大人の日本史学び直しのオススメ本厳選3冊を紹介しています!

鎌倉仏教を簡単にわかりやすくまとめてみた【宗派の特徴・違いから広がった理由までまとめた完全版】

この記事は約12分で読めます。

今回は、鎌倉仏教全般(まとめ)について、わかりやすく丁寧に解説していきます。

この記事を読んでわかること
  • 鎌倉仏教ってどんな仏教なの?
  • 鎌倉仏教はなぜ生まれたの?
  • 鎌倉仏教って具体的にどんな仏教のこと?
スポンサーリンク

鎌倉仏教とは

鎌倉仏教は、鎌倉時代に登場した日本の新しい仏教スタイルのことを言います。

平安時代以前の仏教と大きく違うのは、仏教が庶民層まで広がって、信者が爆発的に増えた点です。

平安時代までの仏教

仏教を信仰していたのは、主に貴族や皇族などの権力者たち。僧侶たちも、権力者と癒着するようになって仏教腐敗が進みました。

庶民に信仰を広げようとする者(行基や空也など)もいましたが、布教活動は限定的なものに終わってしまいます。

鎌倉仏教

庶民や武家などをターゲットにした新興宗派が次々と登場。仏教信仰が全国の庶民層にまで爆発的に広がる。

宗派ごとの信者の奪い合いが激化し、宗派同士の争いが激しくなる。旧来の仏教勢力も、新興勢力に対抗するため、大きな変革を迫られることに・・・。

スポンサーリンク

なぜ鎌倉仏教が生まれたの?

簡単に言ってしまうと、平安時代の仏教がオワコン化していたからです。その理由は大きく2つあります。

  • 理由その1:仏教が政治と癒着し腐敗していた。
  • 理由その2:末法の到来で、お釈迦様の教えが無力化した。

それぞれ、詳しく見ていきます!

腐敗する南都北嶺

平安時代、仏教界で大きな力を持っていた勢力は2つ。

  • 東大寺・興福寺を中心とした南都六宗
  • 比叡山の延暦寺を本拠地に持つ天台宗

南都六宗は、華厳宗けごんしゅう三論宗さんろんしゅう成実宗じょうじつしゅう法相宗ほっそうしゅう倶舎宗くしゃしゅう律宗りっしゅうの6つの宗派の総称です。

南都六宗は、学問として仏教を学び・研究することを重要視しており、お互いに知識を共有し、支え合うような関係だったと言われています。

六宗全体が1つの集団のようだったので、南都六宗とひとくくりにされています。

この2つの勢力を合わせて南都北嶺なんとほくれいと呼びます。

南都北嶺は、権力者と癒着をしたり、強訴と呼ばれる方法で貴族や朝廷を脅したりして、領地(荘園)の拡大や金儲けに走ります。

南都六宗の上層部は、仏教信仰よりも政治に夢中になり、日本の仏教は腐敗してしまいました。

一方で、南都北嶺の僧侶の中には、「腐敗した仏教を立て直そう!」と真剣に仏教に向き合う者もいました。この仏教立て直し運動が形となって現れたのが、鎌倉仏教なのです。

末法の到来

少し語弊があるかもしれませんが、仏教とはざっくり言えば「悟りを開いて苦しみのない世界(浄土)に向かったお釈迦様の教えを理解・実践して、自らも浄土へ向かう」という教えです。

一方で、仏教では「お釈迦様の死後、長い時間が経過すると、人々はお釈迦様の教えを理解できなくなってしまう・・・」という考え方もありました。

人々がお釈迦様の教えを理解できなくなってしまう時代のことを末法と呼び、日本では1052年が末法まっぽうのスタートだと考えられていました。

末法が到来したことで、「お釈迦様の教えだけでは、浄土には行けない・・・」と多くの人が思います。

そして仏教業界では、末法に対応した新しい信仰のあり方を模索する動きが活発になりました。

具体的には、末法に対応するために、お釈迦様よりも阿弥陀様を信仰する風潮が強くなりました。この風潮は鎌倉仏教にも大きな影響を与えています。

おまけに、源平合戦で東大寺が戦火で焼失した(南都焼き討ち事件)ことで、人々の絶望はより一層増すことになりました・・・。

スポンサーリンク

天台宗から独立した6つの新宗派(鎌倉新仏教)

