菅原道真を簡単にわかりやすく紹介!【なぜ学問の神様に?どんな生涯だった?】

今回は、学問の神様として有名な菅原道真(すがわらのみちざね)の生涯を誰でもわかるように、かつ詳しく紹介してみようと思います。

 

菅原道真を学問の神様として崇めるのなら、菅原道真がどんな人物だったのか、どんな生涯を送ったのか、知っておいて損はないと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

菅原道真の家柄

菅原道真は、845年に生まれます。父は菅原是(すがわらのこれよし)と言います。

 

菅原家は代々学者の家柄。

 

当時の学問といえば、「儒教」や「漢学」が主でした。菅原家の学者ぶりはとても有名だったようで、菅原家は学者として代々有力者の下で働いていました。身分も決して低くなく、いわゆる「貴族」と呼ばれる高い身分でした。

 

794年に桓武天皇が平安京に遷都し、平安時代が始まると日本は、遣唐使を頻繁に派遣して唐との交流を深めます。

 

そんな中、日本では空前の漢学ブームが到来します。

 

809年に即位した嵯峨天皇は、特に漢文や漢学に傾倒し、書道にも通じた人物であり、唐から最先端の仏教思想である「密教」を持ってきた空海や最澄を支援したのも嵯峨天皇です。

 

そんな時代の流れの中で、漢学に詳しい優秀な菅原家は引っ張りだこ。

 

このような家柄、時代背景の中、菅原道真は生まれました。まさにイケイケの時代に生まれたわけです!

 

菅原道真の青年期

 

菅原道真は代々から続く学者の家柄にふさわしく、秀才として成長します。

 

菅原道真は、862年、18歳で文章生(もんじょうしょう)という、漢学を学ぶ学生となり大学寮で学びます。

 

数いる文章生の中で、特に優れた2名は文章得業生(もんじょうとくごうしょう)と呼ばれ、学者としての官僚の道が開かれます。

 

頭の良かった菅原道真は、867年に文章得業生に選ばれ、その後も次々と出世。

 

874年に従五位下(じゅごいのげ)という貴族の身分になり、877年には文章博士という学者としても高い身分をゲットします。ちなみに文章博士は、漢学を活かして貴族や天皇らに様々な助言や補佐をする役職です。

 

父や祖父など先代の功績や菅原道真自身の才もあって、菅原道真は順調に出世を重ねました。

 

菅原家は代々、私的な塾を運営しており、880年に父がなくなると菅原道真が塾の運営を継ぎました。

 

こうして公私共に多忙な日々を送ることになります。

2人の権力者、藤原良房と藤原基経

さて、菅原道真が青年期でバリバリ頑張っている頃、朝廷の中枢において絶大な権力を誇っていたのが皇族以外で初めて摂政の地位を得た藤原良房と、関白相当の地位についた藤原基経でした。

摂関政治をわかりやすく解説!【創始者の藤原良房と嘆きの文徳天皇】1/4
【藤原氏の初代摂政、藤原良房】 ※良房自身が「摂政」と呼ばれていたかどうかはわかっていませんが、役割的には摂政と同じことをしていたのでこの記事では摂政と呼ぶことにします。 藤原道長=摂関政治の考えは厳密には間違っている! 摂関政治。多くの人がその言葉を知っていると思います。そして、多くの人が摂関政治=藤原道長になっていると思います。

 

誰でもわかる摂関政治!関白と藤原基経【陽成天皇と光孝天皇】4/4
【日本初の関白となった藤原基経】 摂関政治をわかりやすく説明する!という目的の下、摂政という役職がなぜ生まれたのか?という点について数記事に渡り見てきました。 次は、関白という役職について見ていきます。 弱まる天皇の権力 866年、応天門の変の対応を行うことができず、すべてを摂政の藤原良房に任せてしまった清和天皇。

 

菅原道真は、そんな権力者やその周囲で行われる権謀術数を見ながら朝廷生活を送ることになります。

菅原道真と阿衡の紛議

平安京で順調に出世を重ねる菅原道真。886年になると讃岐国の受領に選ばれ、讃岐国へ赴くことになります。

 

