誰でもわかるよ!観応の擾乱を簡単にわかりやすく解説してみた【足利尊氏・直義の実に不思議な兄弟喧嘩】

今回は、1349年に起こった観応の擾乱(かんのうのじょうらん)について解説します。

 

 

観応の擾乱はその経過が非常に複雑なことで有名ですが、大まかな概要であれば、当時の時代背景を知っていればしっかりと理解することができます。この記事を最後まで読んでいただければ、一通りはわかっていただけると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

軍事の高師直VS内政の足利直義

1336年、湊川の戦いに勝利した足利尊氏は室町幕府を開きました。

湊川の戦いはなぜ起きた?背景・内容を簡単にわかりやすく紹介【天下分け目の大決戦!足利尊氏VS楠木正成・新田義貞】
今回は足利尊氏と後醍醐天皇軍(楠木正成・新田義貞)の勝敗を決した天下分け目の大決戦、湊川(みなとがわ)の戦いについて紹介します。 足利尊氏による室町幕府創設のきっかけともなった後醍醐天皇と足利尊氏の雌雄を決する湊川の戦い。この記事ではその経過や詳細について見ていこうと思います。 なぜ湊川の戦いは起こった?戦乱の経過を振り返る ...

 

尊氏は主に内政面の権限を弟の直義(ただよし)に与え、自らは軍事面での権限を行使することで、2人トップ制度を築きます。昔から尊氏には、苦しくなると政務を弟に任せてしまう癖がありました。この2人トップ制度もおそらくそんな事情によるものだと思われます。

 

 

当時の尊氏が心を苦しめていたのは、自らの勝利によって後醍醐天皇を窮地に追い込んでしまったことでした。「後醍醐天皇とは戦いたくないのに、情勢はそれを許してはくれない」という心の葛藤は戦時中からあったようで、尊氏は定期的に出家をほのめかす発言を繰り返しています。

 

 

なので、せっかく戦乱の覇者になったのに政治にはとても消極的でした。そして、そんな尊氏に代わって軍事面を担っていたのが尊氏の執事(しつじ)だった高師直(こうのもろなお)

 

 

軍事担当の高師直は、戦果に対する恩賞や兵糧確保のために所領を荒らすことが頻繁にあり、このような荒らし行為の訴えを聞く立場にあったのが足利直義でした。つまり、2人の政治的立場には相容れないものがあったのです。

 

 

そんな訳で、高師直と足利直義の関係は次第に悪化していきます。そして人間性の面でもこの2人は馬が合うことはありませんでした。簡単に言ってしまうと足利直義は秩序を愛したのに対して、高師直は無秩序を愛しました。まさに水と油のごときです。

 

高師直が無秩序を好んだことは、以下の記事を読んでもらえればわかると思います。

女癖ヤバすぎw高師直を簡単にわかりやすく解説【尊氏の執事にして最強部隊を率いる】
【高師直らしき人物(足利尊氏説もあり)】 今回は観応の擾乱の主役の一人、高師直(こうのもろなお)について紹介します。 年代的にはざっくりと1330年〜1350年ぐらいのお話。ちょうど鎌倉幕府が滅亡して南北朝の争乱が始まった頃です。 そんな混沌とした時代の中、高師直は当時ではあり得ない著しい出世を成し遂...

 

また、高師直と足利直義の関係については以下の記事でも詳しく紹介しているので合わせて読んでみてほしいです!

足利尊氏がツンデレすぎる件w弟の足利直義との関係をわかりやすく解説!「直義好きすぎて辛い」→「直義絶対に許さない」
今回は、足利尊氏とその弟の足利直義の関係について話をしていきます。 いきなりですが、両者の関係を簡単にまとめると、 1330年頃の足利尊氏「直義大好き!!直義は信頼できるし頼りになるから政治は全部任せる!俺は出家する!」(結局、出家はできなかった) 1350年頃の足利尊氏「直義ぶっ潰す!戦争だ!!」(これが観応の擾乱) 1...

