わかりやすい日本の歴史講座

平安時代の税金事情【番外編】

荘園制度を超わかりやすく解説【脱税対策?返挙と里倉】2/2

前回は、戸籍が機能しなくなり、公地公民制が維持できなくなっていく様子を説明しました。 前回の記事はこちら 逃げる農民と、脱税を図る富豪者により税収は減る一方。国としては、公地公民制がどうこう言う以前に、とにかくどんな方法でもいいから税収を維持しなければなりません。 こうして、税収を増やしたい国と税を納めたくな
平安時代の税金事情【番外編】

荘園制度を超わかりやすく解説【浮浪人と公地公民制の崩壊】1/2

前回は、主に墾田永年私財法のお話でした。 ↓前回の記事 墾田永年私財法のおさらい 墾田永年私財法は、人々に自ら開墾した土地の私有を永遠に認めるという法律です。 当時の日本は、公地公民制と言われ、人々は国(天皇)から与えられた田地を耕して、そこから得られる稲から一定割合(おおむね3%)を租という税として納めていました。人
奈良時代

墾田永年私財法とは?簡単にわかりやすく解説【公地公民制の崩壊】

今回は、奈良時代の743年に施行された墾田永年私財法(こんでんえいねんしざいほう)について解説します。名前ぐらいは響きが良いので知っている人も多いのではないでしょうか 墾田永年私財法の前身、三世一身の法 722年、百万町歩開墾計画(ひゃくまんちょうふかいこんけいかく)っていう計画が出されます。 簡単に言うと「もっと金欲しいからみんな
平安時代の税金事情【番外編】

平安時代の農民が税金で苦しんだ理由とは【鬼畜すぎるその手口】

前回(日本の税の歴史!租・調・庸とは?日本の税の由来とは?)は、奈良時代(700年ごろ)から登場した租・調・庸(雑徭)について説明しました。 今回は、このうち「租」をピックアップしてみていきます。 租は、初稲儀礼という神への捧げものが起源とされている税ですが、これが次第に無機質な税へと変化してしまう様子を見ていきま
奈良時代

租、調、庸って何?簡単にわかりやすく解説!【奈良時代の税制度】

今回は主に飛鳥時代末期〜奈良時代に導入された租(そ)・調(ちょう)・庸(よう)という3つの税制度について解説したいと思います。学生の方は受験用に、大人の方は雑学としてぜひ。 祖・調・庸とは? 租・調・庸は、大国の唐を参考に作られた税制度。唐の制度をそのまま導入すると、日本に馴染まないため、唐の制度を日本風に改良したものが租・調・庸になりま
平安時代【前半】

菅原道真の左遷と学問の神様になった理由【昌泰の変】3/3

【怨霊となった菅原道真が朝廷を襲う様子】 さて、 菅原道真はなぜ左遷され祟りを起こしたか?超丁寧に解説する。1/3 遣唐使廃止の理由とは?【菅原道真のすべてを解説!】2/3 という2つの記事で菅原道真という人物について見ていきました。 今回は、菅原道真の話の中で一番気になる 「菅原道真って優
平安時代【前半】

遣唐使廃止の理由とは?【菅原道真のすべてを解説!】2/3

お 今回は、「894(白紙)にしよう遣唐使廃止」というフレーズで有名な894年の遣唐使廃止について話をしようと思います。 実は遣唐使を廃止したちゃんとした理由はわかっていない いきなりですが、実は遣唐使が廃止されたはっきりした理由はよくわかっていません。 というか、学校で習う「白紙(894年)にしよう遣唐使廃止」という
平安時代【前半】

菅原道真はなぜ左遷せさられ祟りを起こしたか?わかりやすく解説1/3

【菅原道真】 学問の神様で有名な菅原道真。 菅原道真はなぜ学問の神様と呼ばれるようになったのか? 実は、菅原道真は学問の神様と言われる一方で、日本3大怨霊としても有名です。 神様と怨霊。まるで正反対な呼ばれ方をされるミステリアスな人物こそが菅原道真なのです。そんな2面性を持つ菅原道真についてわかりやすく丁寧に解
平安時代【前半】

誰でもわかる阿衡の紛議!わかりやすく解説!【宇多天皇と藤原基経の喧嘩話】

前回は、光孝天皇の時代に藤原基経が関白となった話をしました。 当時、関白という役職は、天皇が代わると新たに任命されなければなることができないと考えられていました。 光孝天皇が譲位し、新たに宇多天皇が即位したとき、実質的関白(関白という名称はこの時点ではない)であった藤原基経は、宇多天皇から改めて実質的関白として任を受けよう
平安時代【前半】

誰でもわかる摂関政治!関白と藤原基経【陽成天皇と光孝天皇】4/4

【日本初の関白となった藤原基経】 摂関政治をわかりやすく説明する!という目的の下、摂政という役職がなぜ生まれたのか?という点について数記事に渡り見てきました。 次は、関白という役職について見ていきます。 弱まる天皇の権力 866年、応天門の変の対応を行うことができず、すべてを摂政の藤原良房に任せてしまった清和天皇。