上で述べた平安仏教の問題を解決するため、南都北嶺の中でさまざまな動きがありましたが、特に動きが大きかったのが、「北嶺」の天台宗でした。

天台宗から独立して新しい宗派を立ち上げる僧侶が続出したのです。

天台宗から独立した6人の人物
  • 法然ほうねん浄土宗じょうどしゅう
  • 栄西えいさい臨済宗りんざいしゅう
  • 親鸞しんらん浄土真宗じょうどしんしゅう
  • 道元どうげん曹洞宗そうとうしゅう
  • 日蓮にちれん日蓮宗にちれんしゅう
  • 一遍いっぺん時宗じしゅう

大企業から独立して生まれたベンチャー企業みたいなイメージですね。

次に、上に掲載した6人の人物・宗派について簡単に紹介しておきます。

【補足】それぞれの人物の詳細は、別記事にまとめてあります。リンクを貼っていますので、気になる方は合わせて読んでみてくださいm(_ _)m

見出し横のカッコ内の年代は、それぞれの宗派が開かれた年です。6人の活躍時期がわかるよう年代を掲載してみました。

開宗の時期は、諸説あったり、そもそも明確に定めることができないこともあるので、あくまで参考程度で見てください。

法然が浄土宗を開く(1175年)

法然

法然は、「末法の時代でも、阿弥陀様の力を借りれば浄土に行ける」と考えました。

そして、阿弥陀様の力を借りるには、阿弥陀様のことを信じながら「南無阿弥陀仏なむあみだぶつ」とひたすら念仏を唱えれば良いと考えます。

この考え方のことを専修念仏せんじゅねんぶつと言い、法然は専修念仏に特化した新しい宗派「浄土宗」の開祖となりました。

法然は、浄土宗の理論を「選択本願念仏集せんたくほんがんねんぶつしゅう」という著書にまとめています。

浄土宗は、「念仏を唱えればOK!」というとてもシンプルな教えなので、信者が爆発的に増加。これを危険視した南都北嶺の旧勢力から激しい弾圧を受けることになります。

栄西が臨済宗を開く(1191年)

栄西

天台宗の僧侶だった栄西は、腐敗した天台宗を立て直すため、宋に渡りました。

そして、宋で禅の教えに出会い、帰国後は禅の教えを中心に天台宗を立て直そうとしました。しかし、天台宗は栄西を異端児とみなし、これを弾圧。

栄西は弾圧を避けるため、天台宗に敵対する意志がない旨を「興禅護国論こうぜんごこくろん」という著書にまとめましたが、効果はありませんでした・・・。

そこで栄西は独立し、禅宗の1種である臨済宗を開きました。臨済宗は武家に人気があり、鎌倉幕府の支援も受けながら、着実に信者を増やしていきます。

臨済宗は、師弟関係をとても大事にします。臨済宗では、師が悟りを開くために必要な難問を弟子に提示し、弟子はこれに答えることで悟りへの道を切り開きます。

この師匠と弟子の問答は、座禅をして心を無にした状態で行われ、この問答のことを考案問答こうあんもんとうと言います。

親鸞が浄土真宗を開く(1224年)

親鸞

天台宗の僧侶だった親鸞は、浄土宗の教えに惹かれ法然の弟子となりました。法然死後は、浄土宗の教えに親鸞オリジナルの思想をミックスさせた浄土真宗を開きます。

基本は浄土宗と同じですが、親鸞は念仏そのものよりも「阿弥陀様を信じる心」を重んじ、さらにこう考えました。

親鸞
親鸞

阿弥陀様は、どんな人でも浄土へ救いあげてくれる偉大な仏様。

だから、本来なら、普通に生活していたら絶対に浄土にいけないような仏教を全く信じていなかったり、煩悩まみれの人ほど阿弥陀様のことを信仰するべきなのだ・・・!!