高師直の逆襲クーデター作戦

高師直と足利直義の対立は、しばらくは表面上に現れることはありませんでした。しかし、1348年に起こった南朝と高師直が戦った「四条畷の戦い」以降両者の対立が激化します。

 

 

四条畷の戦いで高師直は快勝し、南朝のエースだった楠木正行を撃破し南朝に大打撃を与えています。こうして、高師直の名声は一挙に高まり、この勢いに乗じて直義派に対しても攻勢を仕掛けるようになりました。

 

 

当初の戦場は主に幕府内の人事争いだったようです。足利直義もこの攻勢に対抗しますが、次第に両者の争いは人事から武力闘争へと移り変わっていきます。

 

 

1349年6月、足利直義は先手を打ちました。高師直を暗殺しようとしたのです。これは部下の裏切りにより失敗しますが、高師直を執事から解任することには成功。

 

 

さらに北朝の光厳上皇に高師直追討の院宣を求め、一挙に師直派を潰そうとします。

 

 

ところが1349年8月、次は高師直が挙兵し、直義邸に攻め込もうとします。危険を感じた直義は兄の尊氏邸に逃げ込みなんとか一命を取り留めます。高師直は尊氏の執事。なので尊氏邸には簡単に手出しはできませんでした。

 

 

尊氏邸にて一触即発のまま両者にらみ合いが続きますが、尊氏が両者の仲介に入ることで、ひとまず京は平穏を取り戻したのでした。

 

 

尊氏の仲介により、直義と師直の間で次のような交渉が行われました。

1  直義の腹心である上杉重能(しげよし)、畠山直宗(ただむね)を流刑にする。
2  内政担当の直義をクビにして、代わりに尊氏の嫡男足利義詮を任命する。

 

圧倒的に高師直に有利な内容です。高師直は、血を流さずに勝利を勝ち取った形です。

 

こうして二人の戦いは終わりを告げました・・・となってほしいところなんですが、全然そうはなりません。この事件は観応の擾乱が始まったきっかけに過ぎません!

観応の擾乱の始まり

1349年12月、師直に敗れた足利直義は出家して政界から身を引きました。

 

 

この2人の戦いが、高師直VS足利直義という個人間の戦いであれば観応の擾乱など起こらず、話はこれで終わっていたかもしれません。

 

 

しかし、幕府内で大きな派閥を形成していた2人の争いは高師直「派」VS足利直義「派」という派閥同士の争いに発展しており、この事件を機に戦火は全国へと一挙に拡大することになります。

 

 

全国に目を向けると、確かに京では高師直派が勝利を収めました。しかし、九州や関東・奥州では直義を支持する勢力が多く、直義派VS師直派の戦いが続きます。

 

以下からは、

出家した足利直義の動向
九州地方の戦況
奥州・関東地方の戦況

の3つを簡単に見てみたいと思います。

【悲報】足利直義、禁断の秘密兵器を使う

出家した足利直義は、一年ほどは人ともあまり会わず、隠居生活を送っていました。とは言っても、まだ人生を諦めた訳ではありません。九州や関東では直義派が善戦しており、再起の機会を待っていたのだと思います。

 

 

機が熟したと見たのか、身の危険を感じたのか1350年10月、直義は密かに京を脱出。そして翌11月、事もあろうに足利氏を最も憎んでいるであろう南朝へ下ってしまいます。

 

 

足利一族は南朝を吉野に追い込んだ張本人で、南朝にとってはまさに最大の敵。その南朝と足利直義が結ぶなど、師直派にとってはまさに青天の霹靂だったことでしょう。

 

 

実際、南朝側では憎き直義と結ぶか否か大激論が交わされました。しかし、苦境に立たされていた南朝も背に腹は変えられぬと苦肉の策で直義と結ぶことを決断します。

 

 

こうして足利直義に畿内の南朝勢力が馳せ参じ、再び師直派と争い始めることになります。

 

 

直義が南朝に下ったことで、師直派VS直義派だった観応の擾乱は、

師直・北朝派VS直義・南朝派

 

という構図に変化し、観応の擾乱は戦火を全国に拡大したのみならず、天皇家の問題も包含したより複雑な戦乱と化してしまいます。

観応の擾乱のキーパーソン、足利直冬

九州地方では、直義派だった足利直冬(ただふゆ)が次々と勢力を拡大していきます。

 

足利直冬は

足利尊氏の実子だったけど尊氏が認知しなかったので、代わりに弟の直義が養子として引き取った息子

でした。家庭環境複雑すぎ!!

