公営田・官田・諸司田・勅使田を簡単にわかりやすく解説します【4つの違いがスッキリわかる!】

今回は、平安時代に登場する4種類の田んぼ、公営田くえいでん官田かんでん諸司田しょしでん勅使田ちょくしでんについてわかりやすく丁寧に解説していきます。

最初に簡単な概要を載せておきます。

公営田・官田・諸司田・勅使田とは?

調・庸などの未納によって国家財政が厳しくなると、823年には太宰府において公営田を、879年には畿内に官田元慶官田がんぎょうかんでん)を設けて、有力農民を利用した直営方式を採用して収入をはかるなど、財源の確保に努めた。

さらに、中央政府の各官庁も諸司田を持つようになり自立すると、国家財政に対する依存が弱くなった。

天皇も勅使田と呼ぶ田を持ち、皇族にも天皇から賜田が与えられた

スポンサーリンク

公営田・官田・諸司田・勅使田に共通していること

パッと見で意味不明な田んぼたちですが、実はこれらには1つの共通点があります。

それは、「税収の減収で、給料カットされてしまったお役人たちが、自分たちの生活を守るために自ら経営するようになった田地」という点です。

あとは、誰が経営している田地か?で名前が変わっているだけです。

  • 太宰府が経営している田地:公営田
  • 畿内のお役人が経営している田地:官田
  • 中央官庁のお役人が経営している田地:諸司田
  • 天皇が経営している田地:勅使田
スポンサーリンク

なぜ税収が減ったのか?

国が課した税が重すぎて、民衆たちが逃げ出してしまったからです。

普通なら逃げ出した民衆は露頭に迷うことになりますが、実はそうはなりませんでした。

743年に墾田永年私財法が制定されて以降、富裕層の人たち(貴族や寺院)が広大な土地を手に入れるため、働いてくれる人を探していたからです。

こうして逃亡した多くの人々は、貴族や寺院に仕えるようになりました。貴族・寺院でも、苦しい労働はありましたが、多くの人は「国の課す税よりはマシ」と考えていたのです。

スポンサーリンク

当時は大発明だった公営田

逃亡による税収減はジワリジワリと国の財政を圧迫し、800年を過ぎた頃から深刻な問題に発展していきました。

そして、この問題に対して大成功を収めたのが、823年に太宰府で提案された公営田でした。

823年、民衆の逃亡に加え、続く不作により民衆は飢餓に苦しむようになります。

減り続ける税収・苦しむ民、この2つの問題を解決するため、当時太宰府を任されていた小野岑守おののみねもりは、公営田という仕組みを発案しました。

小野岑守
小野岑守

このままでは太宰府も民もダメになる。なんとかしなければ・・・。

まずは、民に課されている調・庸は免除する。

そして、良好な口分田を太宰府がもらい受けて、直接経営することにする。そうだな、この太宰府直営の田んぼのことをを公営田と言おう。

民たちには税の負担を減らす代わりに、公営田を耕してもらって米を太宰府に納めてもらう。

これに加えて、公営田を耕作してくれている間の生活費(食糧)は、太宰府が面倒を見る。

こうすれば、民の負担が減って太宰府の収入も増えるので一石二鳥だ。

旧来の税の仕組みでは、「税金を国に納める」→「国からその一部を分配してもらう」という形でしたが、財政難で国からの支給が減ったため、太宰府は自力でお金を稼ぐ仕組みを発案したのです。(おまけに、民の負担も軽減できるし、逃亡によって使われなくなった田地も活用できる妙案です。)

823年、公営田の仕組みが試験的に導入され、高い評価を受けることになります。

スポンサーリンク

官田と諸司田

879年、財政難はますます深刻化し、太宰府で評判の良かった公営田制度が畿内でも導入されることになりました。

畿内に導入されたこの田んぼは官田と呼ばれ、中央政府(朝廷)の財源として利用されることになります。

官田を管理する担当部署がそこで得た収入を各官庁へ配分する仕組みでしたが、少し経つと、官田の管理も各官庁に任されることになり、各官庁ごとに自力で田地を経営するようになります。

この各官庁が直営する田地のことを諸司田と言います。

諸司田が登場すると、各官庁は独立経営をするようになり、それぞれの官庁は朝廷に縛られない独自の動きをするようになります。

スポンサーリンク

勅使田

お役所の財政難はお役人たちのみならず、国のトップである天皇にも及びます。

そこで天皇も直営の田地を持つようになります。これが勅使田です。

皇族には賜田しでんが与えられ、お役人も天皇家も「税金に頼らず自分たちで稼げ!」という時代に突入していきます。

さらに、官庁の上層部にいる有力貴族たちは元々持っていた初期荘園に加えて諸司田も活用して、広大な私有地を手に入れることになります。諸司田のような国に頼らない経営をするようになると、貴族たちの発言力は増し、強大な権力を持つようになります。

重税により班田収授の仕組みが崩壊すると朝廷はこれを立て直そうと、いろんなことを考えました。

しかし、最終的に「班田収授の仕組みよりも、自分たちで稼いだ方が早くね?」という結論に達し、朝廷自らが班田収授を否定するような手法を用いた・・・というのは、なんとも皮肉な話です。



平安時代
もぐたろうをフォローする
この記事を書いた人
もぐたろう

薄給サラリーマン。まなれきドットコムを運営しています。
趣味はブログ・プログラミング・投資。

もぐたろうをフォローする
まなれきドットコム

コメント