現代日本の原点となった壬申の乱。なぜ壬申の乱は起こったのか

Fuwanoseki

前回は、日本が白村江の戦いでフルボッコにされた話をしました。

敗戦後、唐・新羅の侵略に怯える日々が始まりました。日本史上最大級の国家危機を迎え、日本ではどのような対応が採られたのか。それを少し見て、有名な壬申の乱の話へ進みます。

壬申の乱は、その後の日本の歴史を決定づけた超重要な乱です。でも、意外と知っている人は少ないのではないでしょうか?

ぜひこの記事を読んで壬申の乱のことを知っていただければと思います。

天智天皇、苦難の敗戦処理

さらっと説明します!4点あります。おおむね663年~670年のお話になります。

防人(さきもり)の配置

唐が船で攻めてきた場合、一番船を着港しやすいのが今でいう博多湾でした。

日本としても博多湾の防衛に力を入れなければなりません。そこで、行ったのが防人の派遣です。

防衛には、現地(九州)の人だけでは足りないので、東国(今でいう東京や静岡)からも人を派遣させました。いつ帰れるかわからない単身赴任の始まりです

急な決定に、多くのお父さんたちが悲しみました。万葉集には、妻子との別れを嘆く歌が数多く残されています

統治の一元化に向けて -日本初の本格的な戸籍-

外国に対抗するには、日本が一致団結しないといけません。そのためには、昔の蘇我氏のように豪族たちに勝手放題されては困るわけですね。状況は、明治維新の状況と似ています。

そこで、作られたのが戸籍!庚午年籍(こうごねんじゃく)といいます。日本初の戸籍です。人々の年齢構成・家族などを把握し、日本が動員できる兵力や租税を知るために庚午年籍が作られたのです。

敗戦国という逆境を生かして、聖徳太子時代から推し進めていた天皇をトップにした国づくりをさらに推進することに成功したのです。やはり天智天皇(中大兄皇子)は策士だと思います。

唐・新羅との関係修復

日本は、唐を直接攻撃したわけではなく、あくまで百済救済を目的に唐と戦いました。唐との戦争自体は目的ではないのです。

細かい話は省略しますが、唐は高句麗を滅ぼそうとしますが、高句麗が思いのほか強いので背後にある百済を先に潰してしまおうと考えていただけで、目的は百済滅亡ではなく高句麗にありました。

こんな両者の思惑が、唐と日本との関係修復を可能にし、直接対決を防ぐことができました。運がいいですね。とはいっても、日本は唐を簡単に信用はせず、関係修復後も防人の配置などを進めていきます。

都を防衛上有利な場所へ!近江宮への遷都

1thumbnail

防衛のため、都をより安全な場所へ遷都しました。上図で見てわかる通り、東には琵琶湖、西は山々が連なる(図では山がわかりにくいですが、この山々に比叡山延暦寺が建てられるです。)自然の要塞でした。

今までは、現代でいう大阪と奈良付近に都がつくられることが多かったのですが、近江宮はその前例を覆す大遷都でした。

これには反発の声も多く、天智天皇の政権は難しいかじ取りを強いられます。

白村江の戦いの敗戦により、これだけの大きい施策を展開しなければなりませんでした。その多くが民に負担を強いるものでした。

壬申の乱はなぜ起こったのか -皇位継承者争い-

tenzitenmu

(出典:wikipedia)

672年、天智天皇は逝去します。乙巳の変、大化の改新、白村江の戦い・その敗戦処理と波乱万丈な人生がその幕を閉じました。

ここで、飛鳥時代の恒例行事(?)の皇位継承問題は発生します。飛鳥時代は、皇位継承ルールが曖昧なため、皇位継承のつど争いが起こるというカオスな時代でした。

今回は、大海人皇子(天武天皇)VS大友皇子という構図です。この皇位継承争いが畿内全体を巻き込んだ一大合戦に発展してしまったのが壬申の乱なのです。

今までの皇位継承争いと違うのは、一族同士や皇族同士での争いの枠を越え、民衆をも巻き込んだ乱だったということです。

天智天皇は、当初、大海人皇子を次期天皇にしようと考えていましたが、晩期になると大友皇子を次期天皇にしようと考えを改めたようです。大海人皇子と天智天皇は、何かが原因で仲違いすることになりますが、その理由はよくわかっていません。

こうして、天智天皇に裏切られた形の大海人皇子は、天智死後の翌年(663年)、大友皇子を倒すことを決意します。

天智天皇の謀略を見抜いた!?大海人皇子

繰り返しですが、天智天皇は次期天皇を最終的には大友皇子に定めていました。そこで、671年、老いぼれた天智天皇は大海人皇子を嵌めようと一策を講じます。

大海人皇子を寝床に呼び、こう話します。「お前に譲位し、今後のことを託したい

大友皇子を次期天皇候補と考えていた天智天皇が、あっさりと大海人皇子へと鞍替えしてしまう。この状況、明らかに違和感のあるものでした。それに天智天皇は、これまで様々な政敵を謀略に嵌め、排除してきた謀略のプロです。

(詳しくは天武天皇のライバル天智天皇、政争に強すぎワロタ【陰謀多すぎ】

ここで譲位を了承すると、天智天皇に裏切られた場合、大海人皇子は大友皇子から皇位簒奪を企てている危険人物であるという汚名を着せられることになります。

そこで、大海人皇子は譲位を拒否し、こう答えます。「自分は天皇になれる器ではない。ひとまず皇后(妻)を天皇にし、大友皇子を皇太子として次期天皇候補にするのが良かろう。私は、吉野へ出家しようと思います。

これに安堵したのか天智天皇は、吉野への出家を了承します。それを見たある人物は、「虎に翼を付けて野に放つようなものだ」と大海人皇子を監視の外に置くことの危険性を述べています。逆に天智天皇が大海人皇子に騙されたのかもしれませんね。

こうして、大海人皇子は吉野へ移動することになります。

いざ壬申の乱

zinshin1

天智天皇は672年に逝去します。近江宮では、新たな宮の建設に向けて、各地に使者を派遣し資材や人を集めていました。天智天皇の死後、大友皇子が弘文天皇として即位し、政治を行っていました。(大友皇子は即位していないという説もあるが、政治の中心に大友皇子がいたのは確かなよう。)

(この頃は、天皇が代わりたびに都を造り直していました。詳しくは難波宮への遷都。古代日本人はなぜ遷都を繰り返すのか

そんな中、美濃・尾張では資材や人を集めるふりをして、人々に武器を持たせ、吉野にいる大海人皇子討伐が企てられている。という噂が大海人皇子の耳に入ります。

この話を聞き、遂に大海人皇子は武力行使を決意。売られた喧嘩は買ってやろうぜ!というわけです。

しかし、この話は天武天皇が自分の行為を正当化するための作り話であって、実際は大海人皇子が自ら積極的に出兵したという説もあります。どこかの記事で載せる予定ですが、これは日本書紀や古事記などの史料の作成過程に由来します。

このとき、大友皇子は25歳ぐらい。大海人皇子は、生まれが不明なので正確な年齢は不明ですが、少なくとも一回りぐらいは大友皇子よりも年上だったようです。

先手必勝!速すぎる大海人皇子の行動

行動を決めた後の大海人皇子の行動は非常に迅速でした。上図のルートをわずか4日で制覇します。

【672年6月22日】
美濃に使者を派遣し、不破で兵を集め、道を封鎖せよと命じます。上図のとおり、山々が連なる地域において、不破は東国と都を結ぶ超重要ルートだったのです。これは、上手く成功したようです。

【672年6月24日】
大海人皇子は、馬を借りようと駅家(うまや。官馬を借りる場所)へ行きますが拒否されます。大海人皇子の想像している以上に、大友皇子(弘文天皇)の監視は厳しいものでした。

これに危機感を感じた大海人皇子は、馬も借りずに、妻子を連れて吉野を飛び出します。護衛もほとんどなく10名程度での出発だったようです。敵に襲われたらまず勝てません。そんな命がけの状態で大海人皇子は吉野を発つのです。

【672年6月27日】

無時に不破に到着します。出発してからたった4日です。しかも出発のときに10名程度だった大海人皇子一同ですが、到着したときには数百の軍勢を引き連れていました。4日の間に各地で兵を集めることに成功したのです。

このように兵を集めることができたのは、最初に述べた天智天皇による国土防衛施策に多くの民が批判的な態度だったことや大友皇子よりも大海人皇子の方が血統的に優れていた(母の生まれが高いか低いか)ことが原因とあると考えられています。国土防衛施策のため苦しんでいた民にとって、大海人皇子は救世主に見えたことでしょう。

大海人皇子は、不破を拠点として東国からの挙兵を呼びかけます。防人の任務などに不満を持つ多くの兵が集まってきました。

一方の近江宮側でも「大海人皇子挙兵!不破に陣を構える!」との知らせが入り、兵を集めるため全国に使者を派遣します。

しかし、東国へ使者を派遣するには、必ず不破を通らなければなりませんが、大海人皇子が陣を構えているため、使者を派遣することができません。九州は唐・新羅の再来に備え、防人を多数配置していますが、「国土防衛が最優先であり、兵を弘文天皇に渡すことはできない」と援軍を拒否されてしまいます。

結局、兵を集められたのは畿内だけとなり、戦う前から弘文天皇サイドは不利な状況に立たされていました。これはすべて大海人皇子の迅速な行動により不破を奪取されたせいです。6月24日~27日の大海人皇子の強行軍が壬申の乱の勝敗を決したと言っても過言でないと思います。

決着へ

【672年7月2日~】
準備を整えた大海人皇子は、不破と吉野の東と南の2方面から近江宮へ進行を開始します。

南側では、最初は弘文天皇サイドが有利に戦を進めますが、大海人皇子が東国からの援軍を次々に送ったため、弘文天皇サイドは敗北し、大海人皇子は大和地方を制圧します。

一方の東側は、順調に兵を進めます。近江宮側でも軍を派遣しましたが、内紛が発生し派遣が中止されたせいです。弘文天皇の集めた畿内の兵たちは、有力豪族が多く団結力が足りなかったようです。

【672年7月23日】
弘文天皇の敗北が誰の目から見ても明らかとなり周りの人々は皆、弘文天皇の前から去ってしまいました。そして7月23日弘文天皇は自害します。

ここに、大海人皇子は壬申の乱の勝者となるのです。日本で最後の皇位簒奪クーデタの成功です。壬申の乱から現代に至るまで、皇位簒奪が起こることはありません。

当時、紙と文字が発達していれば、戦国時代のように多くの武将の活躍が後世に伝わったことでしょう。

 大海人皇子(天武天皇)の凄さ

壬申の乱の勝因は、大海人皇子の東国に着目し不破を抑えた的確な計画と護衛も連れずに不破へ向かった決断力、そして行く道々で現地の人を味方に付けていくカリスマ性にあります。

壬申の乱の後、大海人皇子は、飛鳥へ戻り天武天皇として即位します。そして、「天皇」・「日本」の制定、法律整備、古事記・日本書紀の制定、神道の形成、仏教振興などなどその後の日本の歴史ほぼすべてに影響を与えたと言っても過言でないほどの影響を後世に与えることになるのです。

天武天皇の時代、初めて日本と言う国名が付けられました。また、天皇と言う名称も天武天皇が名付けたと言われています。(これには諸説あります。)

さらに、現代に住む我々が特に直接的な影響を与えているのは、神道の形成や古事記の制定でしょう。天武天皇がいなければ、天照大神はそこまで崇められることもなく、伊勢神宮は現在まで存在しなかったかもしれません。

次は壬申の乱の後に開始された天武天皇の数々の偉業について説明していきます。

【次回】

今回は壬申の乱の勝者で有名な天武天皇について紹介します。天武天皇は、その後の日本の将来に大きな影響を与えた様々な大事業を実施...

【前回】

http://manareki.com/tenziemp

楽しく学ぶわかりやすい日本の歴史講座一覧へ戻る

スポンサーリンク

こちらの記事もオススメです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする