奈良時代

奈良時代

行基ってどんな人?そのエピソードや生涯をわかりやすく紹介【奈良の大仏と橋作って温泉も開いた伝説級ハイパー僧侶】

今回は、奈良時代に大活躍した行基(ぎょうき)について詳しく紹介してみたいと思います。 行基は、奈良時代について知ろうとすると必ず登場する人物であり、次の2つの功績により民衆やその後の日本の歴史に大きな影響を与えてきました。 ・飢えに苦しむ人々を助ける慈善事業や民の生活を支える公共事業を実施した日本史上でも屈指の社会事業...
奈良時代

防人とは?その役割とかを簡単にわかりやすく!【ブラックすぎる単身赴任の実態とは!?】

今回、飛鳥時代末期に置かれた九州北部警備隊「防人(さきもり)」について紹介してみたいと思います。 これからするお話は、古代日本で起こったとある超絶ブラック労働のお話。 実は防人は・・・、 強制単身赴任! 給料なし! 経費はもちろん自腹! というブラック要素が三拍子揃った鬼畜な仕事だったのです。 ...
奈良時代

奈良時代を簡単にわかりやすくまとめてみた【出来事・人物・特徴など】

奈良時代の記事を結構たくさん書いたので、今回は奈良時代をハイライトで簡単にわかりやすく整理してみることにします。 飛鳥時代から奈良時代へ 710年、都を平城京に遷都してから794年に平安京へ遷都するまでの時代を奈良時代と呼びますが、710年以前の日本(飛鳥時代)はどんな時代だったのでしょうか? 飛鳥時代の日本は、中国(隋・唐...
奈良時代

班田収授法とは?簡単にわかりやすく解説!【奈良時代の土地・税制度】

今回は、班田収授法(はんでんしゅうじゅのほう)について解説します。 飛鳥時代末期から始まった公地公民制。日本の軍事・財務の根幹を成す重要な制度の1つですが、公地公民制を支える最重要の仕組みが「戸籍」と今回紹介する「班田収授」でした。 班田収授法はいつから始まった? 歴史上に最初に班田収授の話が現れるのは、大化の改新の...
奈良時代

孝謙(称徳)天皇とは?孤独な女帝の生涯をわかりやすく紹介!【道鏡との禁断の恋とか】

今回は奈良時代末期の女帝、孝謙(こうけん)天皇・称徳(しょうとく)天皇について紹介します。2回天皇になっているので孝謙天皇と称徳天皇の2つの名前がありますが同一人物。 これはすごーく個人的な意見が入ってますけど、孝謙・称徳天皇の時代は奈良時代で最も狂気に満ちた時代。政治の腐敗化が進んでヤバイ感じです。 問題山積の孝謙天皇即位 749...
奈良時代

公地公民制とは?簡単にわかりやすく解説!【班田収授の始まり】

本を読んでいたら奈良時代の税制度が面白かったので、飛鳥時代末期〜奈良時代にかけて実施された公地公民制について紹介してみようと思います。受験生向きかもしれない! そもそも「公地公民」ってなんだ? 公地公民とはその言葉どおり、「土地も人も全て国(天皇)のもの」って意味です。 公地公民制とは「土地と人を国(天皇)が管理するための制...
奈良時代

淳仁天皇の生涯を簡単にわかりやすく紹介!【淡路廃帝の悲しき一生】

今回は奈良時代末期、天皇位を廃止され、淡路に流され謎の死を遂げた淳仁天皇(じゅんにんてんのう)について紹介します。 淳仁天皇は通史的には地味な存在ながら、安徳天皇や崇峻天皇と並ぶと悲劇的な生涯を終えた天皇の一人。なかなか波乱万丈な人生を歩みました。 複雑な淳仁天皇即位の背景 まずは淳仁天皇が即位した当時の政治情勢を。 ...
奈良時代

誰でもわかる藤原四兄弟!簡単にわかりやすく紹介!【長屋王の変や天然痘流行】

今回は、奈良時代初期に活躍した藤原四兄弟について紹介しようと思います。 藤原四兄弟とは次の4人の藤原氏兄弟の総称。 藤原武智麻呂(ふじわらのむちまろ)680年生まれ 藤原房前(ふじわらのふささき)681年生まれ 藤原宇合(ふじわらのうまかい)694年生まれ 藤原麻呂(ふじわらのまろ)695年生まれ 藤原...
奈良時代

聖武天皇ってどんな人?簡単にわかりやすく紹介【奈良の大仏と仏教のお話】

今回は、奈良の大仏を建立したことで有名な聖武天皇(しょうむてんのう)について紹介します。 奈良の大仏=聖武天皇、みたいなイメージがありますが、聖武天皇は大仏を建立しただけの人物ではありません。 「奈良の大仏を建てた聖武天皇」だけではなくて「天皇・政治家としての聖武天皇」みたいな側面も交えてその人物について迫...
奈良時代

吉備真備ってどんな人?功績や玄昉・橘諸兄との関係は?わかりやすく紹介

今回は、遣唐使として唐で学び、低い身分でありながらも朝廷の中枢で大活躍した吉備真備(きびのまきび)という人物について紹介します。 天才、吉備真備 吉備真備は旧姓、下道真備(しもつみちのまきび)と言い、決して身分の高い生まれではありません。695年生まれでした。当時の朝廷はたとえ低い官位であっても、官位を得るには家柄が重要になってくる時代でしたから...