誰もわかる源実朝!その生涯を簡単にわかりやすく【3代目将軍の悲劇の物語】

今回は、鎌倉幕府の三代目将軍である源実朝(みなもとのさねとも)について紹介します。

 

 

2代目将軍の源頼家の話との関連が結構あるので、以下の記事も併せて読んでいただけたらなと思います!

誰でもわかる源頼家!生涯などを簡単にわかりやすく【2代目将軍の悲劇の物語】
今回は2代目鎌倉幕府将軍である源頼家(みなもとのよりいえ)について紹介しようと思います。 鎌倉幕府といえばパッと頭に思い浮かぶのが源頼朝という人も多いと思います。源頼朝は新しい時代を切り開いた人物だし教科書にも大きく載る人物ですから、そりゃ有名ですよ。 そして、源頼朝が亡くなった後の話になると途端に
スポンサーリンク
スポンサーリンク

源実朝が将軍になるまで

源実朝は1192年に源頼朝と北条政子の間に生まれます。次男であり、兄は2代目将軍となった源頼家。

 

 

長男の源頼家は武芸に長けた人物でしたが、源実朝は兄とは正反対で和歌や蹴鞠など朝廷貴族の文化を好む人物でした。

 

 

そんな文化系男子、源実朝が鎌倉幕府の三代目将軍になったのは1203年。頼家の将軍在位を望む比企氏と実朝を新たに将軍にしようとする北条氏が争い、比企氏は敗北し滅亡。兄の頼家は鎌倉から追放され出家し、その後北条氏に担ぎ出される形で源実朝が三代目将軍となりました。

 

 

当時の源実朝の年齢はわずか11歳!政治の実権は、幼い将軍ではなく、将軍を補佐すると言う名目のもとで北条時政が握ります。

 

 

北条時政は、源実朝の乳母である阿波の局(あわのつぼね)の父。北条時政と源実朝の関係は、祖父と孫みたいなイメージです。

源実朝と北条時政

北条時政は、所領裁判など本来将軍が判断すべき決定権限を全て自身の署名で行うようになり、権力を掌握します。(これが後の執権政治の始まりとも言われてる)

 

 

ところが1205年、北条時政はその実朝を排除して娘婿の平賀朝雅(ひらがともまさ)という人物を将軍にしようと企みます。

 

 

「え?」って思いますよね。だって実朝のおかげで北条時政は権力者になれたんだから。なぜ時政がこんな支離滅裂な行動をしたかというと、牧の方という女性にたぶらかされたから(汗。詳しくは以下の記事をどうぞ。

誰でもわかる北条時政!簡単にわかりやすく紹介【政治や源頼朝、政子との関係とか!】
今回は、平安時代末期〜鎌倉時代初期に活躍した北条時政(ほうじょうときまさ)という人物について紹介したいと思います。 北条と言えば尼将軍こと北条政子や元寇によるモンゴル軍を撃退した北条時宗が有名ですが、そんな北条氏繁栄の土台を築いたのが北条時政でした。 北条時政が活躍した時代は、おおざっぱに言うと源平合戦(1

 

 

時政失脚後は、時政の子供の北条政子・義時が政治の実権を握るようになります。

源実朝と和歌

源実朝が青年になっても北条義時・政子は政治権力を握り続けます。もはや北条氏抜きには御家人たちを統率できないほどに北条義時・政子の影響力は強くなっていたのです。

 

 

成人後も政治の実権を握れず、傀儡のままだった源実朝。しかし、決して政治に無関心だったわけではありません。

 

 

北条義時に「実朝様、俺の功績に免じて部下の地位を上げてくれ!」って、頼まれても「家柄的に無理。ここでそいつらの地位あげちゃうと、将来の災いになる気がするんだ。」と義時の要望を拒否したなんてエピソードがあったり。

 

 

この他、吾妻鏡なんかでも随所随所で源実朝が意見しているシーンが描かれています。

 

 

しかしながら、総体的に見ればやはり政治の実権を握っているのは北条義時。将軍であるにも関わらず、源実朝は政治の主導権を握ることはできません。そして、そんな鬱憤を晴らすかのように源実朝は和歌の世界に熱中するようになります。

 

 

当時随一の名歌人である藤原定家(ふじわらのていか)とも交友があり、定家から万葉集を貰って歓喜したり、後鳥羽上皇が編纂した新古今和歌集を京から運ばせたり、さらには自ら金槐和歌集という和歌集の編纂までしています。

 

 

 

これだけに収まらず、源実朝は和歌の上手い武士を贔屓(ひいき)することもあり、恩賞や所領を与えたり、罪を軽くすることもありました。

 

 

しかし、源実朝の和歌趣味は「将軍のくせに何を朝廷かぶれの軟弱なことをやってんだ!」と御家人たちの評判は悪く、将軍としての人望を失う一因にもなります。実朝が人望を失うと、みんな頼りにするのは北条義時・政子なわけで、北条氏の影響力はますます強くなっていきます。悪循環ですね。

 

 

源実朝にとって和歌は単なる趣味ではなくて、おそらくは政治の実権を奪われた鬱憤を晴らすための心の支えだったのだろうと思います。少し時代を遡って、和歌を愛した崇徳天皇と似た心境だったんじゃないかと思う。

怨霊で有名な崇徳天皇ってどんな人?その生涯とは?わかりやすく紹介!
今回は、怨霊となったことで有名な崇徳(すとく)天皇について紹介したいと思います。日本には歴代何百人という天皇がいますが、崇徳天皇はそんな天皇たちの中でもトップクラスに不幸な天皇でした。そんな崇徳天皇の生涯について見てみたいと思います。 崇徳天皇の複雑な生い立ち 崇徳天皇の不幸は、その生い立ちから既に始まっていました。崇徳天皇は鳥羽天皇と藤

源実朝と渡宋計画

自らの無力さを痛感した源実朝は、次第に現実逃避をしがちになります。和歌に没頭したのもその一貫です。1216年、そんな現実から逃げ出そうとする実朝を象徴するかのような出来事が起こります。

 

 

それが突如として発表された源実朝発案による宋への渡航計画!

 

 

事の発端は陳和卿(ちんなけい)という僧侶との出会いでした。陳和卿は、源平合戦で全勝した東大寺の大仏を再建した人物。以下の記事でもサラッと登場してます。

東大寺を再興した重源を簡単にわかりやすく紹介するよ!【逸話や建築様式など】
(出典:wikipedia「重源」、Author:b_mode68) 今回は、源平合戦で灰燼に帰した東大寺を見事に復興させた重源(ちょうげん)という僧侶について紹介します。 東大寺に観光に行くのなら東大寺観光をより一層楽しむためにも重源はぜひ抑えておきたい人物です。なお、東大寺が焼失した経緯は以下の記事も参考にしてみてくだ

 

陳和卿は、「源実朝様は、仏の化身だから是非とも顔を拝みたい!」と実朝との対面を望みます。両者の対面は実現し、陳和卿は源実朝にこんなことを言います。

 

 

 

陳和卿「実朝様は、前世において医王山の長老でした。その時は私も医王山で修行の身であり、長老様の弟子だったのです。長い時を経てこうして師に会うことができたことは無上の喜びでございます」

 

 

源実朝(あれ・・・これ6年前に夢で見たお告げと一緒や!!陳和卿マジ凄い!!)

 

 

こうして源実朝は陳和卿を言うことを信じるようになります。これだけなら、素敵な話だねーって感じで終わるんですが、源実朝は前世の自分がいた宋の医王山に実際に行こうと、造船を人々に命じます。

 

 

これを聞いて北条義時や側近の大江広元はビックリ仰天。必死に実朝に止めるよう言いますが、源実朝の意思は固く鎌倉では船造りが始まりました。ほんと周りの人からすれば「なに言ってんだこいつ?」状態だったことでしょう。

 

 

翌年の1217年の4月、念願の船が完成。ところが、砂浜から海へ運ぼうとしても船がビクともしません。最終的には諦めてしまい、船は砂浜に放置され朽ち果ててしまいます。

 

 

・・・どんなオチだよ!!って感じですよね。実はこれ、実朝の思い付きの意見に反対する北条義時ら御家人がワザと海に浮かばせないようにしたのでは?なんて言われています。もし真面目に造船してこのザマなら、そのほうが不自然だし、おそらくは仕組まれたことだったのでしょう!