 

足利直冬は、自分が室町幕府将軍の息子(庶子だけど)であることを利用して、九州の人々に恩賞や所領を与えることで、九州地方での地盤を確立していきました。

 

 

ところが、庶子の直冬が自分の名前を利用していることに足利尊氏は我慢なりません。尊氏には嫡男の足利義詮がいたため、直冬の行為を許すことは家督争いひいては次期将軍問題にも派生しうる絶対に許せない問題でした。(尊氏は生理的にも庶子の直冬を嫌っていたと言われています。確かに普通なら認知ぐらいはしそうですしね。)

 

 

九州で最大の尊氏・師直派だった大友氏・少弐氏までもが直義派の直冬に寝返ると、いよいよこれを無視できなくなり、1350年6月、尊氏・師直派は九州へ兵を送り込みます。

 

 

しかし、九州への遠征軍は九州に到着する前に撃破され失敗。1350年10月、ずっと政治には消極的だった尊氏は重い腰を上げ、自ら九州に向けて出陣します。1350年10月といえば、ちょうど直義が京を抜け出したのと同じタイミングでした。

 

 

尊氏が自ら出陣した理由は、もちろん直冬の存在にあります。尊氏から見れば、直冬の行動は「家督を嫡流の義詮から奪おうとする庶子の叛逆」にも見える非常に由々しき問題でした。(直冬が家督争いを意図していたかはわかりませんが、長年認知すらしてくれなかった実父の尊氏のことを良く思っていないことは間違い無いです)

 

ここに、観応の擾乱は将軍家の親子ゲンカも加わって

師直派・北朝・尊氏(嫡流派)VS直義派・北朝・直冬(庶子派)

という構図になります。カオスです。

関東地方は、直義の基盤

奥州・関東の話は少しだけ。

 

後醍醐天皇が建武の新政を敷いている頃(1333〜1336)、実は足利直義は関東統治を任されていました。

建武の新政を簡単にわかりやすく解説するよ!【失敗した理由とその歴史的意義を知ろう】
今回は、1333年〜1336年にかけて行われた後醍醐天皇による建武の新政(けんむのしんせい)について紹介します。 1333年、元弘の乱によって後醍醐天皇の長年の悲願だった「鎌倉幕府ぶっ倒す!」が実現。後醍醐天皇は遂に理想の政治を行えるようになりました。しかし!!その政治(建武の新政)がそれはもうグダグダすぎて目も当てられない有り...

 

その縁もあって直義を支持する人々が多く、関東では直義派が優勢。また、畿内は貨幣流通や生産性向上によって自立し始め、既得権益層への反発から旧来の考え方を否定する動きが活発でしたが、東国ではそのような動きは少なく、高師直のような新興勢力には否定的な見方が優勢でした。

 

 

結局、尊氏から関東の統治を任されていた足利基氏という人物が、関東最大の直義派だった上杉一族に追放され、九州に続き関東でも直義派が優勢になります。上杉氏は、後に室町時代における関東地方にキーパーソンとなる一族です。

高師直、敗死!

九州・関東での直義派の優勢
南朝勢と協力した畿内での直義派の反撃

 

このような全国的な動きの中、人々は次第にこんなことを思います。

「今は師直派だけど、直義派が勝ちそうだから寝返ったろww」

 

直義の動きを無視できなくなった足利尊氏は、1350年10月に直冬勢平定のため九州へ出発し12月には福岡にいましたが、すぐさま京へ引き返し、1351年1月に足利尊氏と足利直義の間で激しい京都争奪戦が行われます。

 

 

しかし、尊氏軍は腹心までもが次々と離反し、崩壊状態。最後は尊氏と高師直の兵の他はわずかな兵しか残らぬという悲惨な有様だったと言います。当時は、情勢不利とあらば腹心ですら一族を守るため、簡単に寝返ってしまう非常に世紀末な時代でした。

 

 

そして遂に、摂津国の打出浜(今の兵庫県芦屋市)で、弱体化した尊氏・師直軍と直義軍が正面衝突します。結果はお察しの通り、直義軍の快勝。

 

 

その後、尊氏と直義の間で和平交渉が行われ以下の取り決めが交わされます。

高師直・師泰(もろやす)兄弟は出家すること(政治の世界から身を引くこと)

 

こうして和平が成立し、京へ帰還する途中、高師直らは直義派の上杉能憲(うえすぎよしのり)に襲撃され、一族もろとも滅亡することになります。

 

 

上杉能憲は、冒頭で紹介した高師直のクーデターの際に、流刑で済んだはずなのに殺された上杉重能の息子でした。父が殺されたのと同じ方法で、父の仇を討ち取ったわけです。

まだまだ終わらぬ観応の擾乱

高師直の死によって戦乱は終わったかに思えますが、実はここから観応の擾乱の第二章が始まります。

 

 

当時の室町幕府は、2人トップ制度で足利尊氏と義詮の親子で幕府を運営していました。戦乱の勝者である直義は、この仕組みをそのまま残し、義詮の補佐をするという形で幕政に深く介入することになります。直義が尊氏をトップの地位に残した理由はわかりませんが、そもそも直義は高師直と戦っていたわけで、兄の尊氏と敵対する意図はなかったからだと思われます。

 

 

そして、この仕組みが新たな戦乱の火種を生んでしまいます。戦乱の後、幕府で行われるのは戦果に応じて恩賞を人々に与える仕事です。しかし、敗者の尊氏と勝者の直義が並び立つ幕府で行われた恩賞配分は実にいびつなものでした。

 

 

引き続き尊氏がトップにいるせいで、尊氏派に属した敗者のうち特に有力者についてはなんのお咎めもなし。敗者の所領を奪えない以上、勝者に与えられる恩賞も限られるため、直義派に属した人々は満足した恩賞をもらうことができませんでした。

 

 

すると直義を見限る人たちも現れ、逆に尊氏を支持する者が増えていきます。

 

 

さらに、足利義詮は補佐という名目で全てを掌握する直義に不快感を示すようになります。また、政治的な話のみならず、義詮が自分に尽くしてくれた高師直を討った直義のことをよく思わないのは当然の帰結でした。

 

 

しかも直義は、尊氏の嫌う直冬の養父でもあります。こんな複雑な事情もあって、幕府内では不穏な空気が漂い始めます。

 

 

1351年3月には直義派の事務官だった斎藤利泰が暗殺され、5月には直義派のエース武将だった桃井直常(ももいなおつね)が闇討ちに会い、死にかける事件までありました。

 

 

1351年8月には早くも、危険を感じた直義は京を抜け出し、上杉氏を頼って鎌倉へ向かいます。上杉氏は、上述した関東おける直義派の筆頭として活躍した一族です。

 

1351年11月、尊氏は直義討伐のため兵を派遣。

 

1351年12月、今の静岡県にある薩埵(さった)峠で両軍激突しますが、直義軍は敗北。その後、尊氏軍が鎌倉に侵入し、1352年1月になると直義は遂に降伏。そして、幽閉されていたお寺で謎の死を遂げます。

 

 

こうして観応の擾乱は、様々な問題を残して終わりを迎えることになります。

正平一統

1351年11月に尊氏は鎌倉に向けて出発しましたが、実はその前に南朝との裏工作がありました。

 

 

高師直が亡くなり尊氏と直義が和平交渉を終えた後、直義は南朝・北朝の講和に向けてかなりの力を注いでいました。

 

 

しかし、南朝の後村上天皇が「皇統を南朝に一本化しろ!」と主張するのに対して、直義は鎌倉時代末期の両統迭立(りょうとうてつりつ)を主張したため、交渉は平行線のままで、1351年5月に両者の交渉は決裂します。一時は、協力関係にあった直義と南朝の関係は完全に冷え切ってしまいました。

両統迭立とは?わかりやすく紹介!【大覚寺統と持明院統に分かれた理由を探る】
【両統迭立のきっかけを作った後嵯峨天皇】 今回は、鎌倉時代後期から始まった天皇家の分断である両統迭立(りょうとうてつりつ)について紹介します。 両統迭立とは「一国の世襲君主の家系が2つに分裂し、それぞれの家系から交互に君主を即位させている状態」を言います。 鎌倉時代の後期になると皇統が2つに分かれ両統...

 

 

そして、この南朝と直義の関係悪化をチャンスと捉えたのが足利尊氏でした。1351年8月、尊氏は南朝に対してこんな講和を持ちかけます。この時の条件はかなり太っ腹で、

1 皇統は南朝に一本化する。
2 南朝は足利尊氏の追討宣旨を出す。

 

というものでした。こんな良い条件を南朝が蹴るわけがなく、交渉は成立。こうして、一時的ですが皇統が南朝に統一されることになります。この一時的な南北朝の統一のことを正平一統(しょうへいいっとう)と言います。

 

 

尊氏としても2番は、南朝と直義の関係を完全に断ち切り、かつ、南朝の勢力を味方に引き入れる一石二鳥の名案でした。

 

 

ただ、2番の直義追討の条件は尊氏自身は乗り気ではなかったとも言われています。というのも、元々、尊氏は弟の直義を強く信頼していたし、直義と戦う個人的な理由はなかったからです。観応の擾乱の際も、直冬の一件以外ではそれほど積極的な動きを見せていないのもその証拠の1つだと思います。それでも講和条件に入ったのは直義を嫌っていた足利義詮や近臣たちの意見が大きかったのだと言うのが個人的な見解です。(そもそも、正平一統自体も尊氏の腹心だった佐々木道誉という人物の画策なんじゃないかとも言われている)

