建武の新政とは?簡単にわかりやすく紹介!【建武の新政が失敗に終わった理由とは?】

今回は、1333年〜1336年にかけて行われた後醍醐天皇による建武の新政(けんむのしんせい)について紹介します。

 

 

1333年、元弘の乱によって後醍醐天皇の長年の悲願だった「鎌倉幕府ぶっ倒す!」が実現。後醍醐天皇は遂に理想の政治を行えるようになりました。しかし!!その政治(建武の新政)がそれはもうグダグダすぎて目も当てられない有り様。

 

 

どれぐらい酷かったかと言うと、後醍醐天皇と鎌倉幕府の間のドンパチ(元弘の乱)がやっと終わったかと思うと、建武の新政があまりにも酷すぎて再び国内で内乱が起きてしまったほど!

 

 

では、建武の新政とは具体的にどんな政治だったのでしょう。この記事で紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

注意したい建武の新政と天皇親政のお話

建武の新政とは簡単に言うと「後醍醐天皇が行った天皇親政」のこと。ただ、ちょっとした注意点があります。

 

それは建武の「新」政なのにその中身は天皇「親」政だってところ。

 

 

「新」と「親」で漢字が違うんです。わかりにくいですよね。

 

 

なぜ漢字が違うのかというと、後醍醐天皇が行った天皇親政が今までにない全く新しい政治だったから。だから、後醍醐天皇による天皇「親」政のことを建武の「新」政と呼ぶのす。

 

 

というオマケ的な話を踏まえつつ本題に入ろうと思います。

建武の新政はなぜ始まったか

まず最初に後醍醐天皇はなぜ天皇親政を目指したのかを考えてみます。

 

 

後醍醐天皇自身が野心を秘めた男だったというのもありますが、一番大きい理由は、鎌倉時代末期から続いていた熾烈な皇位継承争いにありました。

 

 

ちょっと複雑な話になるので以下の天皇の系図を使って説明します。

 

承久の乱以降、皇位継承には鎌倉幕府の意思が色濃く反映されるようになりました。

誰でもわかる承久の乱!簡単にわかりやすく解説!【後鳥羽上皇VS鎌倉幕府】
今回は1221年に起きた承久の乱について紹介します。 承久の乱は、後鳥羽上皇が鎌倉幕府に喧嘩を売って、その喧嘩を買った鎌倉幕府が上皇軍をフルボッコにした事件。 なぜ後鳥羽上皇は鎌倉幕府に喧嘩を売ったの? 承久の乱の経過はどんな感じだったの? 承久の乱の歴史的意義って何?戦後はどうなったの? こ...

 

そして、鎌倉幕府の提案によって当時は後醍醐天皇→邦良親王→光厳天皇の順で天皇即位をすることになっていました。(詳細は以下の記事)

文保の和談とは?わかりやすく紹介!【両統迭立とグダグダの皇位継承】
【花園天皇】 今回は、ちょっとマニアックな文保の和談(ぶんぽうのわだん)について紹介しようと思います。 文保の和談は鎌倉時代末期、皇統が両統迭立となって揉めた時に鎌倉幕府と朝廷との間で行われた皇位継承に関する話し合いのことを言います。 1317年の話で、時代的には後醍醐天皇が活躍する少し前。文保の和談...

 

さて、ここでこんな疑問を持った人もいるかもしれません。「なぜ、天皇の皇統がバラバラになっているの?」と。そんな疑問を持った方は、以下の記事を参考にしてみてください。その答えが載っています。

両統迭立とは?わかりやすく紹介!【大覚寺統と持明院統に分かれた理由を探る】
【両統迭立のきっかけを作った後嵯峨天皇】 今回は、鎌倉時代後期から始まった天皇家の分断である両統迭立(りょうとうてつりつ)について紹介します。 両統迭立とは「一国の世襲君主の家系が2つに分裂し、それぞれの家系から交互に君主を即位させている状態」を言います。 鎌倉時代の後期になると皇統が2つに分かれ両統...

 

後醍醐天皇はこの皇位継承の順番に納得いきません。当然です。後醍醐天皇は自分の子供を天皇にすることで自らが正当であることを主張したかったのに、次の天皇が邦良親王ではその望みは叶わないのです。

 

 

邦良親王が1326年に亡くなると「後醍醐天皇の次の天皇は光厳天皇に変更!!」と決まりますが、後醍醐天皇はこれを拒否し光厳天皇への譲位を拒み続けます。

 

 

しかし、光厳天皇を即位させようとする持明院統や幕府からの圧力が続くことを考えれば、このままでは後醍醐天皇はジリ貧です。すると後醍醐天皇はこんなことを考えました。

 

 

後醍醐天皇「私が正統な血筋であることを世に示すには、私自らの徳によって天下に善政を敷くしかない。自ら善政を行い、さらにそれを邪魔する鎌倉幕府を倒すことで、私こそが天皇家の嫡流であることを証明するのだ!!

