半済令とは?簡単にわかりやすく解説するよ!守護「兵糧米必要だから年貢の半分は俺がいただくぞ」

今回は、室町幕府が定めた半済令(はんぜいれい)と言う法律について紹介します。

 

 

半済令は手元にある教科書では、こんな風に紹介されています。

 

軍費調達のために守護に一国内の荘園や公領の年貢の半分を徴発する権利を認めたもの

 

うーん、初見だと意味不明ですね。というわけで知識0でもある程度わかるよう、半済令について解説してみようと思います。

スポンサーリンク

初めて半済令が発布された1352年当時の日本

室町幕府が最初に半済令を発布したのは1352年だったと言われています。

 

 

この1352年と言うのは、ちょうど観応の擾乱が終わり、南北朝の争いが第二ラウンドに入ろうとしていた頃でした。

 

 

観応の擾乱は、足利尊氏(たかうじ)VS直義(ただよし)の兄弟争いに南朝VS北朝の構図が加わった複雑な内乱です。1349年〜1352年の3年にわたって全国を巻き込みました。

 

 

1352年1月に足利直義が亡くなると観応の擾乱は終結しますが、直義軍の残党と南朝が離散集合しながらその後も室町幕府の倒幕を試みます。

 

 

観応の擾乱については以下の記事で詳しく解説していますので、気になる方は合わせて読んでみてください。

誰でもわかるよ!観応の擾乱を簡単にわかりやすく解説してみた【足利尊氏・直義の実に不思議な兄弟喧嘩】
今回は、1349年に起こった観応の擾乱(かんのうのじょうらん)について解説します。 観応の擾乱はその経過が非常に複雑なことで有名ですが、大まかな概要であれば、当時の時代背景を知っていればしっかりと理解することが...

 

全国を巻き込んだ上に3年の内乱が続いた後のさらなる戦いです。この戦争を継続するには、兎にも角にも食料が必要。そこで幕府から出されたのが半済令でした。

 

 

戦時中に限り、本来なら荘園領主に納めるべき年貢の半分を特例的に守護(しゅご)が徴収して良い・・・と言うのが半済令の内容でした。もっと簡単に言うと「戦時中なら、戦地を任されている守護はその国の荘園の年貢の半分を奪ってOK」ってことです。半済令は戦乱の中心地だった畿内を中心に発令されていきます。

 

 

土地(荘園)の持ち主は収穫物を勝手に奪われるわけですから、もちろんこれに反対します。特に多くの土地を持っていた公家や寺社などは強く反発しました。

 

 

ここまでの話は比較的シンプルです。1352年に法律として発布された半済令ですが、実は以前から似たようなことは行われていました。1339年、新田義貞死後の残党軍鎮圧のため、斯波高経(しばたかつね)と言う人物が地元の荘園に対して兵糧米の徴収をしているという記録があります。

南北朝時代の主人公!新田義貞を徹底紹介してみる【その生涯、性格や足利尊氏との因縁の関係を探る】
今回は、鎌倉幕府滅亡の立役者である新田義貞(にったよしさだ)について紹介します。 新田義貞は、鎌倉時代末期〜南北朝時代に活躍した人物。同時期に楠木正成や足利尊氏という有名人がいるので影の薄い存在ですが、新田義貞...

 

そもそも現地で食料を確保できなければ戦はできないわけで、斯波高経に限らず他の地方でも1352年以前から同様のことが行われていたものと思われます。(遠征軍が派遣された場所は特に)

 

年貢の一部を兵糧米とすることは以前から行われていたことを踏まえると、半済令の大事なポイントは「年貢の半分を守護に納めさせること」ではなく、それを幕府が公式に認めた点にあります。

スポンサーリンク

変化する半済令

1355年以降、「兵糧米を確保する」と言う目的の半済令に変化が見られます。

 

同じ半済令でも守護の狼藉を禁止するような内容が増えていき・・・

 

戦いが終わったにも関わらず、年貢の半分を奪うのは禁止!
半済を認めている地域では、半分以上の年貢を奪い取るのは禁止!

 

と守護の暴走を止めるような規定が登場するようになります。

 

 

この規定の意味するところは、守護が「戦時中に限る」という半済令のルールを破り、地域の年貢や土地を強引に奪っていたという事実です。

 

 

室町幕府は北朝との協調路線を敷いており、北朝公家たちの荘園が守護に侵略されるのを無視することはできませんでした。それに加え、地味ながら強い力を持っている寺社勢力にも気を遣う必要がありました。こうした公家・寺社を保護することがこの半済令の目的でした。同じ半済令でも当初とはだいぶ違う中身になっているのが分かると思います。

 

 

しかし、南北朝時代の長い戦乱を通じて強い軍事力を手に入れた守護たちはもはや幕府の言うことにすら反発したり無視をするようになり、この半済令は実行力に乏しいものでした。

スポンサーリンク

「ずっと年貢の半分貰ってもええで」応安の半済令

少し経過した1368年(応安1年)、応安の半済令という画期的な半済令が出されました。

 

簡単に言うと

 

戦時中じゃなくても年貢の半分を守護が徴収することは認める。ただし、決められた以上の侵略行為は絶対に許さん。そして、半分にするのは「年貢」じゃなくて「土地」そのものにする。だから、守護は税金もキッチリと半分納めろよな。

と言う内容。大きなポイントは「戦時中に限る」だった半済令が恒久的な制度に変わっている点です。こうして守護が国の税金を納める仕組みが公式に確立して、守護は後に一国の主人となる戦国大名へと変化していきます。

 

 

半分の土地を守護に奪われることを既成事実化した法令にも関わらず、応永の半済令は寺社・公家らの荘園領主からは歓迎されたと言われています。これが意味することは半分を認められたのを喜ぶほどに守護の荘園侵略が過激だったということです。

 

 

と言った感じで、最初は戦争のための応急処置だった半済令は、次第に守護の越権行為を抑えるための法令に変わり、最終的には守護の越権行為を半ば認める法令に変化してしまいます。

 

 

この半済令の変化は、室町幕府が守護から舐められていることを意味しています。室町幕府はこの後、将軍が殺されたり(嘉吉の変)、権力者不在によって応仁の乱が起こったりと次第に戦国の時代へと突入していきますが、この半済令の内容の変化はそんな室町時代の不吉な先行きを暗示しているかのようです。

スポンサーリンク

まとめ

実は半済令の話は、源平合戦時の守護・地頭の設置の経過が非常によく似ています。何が似ているかと言うと戦時中限定だった制度が気づいてみると恒久的な制度に変わってしまっている点です。

 

 

違うのは、守護・地頭の設置は源頼朝が主導権を握って恒久的な制度へと移行させたのに対して、半済令は守護の勢いに押し切られて苦肉の策でなし崩し的に恒久的な制度にしてしまった点です。(どっちが良い悪いという話ではありません。)というわけで守護・地頭の話も知っておくと、理解が捗るかもしれません。

鎌倉幕府の守護・地頭を簡単にわかりやすく解説する!
今回は、鎌倉幕府に源頼朝によって配置された「守護」「地頭」という役職について知識0でもわかるように紹介していきます。 教科書的に言えば、 地頭:各国の年貢徴収や土地管理の責任者。 守護:国の治安維持を行...

 

守護・地頭に関連した話でいうと、半済令によって守護に徴税権限が与えられると、役割が被っている地頭は力を失い、次第にその存在は消えてゆきます。地頭の多くは地元の有力者となり、守護と結びついたり、一方では守護の支配に反発したり、地方で力を強めることになります。(これを国人と呼んだりもする)

 

 

半済令をまとめると

最初は戦時中の兵糧米を確保するための制度だったのに、守護の職権乱用で守護が土地の半分から徴税できる恒久的な制度に変わった。
室町幕府は、守護の暴走を止めようとしたけど戦乱を通じて力を得た守護を止めることはできなかった。(室町幕府の力が相対的に弱かった!)
一国の徴税権を手に入れた守護は、次第にその国の主人のように振る舞うようになり、後の戦国大名へと進化していった。



室町時代
もぐたろうをフォローする
この記事を書いた人
もぐたろう

薄給サラリーマン。まなれきドットコムを運営しています。
趣味はブログ・プログラミング・投資。

もぐたろうをフォローする
まなれきドットコム

コメント