保元の乱とは?簡単にわかりやすく紹介!【後白河天皇VS崇徳上皇】

今回は、人間関係が複雑でよくわからないことで有名な保元(ほうげん)の乱について紹介したいと思います。

この記事だけでは全てを説明しきれないので関連する記事のリンクをたくさん貼りました!気になる点はリンク先の記事も読んでいただけると良いかもしれません。

スポンサーリンク

保元の乱はなぜ起こったか?

保元の乱は、皇位継承争いと摂関家の家督争いがミックスした少し複雑な乱です。

崇徳上皇VS後白河天皇

皇位継承争いは、崇徳上皇と後白河天皇の対立です。厳密には、後白河天皇を指示する勢力が崇徳上皇と対立していました。後白河天皇自身は、重臣の言われるがままだったので、保元の乱では傀儡に近い状態だったと考えた方がわかりやすいと思います。

崇徳上皇は、弟の後白河天皇が即位したことで自らが院政を行う希望が絶たれ、失意のうちに沈んでいました。崇徳上皇をめぐる詳しい経緯は以下の2記事をご一読してみてください。

今回は、鳥羽天皇について紹介します。鳥羽天皇は平安時代末期、白河法皇に引き続き院政を行った天皇として有名な天皇です。鳥羽...
今回は、怨霊となったことで有名な崇徳(すとく)天皇について紹介したいと思います。日本には歴代何百人という天皇がいますが、崇徳天皇はそ...

ちなみに崇徳上皇と後白河天皇は同母兄弟であり、保元の乱は兄弟同士の争いと言えます。

藤原頼長VS藤原忠通

摂関家の家督争いもまた兄弟同士の争いでした。異母兄弟の藤原頼長と藤原忠通が摂関家の家督をめぐり争うことになります。詳しい経緯は、以下の記事をご一読してみてください。

【藤原頼長】 今回は、1156年に起きた有名な保元の乱の際に対立していた藤原頼長と藤原忠通について紹介します。メインは色々と(男色で)...

このような天皇家と摂関藤原氏の兄弟争いが保元の乱の根本的な原因になります。崇徳上皇・藤原頼長VS後白河天皇・藤原忠通の構図です。そして、1156年7月2日に権力者だった鳥羽法皇が亡くなったことで、これらの対立関係が一気に表面化します

保元の乱の経過

1156年7月2日、鳥羽法皇が亡くなるとにわかに「崇徳上皇と藤原頼長が結託して、国を傾けんとしている」という噂が平安京内に流れます。この噂を利用し、後白河天皇サイドが崇徳上皇らに攻勢を仕掛けます。検非違使(けびいし。平安京内の警察のような役職)を派遣して崇徳上皇らを監視し、無言の圧力をかけ始めたのです。

7月8日、後白河天皇派は藤原頼長が諸国から兵を収集しているという噂を聞きつけ、すぐに諸国に対してこれに応じないよう命令を下します。さらに、同日、源義朝らに命じ、東三条邸という摂関家の氏長者(うじのちょうじゃ。家督を継いだ者)の邸宅を占領し、財産を没収します。当時、摂関家の氏長者は藤原頼長だったので、これは藤原頼長に対しての襲撃を意味します。

ここに及んで、こちらも武力で対抗するしか道はないと考えた藤原頼長は、共謀していると噂されていた崇徳上皇と接近し、7月10日、白河北殿と言う邸宅にて兵を収集します。

鳥羽法皇の死からわずか一週間ちょっとで両者は一触触発の状態に陥ります。後白河天皇派が崇徳上皇派に対して積極的に挑発や威圧を繰り返し、崇徳上皇側がこれに応戦する・・・と言うのがここまでの経過です。

平氏と源氏の親族争い

保元の乱は、天皇家と摂関家の兄弟争いであると同時に平氏や源氏の親族争いでもありました。保元の乱当時の平氏と源氏の状況について本当に簡単にですが紹介します。

父と子の争い 源為義VS源義朝

まずは源氏から。

源為義(ためよし)は崇徳上皇派、その息子の源義朝(よしとも)は後白河天皇派に加担し、父と子が争うことになります。

詳しい話は省略しますが、源氏は後三年の役で活躍した源義家以降、その力を恐れた朝廷や源氏内の内部紛争により没落の一途を辿っていました。

前九年の役が終わったのが1062年。約20年後の1080年ごろ、東北地方は再び動乱の渦の中へと巻き込まれていきます。この時の一連の戦...