 

 

そして後醍醐天皇の願いは、1333年に鎌倉幕府が滅亡したことで現実のものとなります。

 

 

というわけで、後醍醐天皇が自らを天皇家の嫡流と世に証明するために必要だったのが後醍醐天皇による天皇親政、つまり建武の新政だったのです。

建武の新政と延喜・天暦の治

後醍醐天皇は、自らの政治を延喜(えんぎ)・天暦(てんりゃく)の治になぞらえました。

 

 

延喜・天暦の治とは平安時代中期、村上天皇と醍醐天皇によって行われた天皇親政のことを言います。

延喜・天暦の治をわかりやすく教えます【醍醐天皇と村上天皇の時代】
前回は、平将門の乱・藤原純友の乱という有名?な戦いについて紹介しました。これからは、あの有名な藤原道長について詳しく見ていきます。 多くの本やサイトでは、藤原道長といえば、いきなり摂関政治の全盛期の話になりますが、このブログでは、西暦900年ぐらいから藤原道長が活躍するまでの間をゆっくり見ていくことにします。 年代...

 

 

平安時代は、摂関政治や院政など藤原氏や上皇という天皇以外の者が権力を奮った時代。そんな中、村上天皇と醍醐天皇は藤原氏や上皇に頼らず自ら政治を行った象徴的な天皇として広く有名だったのです。(ただし、実際はそれほど天皇親政ではない。あくまで「思われていた」だけ。)

 

 

 

つまり、延喜・天暦の治を目指したということは、貴族にも上皇にも、そして幕府にも指図されず自ら主導して政治を行いたいという後醍醐天皇の意思の表れだったのです。

 

 

後醍醐天皇の志は確かに立派です。しかし、その志とは裏腹に建武の新政は世に大混乱を招くことになってしまいます。

建武の新政と恩賞問題

当時の人々の最大の関心ごとは、元弘の乱で敵味方別れて戦った人たちへの恩賞や人事についてでした。

 

 

当時の恩賞とはつまり土地のこと。「誰にどれだけの土地を与えるか?」を決めければなりません。後醍醐天皇は元弘の乱の際に協力してくれた者には恩賞を、敵対した者の領地は没収することを決めましたが、事は口で言うほど単純じゃありません。

 

 

 

この恩賞問題は揉めに揉めました。そもそも「敵」と「味方」の区別が難しいんです。例えば、後醍醐天皇の勝利に大きく貢献した足利尊氏や新田義貞。彼らは最初は後醍醐天皇の敵でしたが、終盤になって後醍醐天皇に寝がりました。途中で寝返ったこの2人は、敵でしょうか味方でしょうか?難しいですよね?

 

 

源平合戦や承久の乱を参考にすれば、この2つの戦いでは「敵」は多くの人が納得しうる最低限の人々に留められました。源平合戦の時は平氏一族とその家人たち。承久の乱の際は、処罰の対象は首謀者に限るとされました。

 

 

こうして事は穏便に済んだのですが、後醍醐天皇は「敵」の解釈を広く適用しました。なぜかというと、敵が多くないと多くの領地を没収できず、味方に土地を恩賞として与えられないからです。

 

 

 

問題はそれだけじゃありません。後醍醐天皇は、過去に幕府が決定した所領裁判の結果を頻繁に覆してしまいました。後醍醐天皇としては「天皇の意が汲まれていない決定などもはや決定とは言えぬ」と考えていたのですが、これがまた大混乱を招きます。

 

 

これまで鎌倉幕府に従っていた御家人たちは、幕府の決定や幕府が制定した御成敗式目に従って土地を巡るトラブルを解決してました。

御成敗式目とは?内容や目的をわかりやすく紹介【北条泰時と日本初の武家法典】
今回は、北条泰時が1232年に制定した日本初の武家法典「御成敗式目(ごせいばいしきもく)」について紹介しようと思います。 御成敗式目が制定された目的・内容と御成敗式目の歴史的意義の3点を中心に紹介します。 御成敗式目はなぜ制定されたの? 御成敗式目は1232年に制定されましたが、なぜこの時代に武家専用の法典が作られたのでしょうか? ...

