オススメの歴史・古典の本

オススメの歴史・古典の本

太平記を読む!簡単でわかりやすいおすすめの漫画を紹介してみる。

今回は、太平記を読むのにオススメしたい漫画を紹介したいと思います。 最近、太平記を読んでいます。私が読んでいる本はこれ! 太平記(一) (岩波文庫) posted with ヨメレバ 兵藤 裕己 岩波書店 2014-04-17 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo ...
オススメの歴史・古典の本

伊勢物語を読もう!在原業平の恋のストーリー【内容・あらすじを紹介!】

今回は、在原業平の恋愛物語集である伊勢物語(いせものがたり)について紹介します。 最近、平安文学に触れてみたいなぁと時間を見つけて古典を読んでいるんですが、これが実に面白い。古典っていうと、難しい言い回しで堅苦しいことを書いてるのかと思いがちですが、そのような先入観は間違っている! 伊勢物語は、その先入観を...
オススメの歴史・古典の本

伊勢物語の主役、在原業平ってどんな人?人物像は?イケメンで女たらしすぎ故に歴史に名を残した男の物語

突然ですがみなさん、女にモテにモテすぎてそのモテっぷりが物語となり、歴史に名を残すことになった人物を知っていますか? 今回の記事の主役!在原業平(ありわらのなりひら)です。時代は平安時代初期(850年ごろ)。 歴史上有名な人たちの中にはモテた人は確かに多くいます。しかしそれは、モテたから有名なのでは...
オススメの歴史・古典の本

土佐日記とは?あらすじや紀貫之のことをわかりやすく紹介!【ネカマの日記ブログ】

今回は、平安時代中期(930年ごろ)に紀貫之(きのつらゆき)が書いたと言われる土佐日記(とさにっき)について紹介してみようと思います。 土佐日記は、日本初の日記文学と言われ、その内容も実にセンセーショナルなものでした。 というのも、現代風にオブラートに包まずに土佐日記を表現すると「60にもなるいい歳した男が...
オススメの歴史・古典の本

初心者にオススメの源氏物語入門書3選【わかりやすく簡単に!あらすじも紹介】

平安時代の数ある文学作品の中で、おそらく最も人気なのが「源氏物語」。内容までは知らなくとも、タイトルを知っている人は多いのではないでしょうか。 今回は、そんな源氏物語の魅力やあらすじを軽く交えながら、初心者にオススメな入門書をいくつか紹介してみたいと思います。  紫式部ってどんな人? 紫式部は1000~1010年頃に源氏物語を書き上...
オススメの歴史・古典の本

紫式部日記を読もう!オススメ入門書3選【感想やあらすじも紹介!】

最近、平安文学にハマっています。蜻蛉日記に続き、紫式部日記を読んでみたので、紫式部日記のあらすじや感想、オススメの本などを紹介してみようと思います。 ちなみに蜻蛉日記はこちら。 紫式部は平安文学を代表する超大作「源氏物語」の著者。知っている人も多いかと思いますが、一応、紫式部について簡単に紹介しておきます。 紫式...
オススメの歴史・古典の本

KindleUnlimited読み放題サービス!オススメ日本歴史本12選を紹介!

KindleUnlimitedというアマゾンの月額980円(最初30日間無料)で利用できるKindle読み放題サービス。 私の愛用しているサービスの1つです。歴史本を読むために使っているわけではないのですが、歴史の本を探していると結構読み放題サービスで読めちゃうKindle本が多かったので、個人的にオススメなKindleUnlimite...
オススメの歴史・古典の本

平家物語を読もう!初心者にオススメな入門書4選【わかりやすい現代語訳】

平家物語は、平安時代末期の源平合戦を描いた軍記物。それも特大の大作です。 そんな平家物語の概要や魅力を紹介して、最後に平家物語を読みたい人にオススメの入門書を3冊紹介します! 平家物語とは? 平家物語は、鎌倉時時代に作られた軍記物です。作者は不明ですが、その内容からそれなりの知識と教養のあった人物が作者だと考えられています。 ...
オススメの歴史・古典の本

古事記を読むならこの本!オススメの入門書4選【わかりやすく簡単に読める】

今回は、主観入りまくりの古事記入門書オススメBEST4を紹介してみようと思います。 古事記は、700年頃に編纂された日本国の神話です。世界的にみて、母国の神話を知らない民族はほとんどいません。しかしながら、日本人はそのほとんど存在しない「母国の神話を知らない民族」なんて言われることもあるようです。現に古事記を内容を知っている方は少ないよ...
オススメの歴史・古典の本

万葉集を読むならこの本!オススメの入門書3選【わかりやすく簡単に】

今回は、私がオススメする万葉集の入門書を紹介します。 実はこのブログでは、万葉集の恋の歌について以下のような記事を書いています。 もちろん記事を書く以上、私も万葉集を読みました。そこで私が思った感想は、「万葉集を読むのって意外とハードル高っ!」というもの。そして万葉集を味わうためには、具体的に2つのハードルが立ちは...