平安時代【前半】

怨霊って一体何なの?平安時代の怨霊事情【菅原道真・平将門・崇徳天皇】

【崇徳天皇が怨霊になったところ。左上ね】 今回は、怨霊についての話です。 怨霊とは、不遇の死を遂げた人物の霊魂をいい、人に災いをもたらすものとされています。 怨霊は、日本人にとってとても身近(?)な存在。最近はあまり見ないけどTVでは心霊写真特集をやっているし、肝試しは日本の夏の風物詩です。
平安時代【前半】

薬子の変とは。超わかりやすく解説【平城上皇と嵯峨天皇の戦い】

【↑嵯峨天皇】 前回は、802年に坂上田村麻呂とアテルイ無双の話を2記事に渡ってしました。 その4年後の806年、桓武天皇が亡くなり、次期天皇は平城(へいぜい)天皇となり、新しい時代がやってきます。 今回は、平城天皇とその次に天皇となった嵯峨天皇の話をします。 平城天皇、怨霊にビビって天皇を辞める
平安時代【前半】

坂上田村麻呂とアテルイを超わかりやすく説明【アテルイ無双】2/2

前回(坂上田村麻呂とアテルイを超わかりやすく説明してみた【アテルイ登場まで】1/2)は、780年に起こった伊治呰麻呂の乱をきっかけに蝦夷との30年戦争へ突入していくという話でした。 伊治呰麻呂の乱は鎮圧されましたが、その後もゲリラ的な蝦夷の交戦が止まず、対蝦夷戦争は泥沼戦の様相を呈してきます。 そして、789年、桓武天皇は
平安時代【前半】

坂上田村麻呂とアテルイを超わかりやすく説明してみた【アテルイ登場まで】1/2

前回(桓武天皇はなぜ平安京を造った!?あまり知られていないその理由)は、平安京が出来上がるまでの話でした。 桓武天皇の事業として有名なのは平安京遷都ですが、実はもう1つ日本の歴史に大きな影響を与えた事業を行いました。 それが、領土拡大のための積極外交です。天武天皇の血筋を絶ち、天智天皇の子孫として革命的な即位を果たした桓武
奈良時代

桓武天皇が平安京に遷都した理由とは?超丁寧に解説してみる。

前回は、桓武天皇即位のお話をしました。 桓武天皇の即位は、天武天皇の血統を断絶させたまさに革命とも言える出来事でした。考え方によっては、天皇家が一度断絶したと言うこともできるかもしれません。 桓武天皇は、天皇に即位してすぐに平城京からの遷都を決定します。今回は、なぜ平安京へ遷都したのか?という点を見ていきます。 桓武天皇
奈良時代

日本人なら知っておけ!桓武天皇の偉業【なぜ平安京へ遷都したのか】

前回の記事は、道鏡が前代未聞の臣下からの天皇即位を試みたが失敗に終わったお話でした。 道鏡の天皇即位は失敗に終わりましたが、結局、誰が次期天皇となるかは決まらず、根本的な問題の解決には至りませんでした。 そんな中、称徳天皇が逝去します。770年、道鏡による宇佐八幡宮神託事件の翌年でした。 称徳天皇の逝
奈良時代

誰でもわかる道鏡!簡単にわかりやすく紹介【その生涯や宇佐八幡宮神託事件など】

今回は、奈良時代末期に活躍した道鏡(どうきょう)という人物について紹介します。 道鏡の評判はすこぶる悪いです。語弊があるのを覚悟で言えば 孤独な40代独身の女帝の心の弱みにつけ込み、その持ち前の巨根で女帝の気持ちを鷲掴み。道鏡にメロメロになった女帝を利用して皇位簒奪を企んだ超悪いやつ! っていうのが道鏡のイメージ。古
奈良観光を100倍楽しむ豆知識

東大寺に来たら必ず法華堂(三月堂)へ足を運びなさい!【東大寺を楽しむための豆知識】

この記事は以下の記事の続編です。 東大寺と言えば奈良の大仏! 東大寺に行ってもほとんどの人が奈良の大仏を見て帰ってしまいます。しかし待ってください!!東大寺には、もう1つ隠れ名所があるんです!! それが東大寺法華堂です。別名「三月堂」とも言われています。隠れ名所らしく、その場所も少しわかりにくい場所にあります(汗
奈良観光を100倍楽しむ豆知識

見どころ満載!唐招提寺を100倍楽しむ豆知識【鑑真ゆかりの寺】

(出典:wikipedia「唐招提寺」 原典・著作:663highland) 奈良と言えば、東大寺や法隆寺、奈良公園が有名ですよね。 しかし、奈良にはそれ以外にも隠された名所がたくさんあります。そんな隠れた奈良の観光名所の1つである唐招提寺(とうしょうだいじ)についての豆知識を紹介します。 唐招提寺は鑑真(がんじ
奈良時代

誰でもわかる面白い藤原仲麻呂の乱【孝謙上皇と淳仁天皇】

前回は、道鏡を寵愛する孝謙上皇とそれを諫めた藤原仲麻呂and淳仁天皇とが対立を深めていったお話でした。 そして、その対立は遂に乱に発展します。 今回は、藤原仲麻呂の乱のお話です。 水面下での戦い -人事をめぐる争い- 道鏡を諫められブチ切れした孝謙上皇は、攻勢に出ます。 道鏡に「小僧都」という公式な僧侶の