東大寺の歴史を簡単にわかりやすく解説!【観光前に抑えておきたい豆知識】

今回は>東大寺の歴史についてわかりやすく、かつ、丁寧に紹介してみたいと思います。

 

東大寺と言えば奈良の大仏を見て「すげー!」って言うのが定番ですが、東大寺の歴史を知ると色々と考えさせられるし、観光も有意義なものになるのかなと思います。

 

東大寺を建立したのは聖武天皇ですので、以下の聖武天皇の記事も御一読いただけると良いかもしれません。

聖武天皇を簡単にわかりやすく紹介するよ!【奈良の大仏と政治の話】
今回は、奈良の大仏を建立したことで有名な聖武天皇(しょうむてんのう)について紹介します。 奈良の大仏=聖武天皇、みたいなイメージがありますが、聖武天皇は大仏を建立しただけの人物ではありません。 「奈良の大仏を建てた聖武天皇」だけではなくて「天皇・政治家としての聖武天皇」みたいな側面も交えて聖武天皇という人物に迫って
スポンサーリンク
スポンサーリンク

東大寺建立前の歴史

東大寺が建立されたのは752年。奈良時代です。

 

今現在東大寺が建立されている場所の東側には、金鐘寺(こんしゅじ)と言うお寺があり、このお寺が東大寺の前身となるお寺だと言われています。

 

なぜ金鐘寺が建てられたかは、はっきりとはわかっていません。しかし、728年に聖武天皇と藤原光明子の間に生まれた基王と言う息子が亡くなった際に、その菩提を弔うために建立されたのでは?と言われています。

 

ちなみに基王の死は、長屋王の変という陰湿で血生臭い当時の一大事件のきっかけにもなった地味に重要な人物。

長屋王と長屋王の変とは?わかりやすく紹介!【藤原氏の陰謀】
今回は、藤原氏の策略によって滅ぼされたことで有名な長屋王(ながやおう)という皇族出身の人物について紹介します。 長屋王ってどんな人? 長屋王は680年ごろに生まれ、729年に政変により自害しましたが、まずは、長屋王の青年期に当たる、700年頃のお話からしたいと思います。 時代は、持統天皇の時代。持統天皇は、数

 

金鐘寺には、後に東大寺建立で大活躍し、初代別当にもなる良弁(ろうべん)という僧侶が住んでいました。良弁は、執金剛神という仏像を崇めながら金鐘寺で勉学や修行に励みました。そして、その執金剛神の仏像が、現在東大寺の東にある法華堂に安置されている執金剛神像だと言われています。なお、執金剛神像は秘仏なので普段は見ることはできません。

【東大寺法華堂の執金剛神像】

東大寺と国分寺

741年、聖武天皇は日本各地にお寺を建立する命令を全国に出しました。これが国分寺・国分尼寺と言われるお寺です。

 

聖武天皇は度重なる不吉な事件により、酷く心を痛め、自らの無力を嘆きながら仏教に救いを求めるようになります。ザッとこんな不吉な事件がありました。

 

・長屋王の変(信頼する部下を自殺に追い込んだ)

長屋王と長屋王の変とは?わかりやすく紹介!【藤原氏の陰謀】
今回は、藤原氏の策略によって滅ぼされたことで有名な長屋王(ながやおう)という皇族出身の人物について紹介します。 長屋王ってどんな人? 長屋王は680年ごろに生まれ、729年に政変により自害しましたが、まずは、長屋王の青年期に当たる、700年頃のお話からしたいと思います。 時代は、持統天皇の時代。持統天皇は、数

・天然痘流行による人々の大量死

・藤原広嗣の九州での反乱

日本で最初の怨霊!?藤原広嗣の乱をわかりやすく解説!-聖武天皇はなぜ東大寺の仏像を造ったのか-3/4
今回の主役は、藤原広嗣(ひろつぐ)という人物。上の人物です。めちゃ強そう・・・。 藤原広嗣は、朝廷の人材登用に不満を抱き、乱を起こします。藤原広嗣は、乱そのものよりも日本で最初の怨霊として有名です。 藤原氏の儚い栄華 -天然痘の流行- 藤原不比等の息子らは、729年、長屋王の変により長屋王を討った後、父の不比等の頃のような藤

・大地震

 

こんな感じ。聖武天皇はこれらを全て自分の責任だと考え心を悩ませていたのです。真面目な性格なんですねきっと。

 

