何も知らないからww

と責任を部下になすりつけて、なんとか逃げ切ろうと後鳥羽上皇は考えたわけです。酷すぎワロタ。

話はこれだけで終わらず、遂にはこんなことを言い始めます。

後鳥羽上皇
後鳥羽上皇

ワリィ。倒幕の宣旨はやっぱ無しな。代わりに勝手に承久の乱を起こした部下たちを逮捕するために宣旨だすわ。俺は悪くないから許してな(超訳)

が、こんなトンデモ理論が受け入れられるはずもなく、後鳥羽上皇は隠岐へ島流し。

そして後鳥羽上皇並みに倒幕に意欲を燃やしていた順徳上皇は佐渡へ島流し。さらに、承久の乱に加担しなかった土御門上皇も「自分だけ処分がないのは申し訳ないから・・・」という理由で土佐へ島流し。土御門上皇だけ聖人すぎて泣ける。

さらに、幼児で後鳥羽上皇の傀儡天皇だった仲恭天皇は廃位され、後堀河天皇が即位します。

そして、後鳥羽上皇の裏切りにより孤立した朝廷側の武将たちは憤怒と失意の中、最期の最期まで奮闘しますが、多くの武士が討ち取られ、そして捕らえられてしまいました。

こうして承久の乱は、「宣旨を無視しても敵に勝てる!!」という大きな大きな先例を日本に残すことになったのです。

スポンサーリンク

承久の乱の事後処理

承久の乱の後、鎌倉幕府は大きく4つの政策を打ち出します。どれも朝廷の権威・権力を抑制するもので、実質的に朝廷の権威・権力は失墜してしまいます。

西国への地頭の本格設置へ
京に六波羅探題という組織を編成し、京を常時監視できる体制へ
後鳥羽上皇のような人物が生まれぬよう、皇位継承問題に本格介入
後鳥羽上皇の膨大な荘園を全て没収し、実質的な幕府の支配下に置いた

まとめると「財源奪われて常に監視されて、権威の象徴である皇位継承にも幕府の影響が及ぶようになった」というわけです。こうして朝廷の力は奈落の底に落ちてしまい、この状況は微妙な変化はあれど、結果的に江戸時代が終わるまで続くことになるので、承久の乱の後世への影響って何気に大きいです。

スポンサーリンク

承久の乱の歴史的意義

承久の乱を簡単にまとめるとこんな感じになるかと思います。

幕府に財源抑えられてムカついた後鳥羽上皇が挙兵。これまで圧倒的な影響力を持っていた宣旨の力で鎌倉幕府を圧倒しようとするも、北条政子筆頭の優秀な鎌倉幕府陣営の前に役に立たず。幕府の大軍に対抗するすべを失った後鳥羽上皇側はあっけなく敗北。朝廷終了のお知らせ。

承久の乱の歴史的意義は、ズバリ幕府が日本全国を本格支配するきっかけとなり、承久の乱によって日本は名実ともに武士の世になった・・・という点にあります。

細かい点を無視すれば、承久の乱以降の朝廷と幕府の関係って基本江戸幕府が滅亡するまで変わりません。圧倒的に権力を持つのは幕府。朝廷の権威は幕府に利用され、朝廷も次第に幕府に権威を利用されることが存在意義みたいな感じになっていきます。

そして幕府内で揉め事が起きると朝廷の権威が政争の具として利用されることも多く、南北朝時代や明治維新なんかはその良い例になっています。

とこんな感じで、江戸時代まで続く本格的な武士の世の幕開けが承久の乱だったのです。

今回の記事は、以下の著書を中心に紹介してみたのですが、実はここに書いている以上に複雑な人間関係や裏事情が承久の乱にはあります。さらに承久の乱について詳しく知りたい方は以下の本も参考にしてみてください。承久の乱前後の時代の流れもとてもわかりやすく解説されているのでかなりオススメ。



鎌倉時代
もぐたろうをフォローする
この記事を書いた人
もぐたろう

薄給サラリーマン。まなれきドットコムを運営しています。
趣味はブログ・プログラミング・投資。

もぐたろうをフォローする
まなれきドットコム

コメント