 

これが否定されるとこんなことが起こります↓

 

御家人A「俺は1240年頃に、もぐもぐ荘という土地を幕府から頂いたんだ!」

 

御家人B「いやいや!もぐもぐ荘は昔に不正に御家人Aに奪われた土地なんだ。」

 

 

後醍醐天皇「んー、それは幕府の決定が悪いよね。もぐもぐ荘は御家人Bの土地な!」

 

御家人A:(゜Д゜)ポカーン

 

 

そして、「どうせ昔のことなんて朝廷も詳しくわからないんだし、とりあえず訴訟起こしとけば土地を貰えるかもしれない!」と嘘偽りで京へ裁判を願いに行く者まで現れる始末。

 

 

こんな感じでそもそも敵味方の区別が難しい上に、後醍醐天皇が過去の所領裁判の結果を否定したおかげで、嘘偽りも含めた訴訟案件が山のように積み上がり、朝廷には無秩序が広がりました。

建武の新政と人事問題

土地の問題と同じく人事の面でも建武の新政は大きく揉める事になります。

 

 

まず足利尊氏の処遇で揉めました。足利尊氏は、元弘の乱で六波羅探題を滅ぼした後、六波羅探題に居座って鎌倉幕府亡き後の御家人たちの求心力として強い存在感を示していました。

 

 

しかし、天皇親政を目指す後醍醐天皇にとって、幕府は否定しなければならない存在。旧幕府に代わって御家人たちを束ねている足利尊氏は危険な存在だったのです。

 

 

なので、元弘の乱の大活躍にも関わらず足利尊氏は要職にも就けず、望む征夷大将軍にもなれず、後醍醐天皇とは微妙な関係となっていました。これだけではなく、元弘の乱で活躍した足利尊氏寄りの多くの武士たちも不遇に見舞われることとなり、後醍醐天皇に強い不満を抱くようになります。

 

 

さらに、悲劇に見舞われたのは武士だけではありません。貴族の人々もまた、建武の新政によって財源を断たれることがしばしばありました。

 

 

当時の貴族たちの生活は、身内を地方の国司に任命し、そこから得られる税金を懐に入れることで成り立っていました。ところが、後醍醐天皇はこれを否定してしまったのです。

 

 

後醍醐天皇「国司って昔は国のための徴税官だったけど、なんか今は貴族たちと癒着しててダメダメだよね。だからそーゆーしがらみ全部無くすわ。」

 

 

これに貴族たちは戦々恐々。ちなみに、貴族と地方で癒着が起こったのは平安時代中期。「癒着」というと響きが悪いですけど、これには「律令制が崩壊し、国が貴族たちにお給料を払えないから、貴族たちが自力で金を稼ごうとした」という側面もあったりします。そう思うと、貴族たちのこの処遇は不憫極まりないです。

 

 

建武の新政って、貴族が優遇されて武士が冷遇された!ってイメージがありますけど、後醍醐天皇は摂関政治みたいな貴族が権力を牛耳ることも否定しているので、一辺倒に貴族が優遇されたわけでもないんです。

 

 

こうして武家・公家共に、建武の新政のおかげで大混乱に陥りましたが、中にはこのドサクサに紛れて得をした人もいたことでしょう。

 

 

要するに建武の新政って運ゲーだったんです。昔の判決内容とか制度が全て変えられてみーんなガシャガシャポンでごちゃ混ぜになる。後醍醐天皇の考え方を間違っているとか間違ってないとか言うつもりはないですが、確かに言えるのは後醍醐天皇の考え方はあまりにも急進的すぎました。

 

 

良いか悪いかは別として、鎌倉時代の日本の政治は幕府や貴族に依存しながら行われてきました。それを突如として「幕府は存在しちゃダメ!」「貴族は好き勝手にやったらダメ!」となっては、政治が混乱するのも当たり前です。

 

 

それに、天皇親政で後醍醐天皇が全てを決めるようになると、天皇への媚びへつらいや賄賂が横行します。政治の混乱ばかりか、建武の新政は政治腐敗をも招いてしまったのです。

諸国平均安堵法と雑書決断所

このようなグダグダな建武の新政でしたが、あまりにも色々と酷すぎるので、すぐにその方針の方向転換に迫られることになります。

 

 

建武の新政が始まったのが1333年6月。早速、7月になると諸国平均安堵法(しょこくへいきんあんどほう)という法が発令されました。内容は「敵は北条高時一門の人々だけにするよ。そして、所領問題は基本地方に任せるよ。」というもの。

 

 

これは、「結局、敵って誰なのよ?」問題で揉めに揉めて、朝廷に舞い込んでくる訴訟案件がパンクした結果です。

 

 

さらに少し経って、雑書決断所(ざっしょけつだんしょ)という部署が設けられます。これは、天皇の代わりに問題を決定するための機関。

 

 

後醍醐天皇は当初、「天皇親政を目指すんだから、物事の決定は全て俺の決定で行う!!(キリッ」と自負していましたが、日本中の案件を1人で決定することは不可能だったのです。

 

 

雑書決断所には、御家人の問題を解決するために御家人身分の人も加わっており、幕府を否定する後醍醐天皇はそもそも自己矛盾に陥ってしまったのです。

 

 

そんな感じで、建武の新政は少しずつ崩壊へと近づいて行きます。(良く言えば、現実な政策へと軌道修正されていったとも言える。)

建武の新政の崩壊

このような不穏な空気の中、1335年に大きな事件が2つ起こります。

 

 

1つは、公家の西園寺公宗(さいおんじきんむね)によるクーデター未遂事件。

大覚寺統の後醍醐天皇に不満を持った持明院統
鎌倉幕府最後の得宗だった北条高時の弟の北条泰家

 

この2人と連携しクーデタを企てますが事前に計画が露見し、西園寺公宗は誅殺されますが、これがもう1つの大きな事件へと繋がります。

 

 

それが、1335年に起こった中先代(なかせんだい)の乱。北条高時の遺児だった北条時行が信濃国で鎌倉を奪還しようと挙兵した事件で、西園寺公宗のクーデターに呼応したものと考えられています。

 

 

中先代の乱の鎮圧を任されたのは、関東一帯の統治を任されていた足利尊氏の弟の足利直義(あしかがただよし)

 

 

そして、弟を助けようと京から鎌倉に向かった足利尊氏が中先代の乱を鎮圧すると、次は足利尊氏と後醍醐天皇が対立し、再び戦乱の世が訪れます。

 

 

この足利尊氏と後醍醐天皇の戦いは、1336年に足利尊氏の勝利。戦いの終了を持って、建武の新政は終わりを告げることになったのです。

建武の新政まとめ

以上、建武の新政についてまとめてみました。

 

 

後醍醐天皇は、とにかくこの建武の新政に己の全てを捧げました。

 

 

後醍醐天皇「朕の新義は、全て未来の先例となる」(ドン!!!)

 

 

後醍醐天皇は、こんなことも言っていて新しい政治を切り開く強い意志をヒシヒシと感じます。

 

 

後醍醐天皇が好んで学んでいた学問の1つに「朱子学」っていうのがあります。朱子学は儒教の進化版みたいな教えで、朱子学には大義名分という考え方がありました。大義名分とは簡単に言うと「君臣はその立場それぞれに与えられた役割があり、常に上下の身分秩序・礼節を重んじるべし」って内容。

 

 

後醍醐天皇はこの朱子学の考え方に影響を受け、「俺がトップなんだから、部下たちは立場をわきまえて、俺の言うことに従え!!」って思想をもつようになったとも言われています。

 

 

とまぁ、確固たる信念に基づいて行われた建武の新政でしたが、結果はこの記事で書いたとおり悲惨なものでした。建武の新政は「あまりにも革新的すぎる政治改革は、時に身の破滅を招く」と言う教訓を後世の我々に教えてくれています。

 

 

現代日本は、消費税とか年金とか国民の生活に大きい影響を与える政策についてはジワリジワリと国民たちに実感が湧かないように行われています。このやり方が良い悪いという議論はまた別として、建武の新政の教訓はしっかり生かされているのだなとふと思うのでありました。

 

 

おしまい。

スポンサーリンク
日本史好きにやってほしい運営者おすすめの育成RPGアプリを紹介するよ
ヤマタノオロチが封印され幾千年
平和な時代に影が差し、
『ケガレ』が人びとを苦しめていた。
そこに立ち上がるは、
神侍 ―カムライ―
八百万の神々の力を受け継いだ戦士たち
日本神話をモチーフにした漫画を読みながらゲームもできる新感覚育成RPG!ストーリーが面白くて課金なしでもドンドンハマれる運営者一押しのアプリ!ダウンロードはこちらから↓
神式一閃 カムライトライブ

神式一閃 カムライトライブ

Applibot Inc.posted withアプリーチ



室町時代【南北朝の動乱期】
mogutaroをフォローする
大人になってから学びたい日本の歴史

コメント