 

 

「源実朝は将軍のくせに何を馬鹿なことをやってるんだ」と思うかもしれませんが、実は私もそう思います。しかし、源実朝からすれば自らの境遇をなんとか変えたい!と必死で望んだことなんだろうな・・・とも思います。さらに言えば、必死にもがく実朝の姿からは、空回りこそしているものの「政治を行いたい!」という強い意思みたいなものを感じたりもする。

源実朝と朝廷

源実朝は朝廷文化の1つである和歌を愛したと言う話をしましたが、朝廷から貰える官位にも関心を持っていました。

 

 

源頼朝、源頼家の歴代将軍たちは必要最低限の官位だけは貰ってますが、「官位を上げたい!」なんて気持ちは持っていません。鎌倉幕府って朝廷に依存しない独立した東国統治システムとして源頼朝が創ったものなので、「朝廷から何かを与えられる行為」というのはそもそも避けるべき行為なんです。

 

 

ところが、源実朝はなぜか官位にこだわります。朝廷との結びつきを強め、1218年末には武士として史上初の右大臣にまで登りつめています。

 

 

1216年には側近の大江広元からこんなことまで言われています。

 

 

大江広元「もし子孫の繁栄を望まれるのなら、今は征夷大将軍の官位だけで満足し、もっと年配者になってから大将を兼務したらいかがでしょうかね」

 

 

オブラートに包んで「最近、実朝様の官位の昇進が速すぎる。鎌倉幕府の将軍なら朝廷に媚び売ったりしないで官位など気にせず堂々としなさい!」って警告しているわけです。コレに対して源実朝はこう答えます。

 

 

源実朝「言っていることはよーくわかる。でも、源氏の血統は私で途絶えてしまうんじゃないかと思っているんだ。どうせ滅びるのなら、その前に源氏の身分を高めておきたいのです」

 

 

解釈によっては自らの死をも予感しているような意味深な発言です。大江広元は何も答えることができず、その場を後にしました。

 

 

なぜ源実朝が官位にこだわったのかは実ははっきりとはわかっていません。ただの都かぶれっていう話もあれば、「実朝は実子に恵まれなかったため、朝廷(特に後鳥羽上皇)と結びつきを強め、将来的に皇族出身の将軍を擁立しようとした」とも言われています。後者なら、実朝の意味深発言とも繋がります。

 

 

さらに言えば、将軍が北条氏の傀儡となった今、もはや源氏が将軍になる必要はないのでは?と実朝自身考えていたのだと思います。

 

将軍を傀儡にしようと思うのなら、東国武士の崇拝対象となっている源氏を将軍にするよりも、高貴な血筋だけど武士たちのよく知らない影の薄い人物を将軍にしようという圧力が掛かってもおかしくないですからね。

 

 

現に実朝は殺され、次期将軍は源氏以外の者が選ばれているので、実朝の言ってることにも一理あったわけです。

源実朝と公暁

さて、1218年末に右大臣になった源実朝。

 

 

1219年1月、鎌倉にしては珍しい大雪の降る中、実朝の昇任祝いが鶴岡八幡宮で行われます。

 

 

その式の途中でした。源実朝が歩いていると突如として「親の敵はかく討つぞ」という男の叫び声が聞こえ、実朝は斬りつけられ命を落とします。

 

 

源実朝を切りつけた犯人は、鶴岡八幡宮の別当(責任者)だった公暁(くぎょう)という人物。

 

 

超展開すぎて意味不明な方も多いと思うので、「公暁って何者?」「なぜ親のかたきが源実朝?」という点を見ていくことにします。

 

 

上の系図を見てわかるように、公暁は源頼家の息子です。ということは「親のかたき」の親とは源頼家のことを言っていることになります。

 

 

ちなみに源頼家がどんな死に方をしたのかと言うと、

 

1203年、頼家推しだった比企氏と実朝推しの北条氏が争い、比企氏が敗北。これに併せて、頼家は将軍の位を追放され、伊豆の修善寺に幽閉。1204年にお寺で謎の死を遂げました・・・っていう感じです。

誰でもわかる源頼家!生涯などを簡単にわかりやすく【2代目将軍の悲劇の物語】
今回は2代目鎌倉幕府将軍である源頼家(みなもとのよりいえ)について紹介しようと思います。 鎌倉幕府といえばパッと頭に思い浮かぶのが源頼朝という人も多いと思います。源頼朝は新しい時代を切り開いた人物だし教科書にも大きく載る人物ですから、そりゃ有名ですよ。 そして、源頼朝が亡くなった後の話になると途端に

 

この「謎の死」って言うのがキーポイント。その死因は、北条氏によって編纂された「吾妻鏡」と言う史料では詳しく触れられていない一方、「北条氏によって殺された!」って書いている史料もあったり情報が錯綜しています。公暁が親のかたきと考えたのはその北条氏でした。状況的に、実際に頼家は北条氏によって暗殺されたのでしょうね・・・。

 

 

公暁にとっての親の仇とは北条氏とその北条氏によって将軍に担ぎ出された源実朝だったわけです。実朝に関してはトバッチリな感じも否めませんが(汗

 

 

同日、その公暁も追っ手に殺されてしまうのですが、この事件、実は鎌倉時代屈指の闇の深〜い事件なんです。

 

 

そもそも、公暁が一番憎むべき敵は北条義時なはずです。その北条義時は普段なら実朝に近侍するはずなのに、この時だけは「ちょっと体調悪いんで、無理っすわ・・・」とたまたま儀式には参加していません。

 

 

 

公暁の直接憎むべき人物は北条義時であり、義時によって担ぎ出されている実朝は直接の憎しみの対象にはなりません。あるとすれば、

 

 

仮に公暁に実朝を殺す強い動機があったとすれば、それは次期将軍の座を狙ってのことでしょう。しかし、もしそうだとすれば、自分が生き残らなければ意味がない。それなのに公暁は同日にあっさりと消されていますので、そうだとすれば犯行が軽率すぎます。

 

 

こうやって色々な憶測がされていった結果、「公暁の実朝暗殺事件の裏には真犯人がいて、公暁は真犯人の口車に乗せられていただけ。そして公暁が同日に速攻で消されたのは口封じのためで、公暁を操り・殺すことで完全犯罪を成し遂げた」説がよく語られます。

 

 

ただ、真犯人が誰なのかは未だ謎のままです。なんとなく、北条義時が怪しい気もしますが、実際のところはどうなのか気になるところです。。

源実朝まとめ

以上、源実朝についてハイライトで整理してみました。源頼家に引き続き、なかなかハードモードな生涯を送っています。

 

 

源実朝にとっての不幸は、鎌倉幕府の政治実権が源氏から北条氏に移る過渡期に将軍になったことでした。そして、源実朝はそんな自分の不幸な境遇を、実に冷静かつ客観的に見つめていたような節があります。

 

 

それがわかるのが、すでに紹介した1216年当時のこの発言

源実朝「言っていることはよーくわかる。でも、源氏の血統は私で途絶えてしまうんじゃないかと思っているんだ。どうせ滅びるのなら、その前に源氏の身分を高めておきたいのです」

 

源実朝が和歌にハマったり、無謀な造船計画を立てたりしたのも、根底には冷静に自分自身を見つめ、自らの運命に対して諦めの気持ちがあってのことでしょう。

 

 

そして実朝自身、「将軍を傀儡にしたい北条氏にとって、東国武士の崇拝対象である源氏の血を引く私はもはや邪魔な存在かもしれない」と考えていたとすれば、自分自身が殺されることすら予見していたかもしれません。

 

 

源実朝の死によって、源頼家時代から続いた鎌倉幕府の混沌とした血みどろの内ゲバ争いがようやく終焉を迎えます。

 

 

そして、東国武士たちの目は、とある事件によって朝廷へと向くようになり、実朝が亡くなった2年後の1221年、後鳥羽上皇VS鎌倉幕府の承久の乱へと繋がっていきます。

 

 

凄まじい時代ですよね鎌倉時代って。調べれば調べるほど、鎌倉時代の混沌ぶりには惹かれるものがあります。そんな混沌とした時代の真っ只中に生きた源実朝。世間的には地味な人物かもしれませんが、当時の時代背景も相まって、その人柄や生涯にはとても興味深いものがあります。

コメント