滝口の武士とは?簡単にわかりやすく紹介【北面の武士・西面武士との違いとは】

【清涼殿横の滝口】

今回は平安時代に登場する「滝口の武士(たきぐちのぶし)」について紹介します。

 

 

日本史の教科書なんかだと似たような言葉で

・滝口の武士(たきぐちのぶし)
・北面の武士(ほくめんのぶし)
・西面の武士(さいめんのぶし)

 

とかが登場して非常にややこしいですが、その違いなんかもお話できればと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

滝口の武士は天皇の住処(内裏)を守る護衛隊のこと

滝口の武士とは天皇の住む内裏(だいり)という場所を守る警護部隊のことを言います。

 

 

天皇の間近で警護をするので、誰でもなれるわけではなく選ばれた者のみがなることができる役職でした。

 

 

滝口の武士が置かれたは9世紀末の宇多天皇の頃。当時の平安京は、重税による治安の悪化のせいで盗賊たちが暴れており、大きな問題となっていました。盗賊らが狙っているのは、地方から京に集められた稲などの官物。時には、内裏にまで侵入することもあり、この対策として滝口の武士が設けられたと言われています。

 

 

ちなみに、治安悪化が深刻になった宇多天皇時代からおおよそ半世紀後、特に地方の人々の不満が爆発し、平将門の乱・藤原純友の乱が起こります。当時の治安悪化と滝口の武士の設置は、大反乱の前兆だったとも言えそうです。

平将門の乱をわかりやすく丁寧に説明してみる【平家の家族喧嘩】1/3
いきなりですが、平将門(たいらのまさかど)って知ってますか? 平将門は、平安時代に今でいう関東一帯で超大規模な反乱を起こした武士です。 平将門の凄いところは、「私が関東一帯の支配者になる。(俺が関東の支配する天皇になる)」と宣言したこと。日本の歴史の中で、「別の天皇を擁立してやるぞ!」というクーデターはあっても、「...

 

超わかりやすい藤原純友の乱【公務員のリストラと海賊たち】1/4
前回は、3記事を使って939年に起こった平将門の乱のお話をしました。 平将門が関東地方で新皇(新しい天皇)と名乗り、朝廷に謀反を起こしたのとまさに同時期に、実は中国・四国地方でも大きな反乱が起きていました。それが藤原純友の乱です。 平将門の乱は、記事を読んでいただけるとわかると思いますが、乱を起こした動機が非常に曖昧です。...

 

滝口の武士の「滝口」って何?

ところで、滝口の武士の「滝口」って一体何なんでしょうか。

 

 

その秘密は、滝口の武士が守っている内裏の中心的建物である清涼殿(せいりょうでん)にあります。

 

 

清涼殿は、今でも京都市内にある京都御所で見ることができます。

【清涼殿の説明板】

【清涼殿】

 

その清涼殿の横に「滝口」という場所があります。

 

小さいですが、白い看板に「滝口」と書いてますね。滝口の武士はこの場所を拠点として警護の任に当たっていました。

 

 

注目して欲しいのは、周りを流れている小さな水路。この場所には、水路の水が流れるスタート地点(落ち口)があって、小さな滝のように水が流れ込むことで水路に水が流れます。この落ち口のことを滝口と言い、その滝口を拠点とした護衛隊のことを滝口の武士と呼んだわけです。

 

 

ちなみに、今も京都御所に残る清涼殿。もちろん平安時代以降に再建されたものですが、清涼殿と滝口の位置関係なんかは今も平安時代もほとんど変わっていません。
なので、当時の雰囲気を味わいたいなら京都御所へ行くのも良きかなと思います。

 

ちなみに、滝口の武士で有名なのは先ほど少しだけ名前の出た平将門(たいらのまさかど)。平将門は滝口の武士の仕事を辞めて関東に戻った後、反乱を起こしています。

滝口の武士・北面の武士・西面の武士の違いについて

滝口の武士の紹介をしたので、次は北面の武士と西面の武士の違いを少しだけ。

 

 

この3者の一番大きな違いは、「誰を警護するか?」という点。滝口の武士は天皇を、北面・西面の武士は上皇を護衛する組織です。

 

滝口の武士は「天皇」警護部隊!
北面の武士・西面の武士は「上皇」警護部隊!

平安時代末期(約1100年〜)になると、日本では上皇を中心とした政治「院政」が頻繁に行われるようになります。つまり、上皇の権限が強くなったわけです。そして、上皇の権限が強くなるのに合わせて設けられたのが北面の武士でした。

 

 

北面の武士が設置されたのは、院政が本格化した白河上皇の時代。当時は、比叡山や興福寺の僧兵らの圧力が凄まじく、荒くれる僧兵への対抗手段として北面の武士は活躍していました。

白河天皇(上皇・法皇)を簡単にわかりやすく紹介!【院政はなぜ始まったか?】
後三条天皇が1073年に亡くなった後、1072年に即位した後三条天皇の息子の白河天皇が活躍することになります。 白河天皇は、後に上皇として院政という日本独自の政治機構を造り上げた人物であり、日本史上でも有名な人物の1人です。前回の記事で紹介した後三条天皇は、延久の荘園整理令の実施などにより摂関政治により権力を掌握していた藤原氏の...

 

院政とは具体的に何か?簡単にわかりやすく【院近臣、成功、院宣、院庁下文など】
前回の記事では、なぜ院政が始まったのか?について紹介しました。 今回は、院政とは具体的にどんな政治なのか?という点について紹介したいと思います。 絶対的君主「治天の君(ちてんのきみ)」 前回の記事でも説明したように院政の始まりは、強力な政治力が求められる諸問題を解決できなくなった堀河天皇が、出家し政治から離れていた白...
僧兵の強訴について簡単にわかりやすく紹介【白河法皇を悩ませた山法師とは】
院政という新スタイルの政治を始め、天皇の父の立場から強大な権力を手中に収めた白河法皇ですが、次のような有名な名言を残しています。 「賀茂河の水、双六の賽、山法師、是ぞわが心にかなわぬもの」 つまり、強大な権力を持ってしても鴨川の氾濫、双六の目(運)、山法師(延暦寺の僧侶)は手に負えない・・・と白河法皇は嘆いているのです。絶...

北面の武士の「北面」は上皇の住む場所の北側を拠点にしたことが由来です。

 

 

最後に西面の武士について。上皇警備部隊として北面の武士が存在していたわけですが、上皇の軍事力UPを目的として設立されたのが西面の武士です。「西面」は西側を拠点としていたことに由来します。

 

 

西面の武士が設置された時代は鎌倉時代、後鳥羽上皇の時代でした。後鳥羽上皇が軍事力の強化を図った理由は、「朝廷の権限をことごとく奪っていった鎌倉幕府ぶっ倒す!」という強い後鳥羽上皇の野望にあります。

 

 

「鎌倉幕府を倒すため」という理由だとあまりにも過激すぎるため、表面上は「警備の強化」という形で西面の武士が設けられました。

 

 

西面の武士については、以下の記事でも紹介していますので、気になる方は合わせてどうぞ。

西面の武士とは?簡単にわかりやすく紹介【後鳥羽天皇の倒幕の決意】
今回は、後鳥羽上皇が創り出した上皇直属軍である西面の武士(さいめんのぶし)についてお話をしてみようと思います。 学校の教科書なんかでは「西面の武士は、後鳥羽上皇が用意した対幕府用軍隊ですよ」って話で終わりなんですが、その辺の話をもうちょっと掘り下げて紹介してみます。 西面の武士と北面の武士の違い 平安時代末期、僧兵による強訴...

 

 

ちなみに、西面の武士を利用して兵力増強を図った後鳥羽上皇は1221年、承久の乱で鎌倉幕府と戦いますが敗北。この敗北により西面の武士は廃止され、昔からあった北面の武士も次第に形骸化していきます。

滝口の武士まとめ

最後に滝口の武士・北面の武士・西面の武士についてまとめておきます。

種類護衛先概要
滝口の武士天皇宇多天皇のころに平安京の治安悪化による設けられた警備部隊
北面の武士上皇僧兵による強訴に対抗するために設けられた警備部隊
西面の武士上皇後鳥羽上皇が鎌倉幕府を倒すために設けられた警備部隊。承久の乱に後鳥羽上皇が敗北すると廃止される

コメント