文人として長い間活躍していた菅原道真は、讃岐国で重税や不正に苦しめられ疲弊する地方の人々に直に触れる機会を得ます。

 

菅原道真が讃岐に赴任中。朝廷では大きなイベントがいくつか起こりました。

宇多天皇の即位

887年、光孝天皇が崩御。次期天皇として宇多天皇が即位します。宇多天皇の即位は少々複雑です。当時、次期天皇候補として貞保(さだやす)親王という人物がいて、光孝天皇は貞保親王を思ってなのか息子たちの多くを臣籍降下(しんせきこうか。皇族を皇族以外の身分に落とすこと。)させてしまいます。

 

臣籍降下することで、ライバルを減らし貞保親王の皇位継承を円滑に行うとしたのでしょう。宇多天皇は、この時に臣籍降下させられた光孝天皇の息子の1人でした。臣籍降下した人物は源という姓を名乗ることが多くて、宇多天皇も源定省(さだみ)という名でした。

 

ところが、時の権力者、藤原基経は貞保親王が嫌いでした。というか貞保親王の母が嫌いでした。

 

おそらく、光孝天皇も藤原基経が貞保親王をよく思っていないのを知っていたのでしょう。光孝天皇は、臣籍降下までして貞保親王を後継者に定めたのに、藤原基経に気を使って最後まで後継者について断言することを避け、遺言も残しませんでした。

 

そして、それを察した藤原基経は光孝天皇が亡くなった後、こんなことを言います。

 

「亡くなった光孝天皇は、きっと臣籍降下させた源定省の即位を望んでるはずだ!!!」

 

いやいや、皇位継承の対象者から外すために臣籍降下したんですよね・・・?って言いたいですけど、みんなが公言できないのは関白の地位にあった藤原基経に圧倒的な権力があったから。

 

こんなグダグダな感じで、藤原基経主導で宇多天皇は即位しました。宇多天皇は、菅原道真の大出世を実現させた菅原道真のことを知るなら必ず登場する天皇です。詳しい話は後ほど。

 

宇多天皇即位の翌年の888年、有名?な阿衡の紛議というトラブルが起こります。

阿衡の紛議(あこうのふんぎ)

光孝天皇の時代に関白として絶大な権力を誇った藤原基経は、宇多天皇の治世でも同様の地位を望み、宇多天皇に「引き続きよろしくな!」とお願いをします。

 

そして宇多天皇は部下の橘広相(たちばなのひろみ)という人物に仕事を依頼します。「藤原基経を関白っぽい役職にしといてくれよな」。

 

が、蓋を開けて見ると、藤原基経に与えられた役職は「阿衡」という権限を持たない名誉職。

 

これに藤原基経が激怒。仕事をボイコットしてみんなを困らせ、居た堪れなくなった宇多天皇は、橘広相の誤りを認めざるを得ず、橘広相を左遷。そして、藤原基経の影響力の強さ、天皇の無力さを痛感し、ナーバスになってしまう・・・という事件。これが阿衡の紛議。

 

詳しくは以下の記事で解説してますので、参考にご覧ください。

誰でもわかる阿衡の紛議!わかりやすく解説!【宇多天皇と藤原基経の喧嘩話】
前回は、光孝天皇の時代に藤原基経が関白となった話をしました。 当時、関白という役職は、天皇が代わると新たに任命されなければなることができないと考えられていました。 光孝天皇が譲位し、新たに宇多天皇が即位したとき、実質的関白(関白という名称はこの時点ではない)であった藤原基経は、宇多天皇から改めて実質的関白として任を受けよう

 

その内容自体は正直くだらないと思うのですが、藤原基経の権力の強さとそれと反比例した天皇権力の弱体化を物語る象徴的な事件が阿衡の紛議事件なのでした。

 菅原道真と宇多天皇

讃岐にいた菅原道真は、朝廷で阿衡の役職について揉めていることを知り、「そんな不毛な議論意味ないから辞めろ!!」と進言するため平安京に戻ります。真面目で日本の政治に真摯に向き合っている菅原道真の様子が目に浮かびます。

 

阿衡は中国の役職を引用したもので、漢学に詳しい菅原道真も当然そこら辺の話には精通しているわけです。

 

菅原道真「阿衡は確かに権限のない役職だけどさ、橘広相も良かれと思ったわけだし、改めて藤原基経にちゃんとした権限を与える形にすればよくない?」

 

的な感じで橘広相を弁護。

 

宇多天皇は、この時の菅原道真の冷静で公平な対応を高く評価したようで、少し経ってから菅原道真を重用するようになります。

 

阿衡の紛議事件を通じて、天皇権力の無力さを痛感した宇多天皇は、政治から一定の距離を置くようになります。そして、朝廷内では孝光天皇時代と変わらず、藤原基経が政治の実権を握ります。

 

一方で、宇多天皇は阿衡の紛議によって昔の桓武天皇や聖武天皇のような天皇主導の政治を志すようにもなります。が、その気持ちは心の奥に秘めたまま。藤原基経との良好な関係維持に努めチャンスをうかがいます。(宇多天皇はおそらく藤原基経のことを嫌っていましたが、両者の対立が表面化することはありませんでした。)

 

すると、すぐにチャンスがやってきます。891年、藤原基経が亡くなったのです。藤原基経には、優秀な息子がいました。将来、菅原道真のライバルとなる藤原時平(ふじわらのときひら)です。

 

が、その藤原時平はまだ20才前後。老練だった藤原基経の後を継ぐのはまだ早い。宇多天皇はこの絶好のチャンスを見逃しません。

 

宇多天皇の摂関藤原氏対策

藤原基経が亡くなると宇多天皇は早速、摂関藤原氏対策を講じます。これまで心のうちに秘めていた天皇親政を実現しようと遂に動き始めたのです

 

宇多天皇が即位する前の平安京では、藤原良房、基経親子が天皇の外祖父として強大な権力を握っていました。宇多天皇は、天皇の外祖父の地位を摂関藤原氏が世襲化することを防ぐため、皇太子に藤原基経に縁のある者を嫁がせませんでした。

 

若き藤原時平はこれを良く思いませんが、この時点では何もできません。

 

次に、良房・基経と続いた摂関藤原氏と縁遠い者を朝廷の中枢に置く人事を行います。

 

この時に宇多天皇に抜擢されたのが菅原道真でした。菅原道真の頭脳と受領として地方統治に携わった実績が評価された形です。

 

893年、菅原道真は参議(さんぎ)と呼ばれる朝廷の最高幹部のポジションに付き、いよいよ政治の中枢に携わることになります。

 

菅原道真が、歴史の大舞台に登場するのもこの頃からです。

菅原道真と遣唐使の廃止

894年、朝廷は約50数年ぶりの遣唐使の派遣を決定します。最高責任者は菅原道真でした。唐について詳しい菅原道真はまさに適任と言ってよいでしょう。

 

ところが、遣唐使の派遣が決まってからわずか一ヶ月で遣唐使派遣の中止が決まります。派遣の中止を提案したのは、遣唐使の最高責任者だった菅原道真でした。

 

よく「894年に遣唐使が廃止された」って言われますが、894年に決定されたのは厳密には派遣の「一時中止」です。将来的に派遣を再開する可能性も残されていました。

 

ところが、その後、遣唐使の最高責任者だった菅原道真が政争に負け左遷。さらに907年に唐が滅んだことで遣唐使派遣の話は自然消滅してしまいます。

 

菅原道真が遣唐使の派遣を中止した明確な理由は今でもはっきりとわかっていませんが、十分に唐の文化を得た日本にとって、遣唐使の魅力が昔より薄れていたことは間違いなさそうです。結果的に菅原道真は、唐との国交を閉じた歴史的な場面の主役になったわけです。

 

遣唐使については以下の記事でも紹介しています。参考までに。

遣唐使廃止の理由とは?【菅原道真のすべてを解説!】2/3
お 今回は、「894(白紙)にしよう遣唐使廃止」というフレーズで有名な894年の遣唐使廃止について話をしようと思います。 実は遣唐使を廃止したちゃんとした理由はわかっていない いきなりですが、実は遣唐使が廃止されたはっきりした理由はよくわかっていません。 というか、学校で習う「白紙(894年)にしよう遣唐使廃止」という

菅原道真と藤原時平

ここから先の主役は3人います。宇多天皇・菅原道真・藤原時平の3人です

 

893年に菅原道真が参議になった当時、

  1. 宇多天皇:20歳前後
  2. 菅原道真:50歳前後
  3. 藤原時平:20歳前後

ぐらいの年齢でした。

 

宇多天皇の藤原時平封じも890年代後半になると少しずつほころびがでてきました。

 

宇多天皇の人事で選ばれた高官たちが次々と亡くなったり、職を辞したりしてしまったのです。897年6月になると遂に左大臣・右大臣が不在に。

 

右大臣の次に高い官位だった大納言が実質的な最高官位になるわけですが、この時の大納言が藤原時平だったのです。時平にしてみれば、これまでの雪辱を晴らす機会が訪れました。

 

ちょうどこの頃になると、宇多天皇は「もう俺、退位していいかな・・・」とネガティブモードに入りつつあり、信頼の厚かった菅原道真にも退位の相談をするほどでした。

 

宇多天皇の後ろ盾があってこそ今の地位に居られる菅原道真は当然、宇多天皇の退位に反対しますが、宇多天皇の決意は固く、897年7月に退位してしまいます。これも6月に時平が最高官位になったのと無関係ではないはずです。結局31歳の若さで、藤原時平と対立することもないままに宇多天皇の治世は終わってしまいます。

 

多分、宇多天皇は精神的に撃たれ弱い人だったんだと思います。藤原基経にフルボッコにされたトラウマが藤原時平が権力を握り始めたことで蘇ったのかもしれません。

 

 

その後、醍醐天皇が即位。宇多上皇は、菅原道真のバックアップに回り、時平との政争や実際の政治を全て菅原道真に丸投げしてしまいます。菅原道真も中々の苦労人です・・・。どうも若き宇多天皇は、頭脳明晰で老練な菅原道真に頼りきっていた節があります。

 

 

899年、醍醐天皇の治世下、藤原時平は左大臣、菅原道真が右大臣となります。

 

藤原時平は由緒ある家柄なのでわかりますが、学者身分の菅原道真が右大臣になるのはちょっと異常です。当然、これには宇多上皇の見えない圧力がありました。

 

「学者の身分のくせに右大臣とは偉そうな!」

 

菅原道真の右大臣就任には批判的な意見も多かったですが、宇多上皇の意思なのでなんともしようがありません。

 

 

ところが、899年10月、菅原道真をサポートしてくれるはずだった宇多上皇が突然出家。宇多上皇は、仏教にハマり次第に政治に関心を示さなくなり、この頃から菅原道真は朝廷内で孤立気味になります。

 

  1. 学者に過ぎない菅原道真の右大臣就任に否定的な意見が多い
  2. 菅原道真のバックに付いていた宇多上皇が出家した

 

これらを追い風と見た藤原時平は、899年を境に露骨な菅原道真外しの動きを始めます。

 

菅原道真も、朝廷内の空気が変わったのを感じ取っていましたが、宇多上皇が退いた今、菅原道真は無力でした。

 

こうやって経過を追ってみると、菅原道真が不憫でなりません。結局、菅原道真自身が何かをしたわけじゃなく、宇多天皇の定見のなさに振り回されているだけなんですよね・・・。

菅原道真の左遷

901年、藤原時平は菅原道真外しの最後の一手を講じます。

 

藤原時平は、醍醐天皇にこう讒言しました。

 

なんか菅原道真が、醍醐天皇を譲位させて女婿(じょせい。娘の夫)である斉世親王を即位させようと企んでいるらしいよ。斉世親王が天皇になった後、斉世親王と道真の娘との間に男子でも生まれれば、菅原道真は天皇の外祖父に!!いやー、道真もなかなかの悪ですなぁ。しかも裏では宇多上皇も動いているとか。

 

このままだと醍醐天皇は廃帝されちゃうかもしれないね。事が起こる前に菅原道真を潰さないと醍醐天皇の身も危ないよ?早く対処しないと大変なことになるよ!!!!

