墾田永年私財法を簡単にわかりやすく徹底解説!【目的・理由と初期荘園ができるまでの流れをバッチリ抑える】

-shared-img-thumb-PPP_tesagyoudenaewoueru_TP_V

今回は、743年に制定された墾田永年私財法こんでんえいねんしざいほうについてわかりやすく丁寧に解説していきます。

墾田永年私財法

政府は、人口増加による口分田くぶんでん不足と税収不足をおぎなうため、743年に墾田永年私財法を発し、開墾した田地の私有を永年にわたって保障した。

この法は、政府の掌握する田地を増加させることにより土地支配の強化をはかる積極的な政策であったが、その一方で貴族・寺院や地方豪族たちの私有地拡大を進めることになった。

【口分田】

班田収授によって国から民へ与えられた田地のこと。

この記事を読んでわかること
  • 墾田永年私財法が制定された目的・経過
  • 墾田永年私財法の内容
  • 初期荘園について
スポンサーリンク

墾田永年私財法が制定された理由・経過

墾田永年私財法が制定された理由は上で述べたように、人口増加で口分田が不足したからです。

当時の日本には班田収授法という法がありました。班田収授とは、政府が人々に田地(口分田)を与えることで、人々の生活を保障する代わりに租と呼ばれる税金を徴収する制度です。

班田収授法はその仕組み上、人口が増えれば必要な田地も増えます。(そして税収も増える)ところが、奈良時代に入ると人口の増加に田地の増加が追いつかなくなります。

そこで、制定されたのが墾田永年私財法です。墾田永年私財法が制定されるまでの政府の動きを時系列でまとめておきます↓

墾田永年私財法が制定されるまで
  • 722年
    百万町歩ひゃくまんちょうふ開墾かいこん計画

    東北地方を中心とした開墾計画。しかし、この計画は失敗します。

    班田収授で自動的に田地が与えられるため、人々が積極的に荒地を開墾するメリットがないからです。

  • 723年
    三世一身法さんぜいっしんのほう

    政府は開墾するメリットを人々に与えるため、「三世代に限って開墾した土地を自分のものにしていいよ!」という法を作る。

    ただ、これでも「三世代過ぎたら、自分の土地じゃなくなるんだろ?」と人々は積極的に開墾しようとしません。

  • 743年
    墾田永年私財法←この記事はココ

    ようやく政府は「開墾してくれたら、その土地全部あげるよ!」と制度を改正。

墾田永年私財法が制定されるまでには、いろいろと試行錯誤があったことがわかりますね。

スポンサーリンク

墾田永年私財法の仕組み

墾田永年私財法の制定によって、人々は積極的に開墾を行うようになりました。これで、「人口が増えた分の田地が足りない!」って問題は解決です。

しかし、これだけでは税収が増えません。

班田収授法では、「国が民に与えた口分田」の収穫から税金(租)を3%ゲットするという仕組みでした。ところが、墾田永年私財法で自分で耕して手に入れた田地は、国から与えられた土地じゃないのでそのままだと租の対象になりません。

そこで政府は、墾田永年私財法によって開墾された私有地にも租を課すことにして、開墾された田地のことを輸租田ゆそでんと呼ぶことにしました。

スポンサーリンク

浮浪と逃亡 〜貧富の差の拡大〜

墾田永年私財法で、特に大量の私有地をゲットできたのは、貴族や寺院、地方豪族などの有力者だと言われています。

なぜかというと、墾田永年私財法によって「高い身分の人はたくさん開墾してOK。身分の低い人はたくさん開墾したらダメ」というルールがあったからです。

一方、墾田永年私財法の恩恵を受けることのできない身分の低い人々の生活は、課された重税に耐えきれなくなり、口分田を捨てて他の地域へ浮浪ふろうする人や、都の建設工事などの使役から逃亡とうぼうする人々が後を絶たなくなります。

墾田永年私財法が制定された743年前後というのは、聖武天皇が遷都を繰り返したり、大仏を建てようとしたりして、多くの人々が重い労働を課せられていました・・・。

浮浪・逃亡した人は一体どこに逃げたのか。実はその逃げ先の多くは有力者のところでした。仕組みはこうです。

うぅ・・・、国の税が重すぎる。国は「口分田を与えるから米作って生活しろ。その代わり税金払えな。」って言うけど、もはや口分田を捨てて逃げ去る(浮浪)する方が楽なのでは?

金持ち貴族
金持ち貴族

土地たくさん開墾したけど、人手不足で耕せないんだよなー。

誰か働いてくれる人いないかなー

でも、浮浪したとして生活はどうしよう・・・?

あっ!ちょうど金持ち貴族さんのところで人を探しているみたいだし、あそこに逃げ込もう!

どうぞー。その代わり、私に仕えるんだぞ。わかったな?

よし!人が増えたらもっと開墾できるし、そしたらもっと人がいるなー。

こんな風に、貧しい人たちは「国から税金取られるより、金持ち貴族たちに仕えた方がマシ」と考えて、金持ち貴族のところへ逃げ込むようになったのです。

人々が口分田を捨てて浮浪・逃亡することは、政府にとっては非常に深刻な問題です。なぜなら、「口分田が放棄される=税収が減る」を意味していたからです。

当然、政府は浮浪・逃亡を取り締まり、逃げた者を強制送還したりもしましたが、それでも浮浪・逃亡をする人は減ることはありませんでした・・・。(それほど、当時の税が重かったのでしょう)

むしろ、税金を軽くするために戸籍を偽装(偽籍ぎせき)する者も現れて、脱税行為はますます悪質化していくことになります。

すると、口分田の支給が次第に難しくなっていき、班田収授という制度そのものが崩壊していくことになります。

脱税いろいろ

当時の人々は、この他にもいろんな方法を使って脱税をしました。

・裕福な農民が、新天地を求めて意図的に口分田を放棄したり

・僧侶になると税金が免除される制度を利用して、非公式に僧侶(私度僧)と名乗ったり、

などなど。

スポンサーリンク

墾田永年私財法から初期荘園へ

そして、金持ち貴族が浮浪者を雇うようになるとますます開墾が進み、金持ち貴族は広大な自分の土地を手に入れることになります。

こうして登場した金持ちの広大な私有地のことを歴史の専門用語で初期荘園しょきしょうえんって言います。

荘園は私有地のこと。「日本に最初に現れた私有地」という意味で初期荘園です。

この初期荘園は租を払わないといけない輸租田です。だから、「初期荘園が増える=国の税収が増える」と良いこともありましたが、それ以上に「口分田の放棄=国の税収が減る」影響の方が大きくて、国は財政難に陥ります。

国が財政難になって、お役人たちのお給料にも影響が生じると、お役人たちは自らの手で田地の経営を始めるようになります。国が養ってくれないのなら、自力でなんとかするしかありませんからね!

こうして、政府が直接経営する公営田くえいでん官田かんでん諸司田しょしでんなどと呼ばれる、新しいタイプの田地が登場することになります。



奈良時代
もぐたろうをフォローする
この記事を書いた人
もぐたろう

薄給サラリーマン。まなれきドットコムを運営しています。
趣味はブログ・プログラミング・投資。

もぐたろうをフォローする
まなれきドットコム

コメント