大化の改新(乙巳の変)の目的と理由をわかりやすく【中臣鎌足と中大兄皇子の出会い】1/2

ikaku

聖徳太子亡き後、時代は大きな転換期を迎えます。有名な大化の改新です。今日では、乙巳(いっし)の変と言うのが主流なようです。

乙巳の変は、教科書的な表現をすれば、「中大兄皇子と中臣鎌足が、蘇我蝦夷・入鹿親子を討った事件」となりますが、これだとなんのことだかよくわかりません。

ここでは、乙巳の変についてわかりやすく解説していきたいと思います。

みなさんが昔学んだ大化の改新(乙巳の変)、この記事を読めば「実は○○だったんだ~」とすんなりわかると思いますよ♪

スポンサーリンク

舒明天皇の後継者は誰だ!?

sogakeizu6

上図の赤字の人たちが、乙巳の変の主役たちです。(これに中臣鎌足を+α!)

まずは、乙巳の変が起こる前の状況を説明していきます。

舒明天皇亡き後、蘇我蝦夷・入鹿親子は、舒明天皇の息子の古人大兄皇子を次期天皇にしようと考えていました

当初、蘇我家の血を引く聖徳太子を次期天皇候補として重要視していたのですが、聖徳太子の息子の山背大兄皇子の世代になると、だんだん蘇我蝦夷・入鹿親子と山背大兄皇子の仲が悪くなります。(詳細を知りたい方は、聖徳太子物語最終話をどうぞ~)

そのため、蘇我氏は舒明天皇と政略婚を行い、「聖徳太子の血筋はもう見切ったから。これからは、古人大兄皇子と親しくなるわ。だから山背大兄皇子はもう用なしっすー。」という山背大兄皇子への強いメッセージを発していました。

蘇我氏にそんな勝手なことできるの?と思う方もいるでしょう。それが、できてしまうんです。

推古天皇の頃には保たれていた天皇と蘇我氏のパワーバランスは、聡明なる推古天皇死後大きく蘇我氏に傾くこととなり、蘇我氏は天皇をも凌ぐような権力を有するようになっていたのです。要はやりたい放題ということです。

しかし、当時の次期天皇候補は、圧倒的に山背大兄皇子優勢でした。天皇候補であった聖徳太子の息子であり、古人大兄皇子よりも年上だからです。

蘇我蝦夷・入鹿親子としても、世論を無視して古人大兄皇子を即位させることは、多くの人を敵に回す行為であるので避けたいところでした。

そこで、蝦夷・入鹿親子は考えました。「古人大兄皇子を今すぐ即位させるのは無理だ。かといって、山背大兄皇子にも即位してほしくないから、中継として別の人を天皇として擁立させちゃえ!」

実はこれデジャヴなんです。推古天皇のときも、蘇我馬子が全く同じことを考えていました。(もっと知りたい方は、聖徳太子物語第1話に詳しいです)

こうして生まれたのが、女帝の皇極天皇です。642年の話です。蘇我氏の思い通りの展開。蘇我氏強すぎますね・・・。

皇極天皇は、蘇我蝦夷・入鹿親子を重宝します。皇極天皇は即位の経過も踏まえると、蘇我氏の操り人形(傀儡)状態だったんじゃないかなぁと思います。現に、権力は次第に私物化されていきました。

そして、皇極天皇即位の後、山背大兄皇子は蘇我入鹿により排除され、聖徳太子の血統は途絶えることになるのです。(聖徳太子物語最終話でも少し触れました。)

このような、蘇我氏の独裁体制に次第に人々は反感を強めていきます。

 中臣鎌足と中大兄皇子、胸キュンすぎる運命の出会い

Fujiwara-Kamatari

蘇我氏への反感が高まっていくなか、一人の勇敢な男がいました。中臣鎌足(なかとみのかまたり)です。(上図は、中臣鎌足。髭が立派!!)

中臣氏は代々、祭官として朝廷での祭事を司っていましたが、それが嫌でしばらく引きこもり生活を続けます。中臣鎌足は、中国の史書に強い興味を示し、多くの書を読み、儒教も学びました。なかなかの秀才だったようです。

おそらく、史書から多くを学んだ鎌足は、家業を嫌い、今でいう政治家を志していたものと私は思っています。儒教を学んだ秀才といえば、やはり目指すは政治家でしょう。しかも、政治が腐敗していた時期です。熱い情熱があったに違いありません。

そんな熱い男、中臣鎌足は、打倒蘇我氏を目指すべく、良きパートナーを探していました。

良きパートナーには、蘇我氏を排除した後、天皇になりえそうな皇族出身の者が必要でした。蘇我氏を排除するには、蘇我氏を重宝している皇極天皇も排除しなければならないからです。

日本は、昔から血筋を大事にする社会です。中臣鎌足としても「俺が天皇になってやらぁ!」という発想はなく、血を持つ別の者を擁立させようという発想でした。

そんな中、中臣鎌足は中大兄皇子と出会います。

靴が飛んでいったら、靴の目の前に中臣鎌足がいた

ある日、中大兄皇子と中臣鎌足は、偶然にも一緒に蹴鞠(けまり)をしていました。

モブキャラA「おーい、みんなで蹴鞠やろうぜー」

中大兄皇子「やるやるー」

モブキャラB「もう一人足りないなー、鎌足も難しい本ばっか読んでないで蹴鞠やろうぜー」

中臣鎌足「しょうがないなぁ・・・パタッ(本を閉じる音)」

【上は妄想です。】

ある時、中大兄皇子が鞠を蹴ると一緒に靴が脱げてしまいました。靴が飛んで行った先は、中臣鎌足のところ。中臣鎌足は、跪いて靴を中大兄皇子に差し出します。

この瞬間、中臣鎌足は運命的な何かを感じました。「中大兄皇子となら一緒に大化の改新ができちゃいそう!」

この蹴鞠が縁で、二人は仲良くなり、周りに隠れながら蘇我氏打倒の計画を練り始めるのでした。

これだけでは人が足りません。確実に蘇我氏を倒すために次に必要になってくるのは、情報です。蘇我氏の情報を色々とリークしてくれる人物が必要でした。

蘇我氏と言っても、一族みんな仲良しなわけではありません。そこで二人が目を付けたのが、蘇我倉山田石川麻呂(そがくらのやまだいしかわまろ)という人物でした。ちなみに「蘇我倉山田石川」が姓で、名が「麻呂」のようです。

敵の中に味方を見つける、中臣鎌足はなかなかの策士だと私は思います!

次は、遂に乙巳の変!!

次:大化の改新(乙巳の変)はなぜ起こったのか。その目的と内容とは。2/2
前:聖徳太子はなぜ有名?聖徳太子が有名な3つの理由【わかりやすい聖徳太子物語最終話】

楽しく学ぶわかりやすい日本の歴史講座一覧へ戻る

スポンサーリンク

こちらの記事もオススメです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする