mogutaro

平安時代【源平合戦(治承・寿永の乱)】

平重盛はどんな人?わかりやすく紹介!【平家物語の名言や系図などを交えて】

今回は、平清盛の嫡男で平家棟梁でもあった平重盛(しげもり)について紹介します。 平重盛は文武両道の優秀な人物であり、かなりの人格者でもありました。武士・貴族両方から信頼される存在で、まさに平清盛の後継者に相応しいエリートな人間でしたが、その生涯、特に晩年はかなり悲惨な生涯でした・・・。 晩年の平重盛は、自ら「早く死んでしま
平安時代【源平合戦(治承・寿永の乱)】

木曽義仲ってどんな人?わかりやすく紹介【性格や巴御前との関係など】

今回は、源平合戦の主役の1人であり、短命ながらも激動の生涯を送った木曽義仲(きそよしなか)という人物について紹介したいと思います。 木曽義仲の生い立ち 木曽義仲は、乳飲み子の頃から波乱万丈な人生を送ることになります。木曽義仲が2歳の時、父を殺され、木曽義仲自身も命を狙われることになったのです。しかしながら、いろんな人の助けがあって信濃国へと逃れる
平安時代【源平合戦(治承・寿永の乱)】

宇治川の戦いって?わかりやすく紹介・解説するよ【宇治川の先陣争いなど!】

今回は、源平合戦の戦の1つである宇治川の戦いについて紹介します。 木曽義仲VS源頼朝VS平家の三つ巴の関係図は、宇治川の戦いによる木曽義仲の死により源頼朝VS平家の一騎打ちの構図へと変化し、宇治川の戦い後、源平合戦はクライマックスへと向かってゆきます。 宇治川の戦い当時の時代背景とは? 宇治川の戦いとは、木曽義仲と源頼朝が派遣した源
平安時代【源平合戦(治承・寿永の乱)】

法住寺合戦とは?わかりやすく紹介するよ。【木曽義仲VS後白河法皇】

今回は、源平合戦における戦の一つ、法住寺合戦について紹介しようと思います。 法住寺合戦は、木曽義仲が後白河法皇の御所だった法住寺に攻め込んだ戦い。日本で初めて武士の矛先が上皇に直接向いた前代未聞の大事件であり、木曽義仲のその行動に平安京内では激震が走りました。 法住寺合戦当時の時代背景は? 法住寺合戦は1183年11月に起こ
平安時代【源平合戦(治承・寿永の乱)】

寿永二年十月宣旨とは?わかりやすく紹介【源頼朝と後白河法皇の外交戦】

前回は、倶利伽羅峠の戦いについて紹介しました。 倶利伽羅峠の戦いに大勝利した木曽義仲は、念願の平安京入りを果たします。木曽義仲は鎌倉にいた源頼朝にとってはライバル。源頼朝にとって木曽義仲の平安京入りはライバルに先を越されたことを意味します。 不利な状況となった源頼朝が、一戦の戦いもすることなく朝廷との巧みな外交術の
平安時代【源平合戦(治承・寿永の乱)】

倶利伽羅峠の戦いとは?わかりやすく紹介!【木曽義仲や平家物語のエピソードを交えて】

今回は、源平合戦で起こった戦の1つである倶利伽羅峠の戦いについて紹介しようと思います。(上の写真は私の気まぐれで乗せただけであり、倶利伽羅峠には関係ないので悪しからず・・・) 倶利伽羅峠の戦いと木曽義仲 これまでいくつかの記事で源平合戦の話をしてきましたが、倶利伽羅峠の戦いでは源平合戦の主役の1人である木曽義仲(きそよしなか)という人物が新たに登
電子書籍について

飛鳥時代のことが面白いほどよくわかる本を出版しました【kindle本】

kidle本で歴史の本を新しく出版しました!今回出版した本について紹介したいと思います。 飛鳥時代のことが面白いほどよくわかる本! 本のタイトルは「飛鳥時代のことが面白いほどよくわかる本」。飛鳥時代について事前知識0の方でも楽しく読めるような通史を紹介した本を書いてみました。 内容はやや詳しめに 一応、事前知識0でも楽しく読めるをモッ
オススメの歴史・古典の本

古事記を読むならこの本!オススメの入門書4選【わかりやすく簡単に読める】

今回は、主観入りまくりの古事記入門書オススメBEST4を紹介してみようと思います。 古事記は、700年頃に編纂された日本国の神話です。世界的にみて、母国の神話を知らない民族はほとんどいません。しかしながら、日本人はそのほとんど存在しない「母国の神話を知らない民族」なんて言われることもあるようです。現に古事記を内容を知っている方は少ないよ
オススメの歴史・古典の本

万葉集を読むならこの本!オススメの入門書3選【わかりやすく簡単に】

今回は、私がオススメする万葉集の入門書を紹介します。 実はこのブログでは、万葉集の恋の歌について以下のような記事を書いています。 もちろん記事を書く以上、私も万葉集を読みました。そこで私が思った感想は、「万葉集を読むのって意外とハードル高っ!」というもの。そして万葉集を味わうためには、具体的に2つのハードルが立ちは
平安時代【源平合戦(治承・寿永の乱)】

平清盛による日宋貿易とは?わかりやすく紹介【大輪田泊と福原京】

今回は、日宋貿易と平清盛のお話をしようと思います。 平清盛は武士でありながら朝廷内で高い地位を誇り、平家の繁栄を築き上げることに成功しますが、平家繁栄の背後にあったのが日宋貿易によって得た豊富な財力の存在でした。 平清盛と日宋貿易 勘違いしやすいのですが、日宋貿易=平清盛が始めた!というイコール関係は間違っています。