この親鸞の思想のことを、悪人正機あくにんしょうきと言います。「悪人」とは、悟りの境地からかけ離れた煩悩まみれの人のことを指します。

この親鸞の理論だと、「仏教に縁のない人ほど、浄土真宗を信ずるべき」ということになります。この理論は、農民や地方の武士たちに浄土真宗が広がる大きな原動力となりました。

親鸞は、自らの思想を「教行信証きょうぎょうしんしょ」という著書にまとめており、教行信証には浄土真宗の真髄が書かれています。

道元が曹洞宗を開く(1227年)

道元

仏教を極めたい道元は、比叡山の修行では物足りず、栄西が開いた建仁寺というお寺で禅マスターになることを決意。宋に渡って禅を学び、禅宗の1種である曹洞宗を開きます。

曹洞宗は、日々の行いそのものが修行であり、悟りを開くためのヒントだと考えます。臨済宗と同じく座禅を重要視しましたが、曹洞宗の場合は、「座禅をして〜〜する」ではなく、「座禅する行為そのもの」が悟りを開くために重要だと考えました。

なので、曹洞宗では座禅そのものが悟りを開くための修行の一種であり、この修行を只管打坐しかんたざと言います。

テレビなどで、お寺で座禅を組んで姿勢が崩れたら竹刀で叩かれるシーンを見たことがある人もいるかと思いますが、あのイメージです。(本場の修行は、全然違うと思いますが・・・)

道元は自らの思想を「正法眼蔵じょうぼうげんぞう」という著書にまとめています。

日蓮が日蓮宗を開く(1253年)

日蓮

日蓮は日々の勉学・修行の中で、天台宗で最も重要な経典である「法華経ほっけきょう」こそが最強だと考えました。

法華経の教えさえ信じれば、そのほかの修行は一切不要。悟りを開くために必要なのは、法華経の教えを信じて「南無妙法蓮華経なむみょうほうれんげきょう」と口に出して唱えることのみ。

※「妙法蓮華経」は法華経の正式名称です。

この独自の理論で、日蓮宗を開きました。日蓮宗が大事にする「南無妙法蓮華経」というフレーズは、題目だいもくと呼ばれています。

日蓮は、法華経を信じない浄土真宗や禅宗(臨済・曹洞)を邪教と考えて厳しく批判。批判を「立正安国論りっしょうあんこくろん」という著書にまとめて、鎌倉幕府にこれらの宗派を支援しないよう訴えました。

・・・が、逆に鎌倉幕府が日蓮を危険分子と判断し、日蓮を弾圧することになります。

一遍が時宗を開く(1274年)

一遍も、法然・親鸞と同じく「阿弥陀様を信じて念仏を唱えれば浄土に行ける」と考えました。

つまり、多くの人が救われるには念仏を唱える必要があります。しかし、世の中には仏教や念仏に興味のない人がたくさんいます。

そこで一遍は考えます。

「みんなが念仏を唱えるようになるには、どうすれば良いか?」

そして、一遍はある結論に辿り着きました。

一遍「そうだ!踊っている最中に念仏を唱えれば、パーティーみたいでみんな参加してくれるんじゃないか!?」

こうして、一遍は時宗を開きました。同じ念仏でも浄土宗・浄土真宗と違って、踊りながら念仏を唱える踊念仏おどりねんぶつが大きな特徴です。

「念仏こそがすベて!」と考えた一遍は、亡くなる前に著書を焼いてしまったため、一遍の著書は残っていません。

スポンサーリンク

南都六宗では改革が始まる

これら新興宗派の登場は、南都北嶺にも大きな影響を与えます。

南都北嶺の「北嶺」である天台宗は、これらの新興宗派を敵とみなし、弾圧を繰り返しました。

「南都」の南都六宗も、新興宗派を良く思わずこれを弾圧しますが、中には新興宗派の影響を受けて、南都六宗のあり方を見直そうとする動きも活発になりました。

この改革の動きの中で特に有名なのが、貞慶じょうけい明恵みょうえ叡尊えいぞん忍性にんしょうの4人の僧侶たちです。

貞慶(法相宗)【1155年〜1213年】

法相宗には、「世の中には5つの素質があり、それぞれの人間に生まれながらその素質が与えられている。そして、その素質によって悟りを開けるかどうか決まる」という考え方があります。(五性格別ごしょうかくべつと言います。)

しかし、これでは生まれた瞬間に悟りを開けるかどうか確定してしまうわけで、あまりにも現世に救いがありません。そこで貞慶は、法相宗に「誰でも悟りを開ける」という大乗仏教の思想を取り入れました。

明恵(華厳宗)【1173年〜1232年】

明恵

明恵は非常にストイックな僧侶であり、机上の理論になりがちだった南都六宗(のうちの華厳宗)の教えを自ら実践してみせました。華厳宗が「絵に描いた餅」でないことを自ら示したのです。

また、貞慶と明恵の2人は、戒律(僧侶が守るべきルール)を尊重して、腐敗した南都六宗の立て直しを図りました。

叡尊(律宗)【1201年〜1290年】

叡尊

叡尊は、律宗と真言宗を融合させた真言律宗を作りました。

また、明恵・貞慶を受け継いで、叡尊も戒律を重んじました。それだけではなく、叡尊は貧しい人や病人などに対して幅広い慈善活動を行いました。

この慈善活動は、民衆や朝廷から高い評価を受け、閉鎖的なイメージのあった南都六宗のイメージUPに多大な貢献をすることになります。

忍性(律宗)【1217年〜1303年】

忍性は叡尊の弟子であり、叡尊の活動を引き継ぎました。

忍性は慈善活動の一環として、奈良に「北山十八間戸きたやまじゅうはっけんど」という救済施設を建てて、多くの人を助けています。

参考URLwikipedia「北山十八間戸」

スポンサーリンク

鎌倉仏教のまとめ

宗派の系統宗派開祖著書信仰のキーワード
浄土系浄土宗法然選択本願念仏集専修念仏
浄土系浄土真宗親鸞教行信書悪人正機
浄土系時宗一遍なし踊念仏
禅宗系臨済宗栄西興禅護国論考案問答
禅宗系曹洞宗道元正法眼蔵只管打坐
独自系日蓮宗日蓮立正安国論題目
天台宗から派生した新宗派
所属宗派人物特徴・功績
法相宗貞慶戒律を立て直し、法相宗に大乗仏教の思想を取り入れた
華厳宗明恵戒律を立て直し、華厳宗を机上の理論にせず、自ら実践してみせた。
律宗叡尊戒律を重んじ、慈善活動を行い、朝廷・民衆から高い評価を受ける
律宗忍性叡尊の弟子であり、叡尊の活動を受け継ぐ。
慈善施設として奈良に北山十八間戸を建設して多くの人を助けた。
南都六宗の仏教改革(改革のキーワードは戒律!)
もぐたろう
もぐたろう

いろんな用語が登場して大変ですが、全部丸暗記しようとせず、1つ1つ少しずつ理解していくのが1番の近道です。

この記事を書いた人
もぐたろう

教育系歴史ブロガー。
WEBメディアを通じて教育の世界に一石を投じていきます。

もぐたろうをフォローする

\Tiwtterでも歴史の話をツイートしてるよ!/



鎌倉時代
もぐたろうをフォローする
まなれきドットコム

コメント