 

 

こうして、直義と南朝の関係を絶った万全な状態で尊氏は1451年11月に鎌倉に向けて出陣していたわけです。

 

 

ちなみに、この南朝による皇統統一により北朝は南朝からフルボッコにされてしまいます。尊氏と南朝の講和は見方を変えれば、「尊氏が北朝を切り捨てた」とも言えるかもしれません。尊氏は、最初から南朝との講和を破棄する予定であり、北朝を見捨てる気はなかった・・・という説もあります。実際に正平一統は、一年も持たずに破局しているので、どちらが正しいかは謎に包まれています。

観応の擾乱の後

直義が亡くなることで観応の擾乱は終結しますが、観応の擾乱は次の2つの問題を残すことになります。

 

九州の足利直冬が直義の後継者として健在していた。

 

北朝VS南朝の争いが再び始まる。しかも、観応の擾乱を通じて幕府内の争いで不利に立ったら南朝に寝返れば良いことがわかったので、それをみんな真似するようになったため、争いは複雑化した。

直冬問題、南北朝問題、そして幕府内闘争の3点について対応することが、晩年の足利尊氏、そして二代目将軍となる足利義詮の仕事になっていきます。このうち、南北朝問題・幕府内闘争については、三代目将軍の足利義満の時代まで解決を待たねばなりません。

まとめ

以上、観応の擾乱についてまとめてみました。(後半部分は少し端折ったけど)

箇条書きで整理すると

観応の擾乱は、そもそもは高師直と足利直義による争い。尊氏は日和見だった。
師直も直義も全国に派閥を持っていたので、両者の対立は全国に拡大。序盤は機内では師直派、地方では直義派が優位に戦っていた。
直義が南朝に下ったことで、観応の擾乱は南北朝問題を包含する事件に発展。
足利直冬が九州で挙兵したことで尊氏も日和見できなくなり、将軍家の庶子・嫡子争いに発展
高師直が亡くなっても、恩賞問題や義詮と直義の関係悪化により戦いは終わらず。最終的に直義が亡くなることでようやく戦乱は静まった。

 

高師直が亡くなるまでを観応の擾乱の前半戦、その後の尊氏VS直義を後半戦として整理すると考えやすいと思います。

 

 

この戦いの非常に複雑なところは、尊氏と直義自体には戦う理由がないのになぜか後半戦になると両者が戦っているという点です。本当に謎で、私も実は良くわかっていません(汗

 

 

多分、尊氏も直義も本心は戦いたくなかったのだと思います。高師直のクーデターの時に直義が兄の尊氏邸に匿われたことや、高師直が亡くなった後、勝者のはずの直義が尊氏の権限を奪っていないことはその現れなんじゃないかと思うわけです。

 

 

それでも争ったのは、以下のような政治的な理由で戦わざるを得ない状況に追い込まれていたからだと思われます。

尊氏にとっては許すことのできない庶子の直冬が直義派だった。
嫡男の義詮が、直義のことを疎ましく思っていた。

また、薩埵峠の戦いでの直義の消極的な姿勢も指摘されています。実際のところ高師直死後、直義としても尊氏と戦う積極的な理由はなかっただろうと思われます。

 

 

他にも、直義は幽閉先で尊氏によって毒殺されたという説もありますが、私はそれはないんじゃないかなーと思ってます。仮に毒殺したとしても、それは尊氏の意志ではなく義詮や近臣の意向であり、尊氏が自ら毒殺を望むことはなかったはず。

 

 

仲の良かった兄弟が、気付いてみれば全国を巻き込んだ大戦乱を繰り広げるようになるんだけど、なぜか両軍のトップはそれほど戦いに乗り気ではないという意味不明な展開が現実に起こっているのが観応の擾乱です。

 

 

「事実は小説より奇なり」という言葉がありますが、観応の擾乱をテーマに尊氏と直義の心境を描いた創作物とか作ったら面白い物語ができそうだなーとふと思うのでした。(誰か作って)

 

 

この記事の内容は以下の2つの書籍を読んで書いています。観応の擾乱の詳細については諸説ありますが、以下の2冊を読んでおけば、バッチリ把握できるはず。日本の歴史で全体の時代背景を抑えて、観応の擾乱で詳細な経過を読み解く感じです。

コメント