仏教入門

仏教入門

本地垂迹説とは?簡単にわかりやすく紹介【神仏習合との違いとは?】

今回は、仏と神の信仰の1つである本地垂迹説(ほんじすいじゃくせつ)について紹介したいと思います。 本地垂迹説とは簡単に言ってしまえば、「日本の神々と大陸から伝来した仏教を融合させた日本オリジナルの宗教信仰法」の1つです。 本地垂迹説とは神と仏の融合である・・・、なんだかわかるようなわからないようなって感じで...
仏教入門

誰でもわかる阿弥陀如来!簡単にわかりやすく【浄土宗と浄土真宗】

今回は、日本で広く信仰されている阿弥陀如来(あみだにょらい)について紹介しようと思います。 阿弥陀如来は日本で広く信仰されているため、寺院観光に行くと阿弥陀如来像を見ること機会もとても多いはず。この記事を通して阿弥陀如来のことを少しでも多くの人に知ってもらえたらなと思います。 阿弥陀如来と大乗仏教 阿弥陀如来の「如来」は仏様...
仏教入門

簡単にわかりやすく!誰でもわかる末法思想【浄土信仰の始まり】

今回は、平安時代末期に信仰され、その後の日本の歴史に大きな影響を与えた末法思想(まっぽうしそう)という考え方について紹介します。 末法思想とは? 末法思想とは、仏教における思想の1つ。思想と言っても凄いシンプルな考え方で「ブッダの教えは、ブッダ死後、時間が経つと次第に人々に行き届かなくなる!」というもの。かなりリアリスト思考な考え方です。 ...
寺院観光・仏像入門

簡単にわかりやすく!誰でもわかる毘盧遮那仏【宇宙の真理?華厳経の教えとは?】

今回は、奈良の大仏で有名な毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)という仏様について紹介しようと思います。毘盧遮那仏は盧舎那仏(るしゃなぶつ)とか舎那仏(しゃなぶつ)って呼ばれることも。 仏教は紀元前500〜400年ごろにブッダを開祖とした宗教ですが、ブッダの教えはブッダ死後も多様な思想や解釈を生み、実に多くの経典が生まれます。そんな数ある...
仏教入門

簡単にわかりやすく!仏教が日本に伝来するまでの歴史【仏教の始まりから仏教伝来まで】

【大乗仏教を大成した龍樹(真ん中の人)】 今回は、日本に仏教が伝来するまでの仏教の歴史(平安時代前期ぐらいまで)について紹介します。 仏教の歴史を知ると、仏教の様々な教えを体系的に整理できるので、興味のある方はぜひ仏教の歴史を確認してみてはいかがでしょうか。 仏教の歴史は、経典の歴史と一緒に見て行くととてもわ...
仏教入門

簡単にわかりやすく!誰でもわかる弥勒菩薩【仏教における救世主的存在】

今回は、仏教上に登場する弥勒菩薩(みろくぼさつ)について紹介したいと思います。 弥勒菩薩と言えば、日本では京都市の広隆寺にある弥勒菩薩半跏思惟像(みろくぼさつはんかしいぞう)が有名ですが、一体どんなキャラクターなんでしょうか? 仏教のお話は難しい部分もあって、私自身至らぬ点もあるのですが、できる限りわかりやすく簡単に紹介し...
仏教入門

仏教の教えを学びたい方のための仏教入門講座をやってみようと思う

このブログでは、日本の歴史、京都や奈良にある寺院について説明をしていますが、仏教の話をちゃんとしないとどうもうまく内容が説明しきれない・・・と思うことがしばしばありました。 そこで、新たに仏教入門シリーズということで、仏教の歴史や教えについて新たに掲載をしてみることにしました。 今回は、そんな仏教入門シリーズを掲載...