源為義は源義家の孫にあたり、源氏を義家時代のように復興させようと努め、摂関家の藤原忠実・頼長親子に接近しました。一方、為義の息子の源義朝は、嫁さんの実家が鳥羽法皇の院近臣であり、その関係から鳥羽法皇に近侍するようなりました。鳥羽法皇は後白河天皇派の人間であったため、鳥羽法皇死後も、源義朝は後白河天皇派として活躍することになります。

こうして保元の乱では、藤原頼長に仕える為義と後白河天皇に仕える義朝は必然的に対立関係にならざるを得ない状況だったのです。

ちなみにこの父子の関係は、院近臣に近づいた源義朝の方が圧倒的に栄えることになり、義朝は既に父を超えた存在となっていました。さらに源為義は保元の乱当時、60歳を超える高齢であり、息子の義朝の方が力を持っていて源氏は皆息子を慕うようになってしまったので、実はあまり崇徳上皇側に加担するつもりはなかったようです。しかし、崇徳上皇の必死の懇願を受け、息子と対立する決心をしました。

保元の乱は、本当に複雑な内乱です・・・。

甥と叔父の争い ー平清盛VS平忠正

平氏も源氏と同様の対立関係が生じます。

平清盛の叔父だった平忠正は、藤原頼長に仕えていたため崇徳上皇派に付くことになりますが、一方の平清盛は、実は微妙な立場に立たされていました。

平清盛の母(義母)である池禅尼(いけのぜんに)が、崇徳上皇の子である重仁親王の乳母だったのです。しかし、清盛の父である平忠盛は鳥羽法皇の重臣として活躍し、凄まじい出世を成し遂げていたため、亡き鳥羽法皇の意思を汲み後白河天皇派に立つことも可能でした。

重要な決断に迫られた平清盛ですが、亡き鳥羽法皇の妃である藤原得子の強い説得や崇徳上皇側の敗北を予感した池禅尼のアドバイスにより、後白河天皇に加担することを決定します。

源平合戦のイメージのせいで源氏と平氏が味方同士であることに違和感があるかもしれませんが、当時は源氏VS平氏という構図はこの時点ではなく、単に自分が仕えていた人物に加担した結果、上記のような勢力図になったというだけです。

保元の乱の戦い前夜

【保元の乱の戦場の概要】

7月10日の夜、後白河天皇派は8日に制圧した東三条院、崇徳上皇派は白河北殿に兵を構えます。

崇徳上皇派の白河北殿では、後白河天皇派への対抗策について議論が行われました。崇徳上皇側の主戦力は源為義率いる軍勢でした。為義は味方軍が明らかに劣勢であるため、「援軍を待つのではなく、こちらからも出陣し援軍との合流を早く行うべきだ。もし援軍との合流が難しければ、東三条院へ先手を打って夜襲を仕掛けるべきだ」と提案します。ところが、戦について何も知らない藤原頼長は、「天皇と上皇の争いに夜襲など卑怯なことをすべきではない」とこの案を一蹴。

そして当時、豪傑かつ荒くれ者で有名だった源為朝(ためとも)という人物はこれを聞き「後白河天皇側には優秀な源義朝がいる。間違いなく夜襲を仕掛けてくるぞ」と藤原頼長に憤慨し、その場を退出した・・・というエピソードが残されています。

結局、藤原頼長の案が採用され、援軍が到着するまで白河北殿で待機することにしますが、11日の明け方、源為朝の言うとおり後白河天皇派は夜襲を仕掛けてきました。こうして遂に保元の乱が始まります。

あっけなく終わる保元の乱

ちなみにこの記事の一番上の写真は、この白河北殿での戦の様子を描いた絵です。外側から攻め入っているのが後白河天皇派だった源義朝と平清盛の兵で、真ん中で防衛戦をしているのが崇徳上皇派の兵です。

豪傑の源為朝が一時は奮闘しますが、やはり多勢に無勢。崇徳上皇側はあっけなく敗走してしまいます。戦はわずか1日で終了しました。崇徳上皇は逃げて姿を隠しますが、すぐに見つかり捕まることになります。藤原頼長は負傷したまま父忠実がいる奈良へ向かいますが、敗戦者を受け入れ、息子共々摂関藤原氏がみな没落してしまうのを恐れた忠実は自宅の門を閉ざし、心を鬼にして寵愛していた息子を追い返します。その後、衰弱した頼長は死亡しました。忠実は愛する息子を見殺しにしてしまったことを大いに嘆いたことでしょう。

保元の乱の戦後処理

保元の乱の戦後処理はそれまでにはありえないぐらい過酷なものでした。まず、数百年ぶりに死刑制度が復活します。(死刑制度自体は昔からありましたが、長い間形骸化していました)

崇徳上皇側の人物に待ち受けていたものは斬首でした。しかもその斬首を親族同士で行うことを命じます。平清盛は叔父の平忠正の首を、源義朝は父の源為義の首を自らの手で刎ねる・・・という形で処刑が行われたということです。

首謀者の崇徳上皇は讃岐への島流しの決定が下されます。天皇・上皇が島流しにされるのも死刑制度復活と同様に数百年ぶりの話であり、死刑制度復活と上皇の島流しは朝廷の人々に大きな衝撃を与えました。

藤原信西の暗躍

この戦後処理の際に暗躍していたのが、後白河天皇側のブレーン役だった信西(しんぜい)という人物だと言われています。

信西は当時、藤原頼長と並ぶ秀才で有名でしたが、藤原頼長と異なり身分の低い家柄だったため、朝廷の要職に就くことができず、1144年出家します。出家後の名を信西と呼びますが、本名は藤原通憲(みちのり)と言いました。

ところが、信西の妃が後白河天皇の乳母だった縁から、後白河天皇が即位するとその才能も相まって次第に頭角を現すようになります。そして、秀才信西が本格的にその知略を奮った最初の出来事が保元の乱でした。

信西の智謀

保元の乱には信西に関する様々なエピソードがあります。少し紹介します。

保元の乱の際、崇徳上皇側の源為朝が危惧していたとおり、後白河天皇側は夜襲を仕掛けた・・・という話をしました。この夜襲は崇徳上皇派に大打撃を与え、保元の乱の戦はわずか1日で終了します。この夜襲案は東国において武勇を馳せた源義朝によって提案された案であり、これを採用したのが信西と言われています。源為朝の案を退けた崇徳上皇側の藤原頼長とはえらい違いです。

後白河天皇派は主戦力を源義朝軍と考えており、白河北殿への夜襲も本来は源義朝軍のみが担うはずでしたが、信西はこれに平清盛も参戦させるよう指示します。信西は、親密な関係にあった平氏に勲功を与え、将来的に自らの武力として活用しようと考えたのです。

保元の乱は、後白河天皇派も崇徳上皇派も主戦力は源氏軍でした。平清盛も参戦したとはいえ、白河北殿攻めでは側面から攻めているだけで、あくまで正面から攻め入ったのは主戦力である源義朝でした。ところが終わってみると保元の乱で一番出世したのは平氏、特に平清盛でした。源氏も出世はしましたが、そこまで高い官位は与えられませんでした。信西は、自らの武力である平氏を身分を上げ、逆に平氏に対抗しうる源氏を徹底的に潰すことで、その後の政治を有利に進めようと考えたのです。

ちなみに、主戦力として活躍し父をも殺す羽目になった源義朝は、何もしてない平清盛ばかりが出世していることに強い不満を覚えてゆきます。(これは3年後に起こる平治の乱の遠因となります)

崇徳上皇派の人間を徹底的に処刑したのも信西の策略でした。保元の乱を理由に崇徳上皇派の人間を徹底的に消し去ることで、反乱分子を一掃しようとしたのです。

信西は高い身分の人間ではありませんでしたが、信西の指示は理路整然として的確であり、後白河天皇派の内部では信西に反論できるような人は多くありませんでした。

保元の乱はその経過も戦後処理も全て信西の思うがままに進み、保元の乱の後、信西は朝廷内で莫大な影響力を有するようになります。長年、勉学に励み、秀才を言われていたにも関わらず、その身分の低さで不遇を囲った信西ですが、保元の乱を経てようやくその俊敏な政治手腕を振るうことができるようになったのです。

信西は、保元の乱の影の主役と言っても過言ではないかもしれません。

保元の乱の歴史的意義

保元の乱の歴史的意義は、皇位継承や摂関家の争いに本格的に武士が参戦した初めての内乱だったという点です。武士は保元の乱以前から活躍していましたが、その活躍の場はいずれも主に地方でした。しかし、保元の乱ではその活躍の場が平安京内の朝廷へと移ったのです。

朝廷貴族たちは、長い間、武士のことを自分たちの護衛としか考えてきませんでした。なので、武士の武力が土地争いや僧兵の強訴対策などに欠かせない重要な要素になる一方、武士の朝廷進出を嫌う貴族たちは武士のことを長年冷遇し続けました。

ところが、保元の乱で事態は一変します。武士が皇位継承問題などに本格的に介入したことで、貴族や皇族たちはもはや武士なしで自分たちが生き残れないことを強く実感します。保元の乱以後の朝廷では、朝廷内部の問題解決に武士(武力)が欠かせない時代となり、いよいよ武士が本格的に活躍する時代が訪れるのです。

武士の台頭には、当時の権力者不在の政治機構にも理由がありました。絶対的権力者として君臨すべき天皇が摂関家や院政により権力を奪われ、律令も機能しなくなれば、世が弱肉強食の世となるのは自明の理。そんな混沌とした日本をコントロールするには、もはや武力(武士)を用いるしかなかったのです。武士の台頭は、時代の流れとしては当然の出来事だった・・・とも言えるかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする