使い終わった参考書・赤本をコスパ最強で売る方法はコチラ!

面白いほどわかる国造!簡単にわかりやすく解説します【伴造・屯倉との違い、氏姓制度との関係マスターしよう】

この記事は約5分で読めます。

今回は、古墳時代に登場する国造くにのみやつこという役職についてわかりやすく丁寧に解説していきます。

国造とは?【教科書風】

6世紀には地方豪族が国造に任じられ、その地方の支配権をヤマト政権から保証される一方、大王のもとにその子女を舎人とねり采女うねめとして出仕させたり、地方の特産物を中央に送ったりした。

さらには、大王が各地に持つ直轄領である屯倉みやけ、大王の支配下にある名代なしろ子代こしろと呼ばれ人々の管理を行い、時には軍事作戦にも参加するなどして、ヤマト政権に奉仕するようになった。

この記事を読んでわかること
  • なぜ国造という役職がつくられたの?
  • 国造はどんな仕事をしていたの?
  • 国造と伴造の違いって何?
スポンサーリンク

ヤマト政権から地方を任された国造

ヤマト政権は畿内を中心とした豪族たちの集まりです。

そして、ヤマト政権の規模が拡大するうちに、1つの問題が生まれます。

大王
大王

うーん。支配する地域が広がるのは良いことだけど、どうやって安定した統治をすればいいのだろう・・・。

そこで登場したのが国造です。

ヤマト政権は、各地の信頼できる一族たちと次のような約束をしました。

大王
大王

お前にその地方の支配権を与えよう。逆らう奴がいたらヤマト政権が全力でサポートする。

ただし、条件がある。支配権を与える代わりに、ヤマト政権に直接仕えてくれ。

地方の安定統治とか軍事とか、お願いしたいことが山ほどあるんだよ。

こうして、ヤマト政権と親密な関係を持つようになった地方の有力豪族のことを国造って言います。

国造の仕組みがいつ頃始まったのかは、実ははっきりとわかっておらず、諸説あります。(教科書では6世紀には国造が登場していたと書かれています。)

スポンサーリンク

国造に選ばれた人たち

ところで、国造にはどんな人が選ばれたのでしょうか。

条件としては大きく次の2つが考えられます。

考えられる2つの条件
  • ヤマト政権と友好関係にあるか、ヤマト政権の運営に携わっていること
  • その地方である程度の力を持っていること

ヤマト政権を裏切りそうな人は当然ダメ。力がない人も安心して任すことができないのでダメです。

こう考えていくと、候補になるのはヤマト政権に関与をしている地方の有力豪族に絞られてくるわけです。

「ヤマト政権に関与をしている」という点では、氏姓制度によってヤマト政権からかばねを与えられている一族が国造の最有力候補になります。

姓を与えられている一族はヤマト政権と強い結びつきがあるし、信頼性もありました。

姓には「おみむらじきみあたい」などがあって、ヒエラルキーが存在します。国造は、そのヒエラルキーと地域ごとの事情を踏まえながら任命が行われました。

スポンサーリンク

国造と伴造

国造と似た言葉に「伴造とものみやつこ」という言葉があります。この2つの言葉、とてもややこしいので補足説明しておきます。

伴造は、臣・連の姓を持つ有力豪族の下で部と呼ばれる人々の集団をまとめる中間管理職のこと。国造とは全くの別物です。

主に君・値・造の姓を持つ者が、伴造になっていました。

ややこしいのは、国造と伴造を兼任していた氏族もいたかもしれない・・・ってことです。

伴造はと呼ばれる人々をまとめるリーダーだったので、「リーダーだったらついでにその地域の国造になってよ!」ってケースもあったことでしょう。

そうすると、その氏族には3つの肩書きがあることになります。

あそこに住んでいる○○氏は、という姓を与えられている氏族で、伴造として部を束ねて、国造として地方統治をしているんだね!

という具合です。

例えば、佐藤さんという人がいて、会社では課長と呼ばれ家ではお父さんと呼ばれるのと同じイメージです。

スポンサーリンク

国造の仕事

国造のメインの仕事は、地方の豪族たちをまとめるリーダーの役割です。ヤマト政権のバックアップ(後ろ盾)を得て、地方の安定統治に努めました。(中には反乱を起こす国造もいましたが・・・)

そして国造は、地方を支配する代わりにヤマト政権に仕えます。

雑務をする舎人・采女を朝廷へ送り込んだり、貴重な特産品を朝廷に貢いだりしました。

さらに、大王が各地に所有している屯倉みやけと呼ばれる直轄領の管理を任されたり、大王が直接支配をしていた名代・子代と呼ばれる集団をまとめたりと、仕事は多岐に渡ります。

国造は、地方のボスとして君臨できる。

ヤマト政権は、地方の統治を国造に任せられる。

というwin-win関係の上に成り立っていたのが、国造とヤマト政権だったのです。

スポンサーリンク

国造、反乱を起こす

しかし、国造の仕組みも完璧ではありませんでした。

527年、筑紫国つくしのくに(今の福岡県付近)の国造だった磐井いわい氏が大反乱を起こします。

この反乱は鎮圧されますが、この反乱の後、各地で大王の直轄領である屯倉の設置が増えていきます。

大王
大王

国造だけに地方を任せるのは不安だから、屯倉を各地に増やして地方の監視を強化するぞ。

屯倉には大王の息のかかった人物を地方へ送り込み、国造の地方統治を監視しました。(中央から屯倉に送られた人物は、飛鳥時代以降に登場する国司こくしへと繋がっていきます)

このような試行錯誤を繰り返しながら、ヤマト政権は屯倉と国造を中心に、拡大する支配地の統治を行っていたのです。



古墳時代
もぐたろうをフォローする
この記事を書いた人
もぐたろう

教育系歴史ブロガー。
WEBメディアを通じて教育の世界に一石を投じていきます。

もぐたろうをフォローする
まなれきドットコム

コメント