面白いほどわかる日本史講座

飛鳥時代

聖徳太子は何をした?聖徳太子誕生の裏話。【わかりやすい聖徳太子物語第1話】

聖徳太子は、その人物像のみをピックアップして語られる機会が多いです。しかし、ピックアップしすぎてしまうと、「聖徳太子は○○をしたんだ!」ということはわかっても「なぜ○○をしたのだろう?」という点がわからなくなりがちです。 ...
2017.08.12
古墳時代

丁未の乱とは?蘇我馬子と物部守屋の対立をわかりやすく【崇仏論争の結末】

蘇我稲目と物部尾輿の間で起こった仏教や政治をめぐる対立は、次世代に引き継がれ、次はそれぞれの息子だった蘇我馬子と物部守屋が対立することになります。 蘇我馬子と物部守屋との対立は、587年に起こる丁未の乱にまで発展し、蘇...
2017.08.27
古墳時代

崇仏争論とは?蘇我稲目と物部尾輿の対立をわかりやすく【欽明天皇の時代】

前回は、仏教が日本に伝来した話をしました。 日本に伝来した仏教ですが、実はすんなりと受け入れられることはありませんでした。仏教推進派と仏教反対派の2つの派閥が出来上がり、激しい対立が始まったからです。これが宗教...
2017.08.27
古墳時代

なぜ日本に仏教が伝来したのか!?その秘話に迫る

前回は雄略天皇の話をしました。雄略天皇は、武力を背景に倭国を統一しつつありました。 時代は進み、500年~600年の話へ移ります。この時代の一大イベントといえば、日本への仏教伝来です。 もし日本へ...
2016.03.15
古墳時代

日本人のほとんどが知らない古墳時代の偉人。雄略天皇

雄略天皇は古事記に登場する天皇であり、大陸の史料で倭の5王と呼ばれていた讃、珍、斉、興、武のうち最後の武が雄略天皇と言われています。時期はおおむね500年前後になります。当時は天皇号は使われていませんでしたが、便宜上、雄略天...
2016.03.15
古墳時代

混迷の朝鮮半島。百済・新羅・高句麗

古墳時代は謎に包まれているという話を前回しました。そんな古墳時代をもっとじっくり見ていきたいと思います。 時代的には主に400年~500年の間になります。史料の乏しいいわゆる「空白の4世紀」についてはカットせざ...
2016.03.15
古墳時代

古墳と邪馬台国の関係知ってる?【三角縁神獣鏡と卑弥呼の謎】

古墳といえば、その大きさと前方後円墳と呼ばれる鍵穴のような独特の形を連想される方が多いのではないかと思います。 今回は、そんな古墳から歴史を読み解いていこうと思います。実は、古墳を読み解くということは、邪馬台国...
2016.03.16
弥生時代

謎の多い卑弥呼と邪馬台国

前回は、大陸との朝貢関係が日本に形成されはじめた巨大集落(国っぽいもの)に重要な役割を果たしていたというお話をしました。 今回は、卑弥呼と邪馬台国という今でも謎の多い2つのキーワードが中心になります。 卑...
2016.03.15
弥生時代

もう1つの戦国時代 ~集落から国へ~

弥生時代は、みんなで仲良く稲作~♪ってイメージが強いですが、戦国時代にも劣らない過酷な争いの時代でした。 環濠(壕)集落の形成 理由やルーツは、諸説あるようですが、利用はどうあれ、弥生時代になると環濠集落が目立ちます。 ...
2016.03.15
弥生時代

意外と知られていない稲作伝来の裏話

わかりやすい日本史講座の連載を開始します。 この講座ではそれぞれの出来事のつながり・関連性を重視しながら、日本史について解説していきたいと思います。つながり・関連性を重視するのは、歴史は「現在」「未来」へと連続...
2016.03.15