聖武天皇がなぜ仏教に頼るようになったかと言うと、金光明経(こんこうみょうきょう)と言うお経に書かれている仏教の教えの中にこんなことが書かれていることが理由の1つにあります。

 

「このお経の内容を理解し、さらにお経を供養しその教えの普及に努める国王がいるなら、四天王が常に国王を守り、災害を防ぎ病を治し、願うところは叶え、心を常に歓喜させようぞ」

 

聖武天皇はこれを信じました。国分寺の正式名称は「金光明四天王護国之寺」と呼ばれ、その目的は金光明経の教えのとおり、各地に金光明経を安置し教えを流布するためでした。国分寺は金光明経を安置するためのハコなわけです。

 

一方、聖武天皇はプライベートで華厳経(けごんきょう)というお経の教えにも興味津々。国分尼寺には、華厳経を安置します。

 

各地に建立された金光明経の国分寺・法華経の国分尼寺。これらを束ねる総本山こそが東大寺でした。

 

743年、聖武天皇は大仏建立の詔を出します。この時、聖武天皇が建てた大仏は毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)と言いますが、この毘盧遮那仏は法華経に説かれている万物の心理を司る仏様でした。

 

聖武天皇は「金光明経の教えに従い四天王に国を守ってもらい、法華経の教えによって人々は万物の心理を悟り、みな救われる日本を作ろう」と考えたのです。

 

「いやいや、そんなの無理でしょw」と思うかもしれません。しかし、自らの無力さを痛感し、嘆き苦しんでいた聖武天皇にとって心の拠り所はもはや仏教しかなかったのです。

東大寺と行基

743年に聖武天皇は大仏建立を宣言。しかし、メンタル崩壊した聖武天皇の度重なる遷都騒ぎや各地の国分寺建立などで民は疲弊し、とても奈良の大仏など建てられる状況ではありません。

 

そこで、聖武天皇が頼ったのが行基(ぎょうき)という僧侶。当時の僧侶は、国に管理されている今でいう公務員みたいな感じでしたが、行基は国に認められていないのに僧侶として活動する異端児。

 

国から弾圧を受けるものの、民衆からの圧倒的な人気により国にも認められ、遂には大仏建立の責任者にまで任命されたのです。

学校では教えてくれない行基の話-東大寺大仏造立へ-【聖武天皇】4/4
前回は、日本初の怨霊となった藤原広嗣の話をしました。 聖武天皇は、長屋王の変、天然痘の流行、そして藤原広嗣の乱と続く世の乱れに辟易してしまい、まるで逃げるかのように仏教の世界にのめり込んでいきます。 そして遂に743年、聖武天皇は大仏造立を決意します。 今回の主役は、行基(ぎょうき)という僧侶さん。行

東大寺と良弁

【良弁】

最初に登場した金鐘寺住みの良弁も東大寺建立に大活躍しました。

 

行基が東大寺建立のハード整備の最高責任者なら、良弁はソフト面での最高責任者でした。

 

奈良の大仏は、華厳経に説かれている毘盧遮那仏を具現化したものですが、良弁はその華厳経に精通していました。

 

毘盧遮那仏を造立しても、華厳経の中身を理解しなければ意味がありません。ところが、この華厳経、めちゃくちゃ難解なことで有名な経典でした。独学で内容を理解するのはとても難しく、そこで頼りにされたのが良弁でした。

 

奈良の大仏のデザインには、華厳経に詳しい良弁の意見も反映されているんじゃないか?と私は勝手に思ってます。

東大寺の完成

行基・良弁の2大僧侶を中心に進められた東大寺建立。

 

大仏を最優先に建立され、752年に大仏が完成します。

 

その後、大仏殿などの建築物の建立が進められ758年に竣工することになります。

 

この東大寺建立は、国費を大量に消費し民を労役で苦しめたため、東大寺建立を批判する人物もいたほどです。その代表格が橘奈良麻呂という男。政争に敗れ亡くなりますが、橘奈良麻呂が言っていることも一理あります。

藤原仲麻呂って何をした人?【孝謙天皇と橘奈良麻呂の乱】
さて、前回(学校では教えてくれない日本の聖人、行基の話-聖武天皇、東大寺の大仏造立へ-)は聖武天皇の大仏造立のお話をしました。 大仏造立後の日本は、聖武天皇の願いも空しく、陰謀渦巻く陰湿な政治闘争の時代へと突入していきます。そして、時代は少しずつ、平安京の時代へとシフトし始めるのです。 実はこのあたりの話、結構マニアックで

 

奈良の大仏には、金箔が貼られていましたが接着剤として水銀が用いられていました。この水銀によって平城京で水銀による公害が発生したんじゃないか?と言われているんです。当時は労災なんてありませんから、労役に駆り出され金箔貼り付け担当にでもなった日には命がけで仕事をしないといけません。それも安月給で。

 

東大寺があった場所は、当初は山で、そこを削って平地にしたのが今の東大寺と言われています。山っていうのはおそらく丘に近いんじゃないかと思います。こうして山を削り、仏像のための木を切り倒して、運び、東北地方の鉱山掘って砂金を平城京まで運ぶわけですが、全部民たちの労役です。

 

ほんと、カイジの地下強制労働並に鬼畜だったんじゃないかと思ってます。ちなみに労役から逃げ出そうとした者は処罰されたそうです。(どんな処罰かはわかりませんが・・・)

 

 

そのスケールの大きさや金色に輝く様子から、奈良の大仏には華やかなイメージがあるかもしれませんが、建立過程を知ってしまうと素直にそう思うことは私にはできません。

 

平安時代になると、重税に苦しみ土地を捨てて逃げ出す人が増えていくのですが、東大寺建立がその遠因にあるんじゃないかとも思ってしまうほどです。

東大寺の歴史(平安時代)

色々闇が垣間見えましたけど、ひとまず奈良時代に東大寺は完成しました。

 

平安時代になると東大寺は試練の時を迎えます。

 

まず、都が平安京に移ってしまいました。それだけではなく、奈良の仏教は弾圧されることになります。

 

 

平安京に都を移した桓武天皇は、道鏡のような輩を輩出した奈良の仏教に辟易し、奈良のお寺とは一定の距離を置くことにしたのです。東大寺建立をきっかけに僧侶になれる基準を低くし、僧を増やしたため、僧の質自体も低下していたと言われています。

 

 

平安京の歴代天皇の多くは、奈良のお寺に関心を示さなくなり、空海や最澄によって普及が始まった密教という新しい仏教の教えにハマります。するとますます奈良のお寺は軽視され、平安時代の東大寺はかなりボロボロだったようです。

 

この頃から、東大寺を含む奈良のお寺は自らの力でお寺を運営していくため、田畑の開発に力を入れ、所有する土地を着実に増やしていきます。大和地方の寺社勢力の力が戦国時代でも強かったのは、この辺りの事情も関係がありそう。

東大寺と源平合戦

平氏と源氏が争った平安末期の源平合戦。この戦いは東大寺において非常に重要な出来事となります。

 

1180年、源平合戦による戦火によって東大寺が全焼してしまうのです。それまでも台風や火事などで被害を受けることはありましたが、大仏殿が丸々全て全焼してしまうのは源平合戦が初めてでした。詳しい戦さの経過や背景については、以下の記事で紹介しています。

平重衡の南都焼き討ちを簡単にわかりやすく紹介!
今回は、源平合戦に起こった戦いの一つである南都焼き討ちについて紹介しようと思います。 南都焼き討ちは、平家に歯向かう奈良の寺院勢力(主に東大寺・興福寺)と平家軍による戦であり、戦火が拡大し興福寺・東大寺の建築物や仏像を焼きつくしてしまった事件です。 日本の文化財保護という観点から見れば、これほど愚かな戦いはありません。南都

 

あの世の聖武天皇もきっと泣いてますね・・・。

 

それこそ、今まさに奈良の大仏があるあの辺り一帯が焼けてしまったのです。幸い、大仏殿の東に離れた場所にある法華堂は戦火を免れました。

東大寺再建と重源

東大寺は、聖武天皇の護国(国を守る)の願いが込められたお寺です。人々は、そんな東大寺が紅蓮の炎に包まれたことに絶望し、恐怖しました。「東大寺が亡くなったら国の平和は乱れるに違いない・・・」と。まぁ、源平合戦は長期化するので実際に当たってるんですけどね。

 

また、東大寺や興福寺が焼けてすぐに平清盛や高倉天皇が亡くなっており、それらも「東大寺や興福寺を灰燼に帰した罰に違いない!」と多くの人が恐怖しました。

 

そのため、戦乱中にも関わらず、東大寺が焼けるとすぐに再興の動きが始まります。東大寺の再興は民衆の意思のみならず、後白河法皇や源頼朝など権力者も率先して参加しており、まさに一致団結で東大寺再建プロジェクトが開始されます。

 

天皇が国を守るために建立したお寺・・・という事情もあり、東大寺は宗教面のみならず政治的にも人々にとって精神的支柱のような存在だったのです。

 

そこで活躍したのが重源(ちょうげん)という僧侶。

 

戦乱中の東大寺復興には問題が山積していました。まず、金がない。人々は疲弊しているし、そんな状態で超ド級の公共事業なんてできるの?って問題もある。

 

それでも重源はなんとか東大寺の再建を進めます。これ、文章にすると簡単そうですけどとても大変なことです。

 

そこで、重源が採用したのが簡単で丈夫な建物が作れる「大仏様」と呼ばれる宋から学んだ最新の建築技術。

大仏様は芸術美というよりも、「簡素で丈夫」という実務面でのメリットに重きを置いた建築様式で、今の東大寺南大門にその様式を見ることができます。実際に見てみると、その大仏様のシンプルさがわかります。(他の寺院と比べるとなおさら!)

日本人は、やっぱ繊細で緻密な作りが好きなようでシンプルイズベストな大仏様はその後衰退してしまいます。なので当時の建築様式が見られる東大寺南大門はとても貴重なんです。

運慶と快慶と東大寺南大門

【東大寺南大門】

この東大寺復興の際に、東大寺南大門も再建されるわけですが、東大寺南大門の両脇に立つ金剛力士像も再建されます。

 

この時に大活躍したのが運慶・快慶です。運慶・快慶が凄かったのは、当時の仏像様式に新しいブームの風を吹き込んだことと、仏像製作の圧倒的な速さです。

 

平安時代は、貴族の力が強かったので仏師たちは貴族受けする仏像を作りました。貴族たちに受ける仏像は柔和な顔をした仏像で、平等院鳳凰堂の阿弥陀如来なんかがわかりやすい例です。

【平等院鳳凰堂の阿弥陀如来坐像】

 

一方、運慶らが作るのは力強い仏像でそれまではあまり人気がなかったのですが、鎌倉時代となり武士が登場する時代になると運慶らの仏像が大受け。一気に人気者となり仏像様式を大きく変えた先駆者として歴史に名を残したのです。

【東大寺南大門の金剛力士像(吽形)】

東大寺の歴史(戦国時代)

戦国時代になると、再び東大寺は戦乱により大仏殿を失います。しかし、南大門は戦火を免れました。

 

だから、重源による大仏様式は南大門でしか見ることができないわけです。この時の復興は、源平合戦のようにすぐには行われなかったようで、江戸時代になってようやく東大寺は蘇ることになります。

東大寺と明治時代の廃仏毀釈

明治時代になると、廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)運動による弾圧を受けることになります。

 

廃仏毀釈はそもそも、「神様と仏様は別物だから、一緒に信仰しないでちゃんと分けてくれよな」というもの。仏教が弾圧される理由はないのですが、明治時代が王政復古により天皇の権威を再び高めようとしていたこともあってか仏教は軽視され、それが弾圧に繋がってしまったようです。

 

この時の東大寺は、物理的な被害はありませんでしたが、とにかく財政的に追い詰められました。所領を奪われた東大寺は、財政難に陥り、お寺の修繕もままならなくなり再びお寺はボロボロに。

 

明治が終わり、昭和になると再び東大寺の修理が始まり、現代にまで至ります。

東大寺の歴史まとめ

以上、東大寺の歴史を紹介してみました。

 

なんど挫けてもちゃんと蘇るその様子はまさに不死鳥。日本人の深い仏教信仰を証明しているように思います。

 

それに破壊とは創造の始まりでもあります。源平合戦による東大寺の焼失では、大仏殿は焼けたものの、その後の復興作業によって運慶・快慶による仏像が登場しました。

 

また、東大寺の建立当時の時代背景も色々考えさせられます。凄く悪い言い方をすれば「貧しい民を強制労働で働かせて建てたお寺と大仏」ですからね。私自身、東大寺は素晴らしいお寺だと思いますし、その後の復興運動からも多くの人にとって愛されたお寺であることも確かですけど。

 

ぜひ、東大寺の歴史を知っていただいて、観光を有意義なものにしてもらえればなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オススメ関連記事

奈良観光を100倍楽しむ豆知識
mogutaroをフォローする
大人になってから学びたい日本の歴史

コメント