 

こうして不安を煽られた醍醐天皇は、真偽を確認しないまま菅原道真の太宰府への左遷を決定。こうして、あっけなく菅原道真は失脚してしまうのです。

 

この讒言が、本当かどうかはわかりません。菅原道真の娘と宇多天皇の息子である斉世親王に婚姻関係があったことは事実ですが、おそらく道真に醍醐天皇廃帝の意図まではなかった・・・というのが定説です。

 

それに醍醐天皇が藤原時平の讒言を本当に信じたかもわかりません。醍醐天皇は、菅原道真を通じて色々と口出してくる宇多上皇を嫌っていた可能性もあるからです。そのため、藤原時平の讒言が菅原道眞の左遷理由ではなく、そもそも時平と醍醐天皇は裏で組んでいて時平の密告が嘘だと知りながら意図的に菅原道真を左遷させたという説もあるほど。

 

この噂を知った宇多上皇は、醍醐天皇に直接話を聞こうと伺いますが、藤原時平の計らいによりその門は閉ざされ、宇多上皇は醍醐天皇と会う事ができません。これは、宇多上皇の政治介入を完全阻止するための藤原時平の計画でした。

 

宇多上皇の後ろ盾を失った菅原道真はこうしてあっけなく、太宰府へ飛ばされてしまうのです。

 

ちなみに、左遷が決まった時に菅原道真が宇多上皇に送った歌がこれ。

 

流れ行く

われはみくづと

成りぬとも

君しがらみと

なりてとどめよ

 

訳すと「太宰府に流れる私は水屑となるとしても、どうかしがらみとなってこの流れをせきとめてください」と宇多上皇に左遷の撤廃を訴える悲痛な内容になっています。宇多上皇は菅原道真の梯子を外した張本人です。おそらく諦め半分でお願いしたのでしょう。

 

しかしこの時、宇多上皇に政治に対する意欲は既に失われており、醍醐天皇に面会拒否されたことで宇多上皇は菅原道真を見捨ててしまいます。

 

この一連の事件を昌泰(しょうたい)の変と呼びます。

菅原道真と太宰府

菅原道真は、太宰府において幽閉生活を送ることになります。この幽閉生活は菅原道真にとってかなり辛かったようで、菅原道真は自らの境遇を嘆いた歌も残しています。

 

そして、あれほど頼りにされていた宇多上皇からもなんの頼りもありません。むしろ、宇多上皇は藤原時平との良好な関係を保つようになり、菅原道真のことは忘れ去れてゆきます。政治的には時平と良好な関係を保つのは正しいのかもしれませんが、菅原道真にとってはこれほど理不尽なこともないでしょう。
903年、菅原道真は太宰府にて亡くなります。最後の最後まで平安京へ戻ることを望んでの無念の死でした。

 

一方で菅原道真は、太宰府に平安京の文化を持ち込み、多くの人がこれを喜んだとも言われています。菅原道真は梅の花が大好きでした。今の太宰府天満宮に梅の花がたくさんあるのは、太宰府の人々が菅原道真のことを好いてた証拠だと思います。

太宰府天満宮の歴史【太宰府へ左遷された菅原道真の生涯】
先日、福岡に行く機会があって、時間があったので太宰府天満宮へふら〜っと行ってきました。 今回は、太宰府天満宮を楽しむために知っておきたい歴史と見どころについてのお話をしようと思います。 太宰府天満宮は菅原道真を祀る神社 太宰府天満宮は、平安時代に生きた菅原道真(すがわらみちざね)という人物を祀った神社です。菅原道真は、平

菅原道真は日本三大怨霊の一人

菅原道真が左遷先の太宰府で無念の死を遂げた後、菅原道真を悲痛な目に合わせた人たちに次々と不幸な出来事が起こります。

 

909年:藤原時平が39歳で死亡

930年:清涼殿に落雷。数人の貴族が死亡。その中には左遷した菅原道真の管理役だった人物も含まれている。

930年:清涼殿落雷事件の後、醍醐天皇は体調を崩しそのまま崩御

 

当時の人々は、これらの出来事は全て菅原道真の祟りだと考え、菅原道真の怒りを鎮めようと神社を建てそこで菅原道真の怨霊を鎮めることにしました。この時建てられた神社が京都にある北野天満宮となります。また、菅原道真を天神と崇める天神様信仰が起こったのは、清涼殿落雷事件によるものです。

【菅原道真の怨霊によって清涼殿に落雷している様子】

 

菅原道真の怨霊信仰があったということは、当時の人々の多くは「菅原道真は無実だった」と考えていたことになります。昌泰の変は限りなく胡散臭い事件だったわけです。

怨霊って一体何なの?平安時代の怨霊事情【菅原道真・平将門・崇徳天皇】
【崇徳天皇が怨霊になったところ。左上ね】 今回は、怨霊についての話です。 怨霊とは、不遇の死を遂げた人物の霊魂をいい、人に災いをもたらすものとされています。 怨霊は、日本人にとってとても身近(?)な存在。最近はあまり見ないけどTVでは心霊写真特集をやっているし、肝試しは日本の夏の風物詩です。

菅原道真と学問の神様

怨霊や天神として恐れられた菅原道真ですが、平安時代が終わると人々の怨霊信仰ブームが冷めてゆきます。

 

さらに後世の人々に「菅原道真はとても頭の良い、可哀想な人!」というイメージが定着すると、怨霊という怖い部分のイメージが消えて次第に菅原道真は学問の神様として崇められるようになり現代に至っています。

 

今でこそ学問の神様と崇めれていますが、その信仰の起源は誰もが恐れる怨霊にあったというのは意外です。

菅原道真のまとめ

以上、菅原道真の生涯をまとめてみました。

 

自分で菅原道真の生涯をまとめてみて思ったのは、ただひたすらに「菅原道真、超かわいそう・・・」ってこと。( ;∀;) カナシイナー

 

政治的には菅原道真って特に何も失態を犯してないんですよね・・・。むしろ、当時も後世も政治家としても評判も高いです。

 

菅原道真の最大の誤算は、宇多天皇の定見のなさにあったのだろうと思います。

 

菅原道真の左遷の話も、一見すると「藤原時平は酷い!」と思うかもしれませんが、実はそうではないと思っています。

 

そもそも、時平と道真が対立することはずーっと前から明らかだったことであり、この政争自体はある意味必然の出来事だったと言えます。だからこそ、宇多天皇は菅原道真を藤原時平の対抗馬として利用しました。菅原道真が朝廷幹部で入られたのも宇多天皇の後ろ盾あってこそなんです。

 

それなのに、いざ時平と菅原道真が対立しそうになる頃には宇多天皇は出家し退位。しかも仏教にハマり政治に関心もなくなってしまいます。

 

こうして着ぐるみを剥がされたに等しい菅原道真は藤原時平にフルボッコにされ政争に負けてしまいます。個人的には、一番悪いのは宇多天皇(上皇)だと思っています。

 

時平と道真の対立も、菅原道真と宇多上皇が協力し全力を尽くした末での敗北であったなら、ここまで菅原道真の生涯が悲壮感漂うものにはなっていないと思います。

 

一方の宇多天皇も、藤原氏にコンプレックスを持ち、さらには臣籍降下した身でありながら天皇即位したことに劣等感みたいなものを感じていたかもしれません。そんな自己肯定感の低さが、菅原道真を翻弄した宇多天皇の定見のなさと無関係ではない・・・と考えると全部宇多天皇が悪い!とも言えません。政治は本当に難しい。

 

菅原道真を学問の神様として崇めるのなら、良くも悪くも宇多天皇に振り回され続けた菅原道真の生涯をぜひ知っていただければなと思います!

コメント