奈良観光を100倍楽しむ豆知識

奈良公園にはなぜ鹿がたくさんにいる?その理由とは?【神話と古事記】

奈良観光と言えば、奈良公園!奈良公園と言えば鹿! おそらく、奈良に観光に行かれる方のほとんどが、奈良公園へ行くことでしょう。 ところで、奈良公園にはなぜ、あんなに鹿がいるのか知っていますか?それは、奈良では鹿が神の使いとして信仰の対象となっているからです。 では、なぜ鹿が神の使いなのか知っていますか?
奈良観光を100倍楽しむ豆知識

縁結び・恋愛成就に春日大社のパワースポットが効果絶大な件【歴史的見地から解説】

春日大社のお話パート2です。前回は、歴史についての少し堅苦しい内容でしたが、今回は、春日大社にある縁結び・恋愛成就のパワースポットの話をします。 (前回の記事↓) 春日大社はなぜ縁結び・恋愛成就に効くのか? 春日大社の中に夫婦大國社(めおとだいこくしゃ)という神社があります。 この神社に祀られている神様にその秘
奈良観光を100倍楽しむ豆知識

春日大社に行く前にその歴史を知ろう!【藤原氏と神仏習合と興福寺】

(出典:masato_photo) 奈良と言えば、春日大社が有名ですね!今回は、春日大社を楽しむためのいろんなお話をしていこうと思います。 春日大社に行かれる前にぜひ、ご一読ください! 春日大社はなんで有名なの?世界遺産なの? 春日大社ってどんなところか知ってますか? せっかく春日大社に行くならその歴史な
平安時代【武士はなぜ生まれたか】

日本刀の由来・起源をわかりやすく【武士と騎馬戦を知る】

前回は、俘囚(ふしゅう)という東北から強制移住させられた蝦夷が武士たちに日本刀と騎馬戦法を伝えたという話をしました。 今回は、日本刀についてもう少し詳しく見ていきます。 俘囚の戦法。弓で動きを止め、刀で仕留める! 俘囚の戦法は、弓矢による騎射で相手を弱め、弱ったところを騎馬しながら刀で斬撃する!というもの。
平安時代【武士はなぜ生まれたか】

武士が誕生した理由とは?【日本の海賊の歴史】

武士はなぜ生まれたのか? 結論を簡単に言うと「有力者の脱税や不正を武力で牽制するため」と言えると思います。 武士の登場には、税(金)の話が密接に絡み合っています。武士って実直なイメージがあるだけ意外ですよね。 そして、これも意外かもしれませんが、武士が登場する背景には、海賊の存在も強く影響しています。
平安時代【武士はなぜ生まれたか】

古代日本の軍事と防衛の歴史【武士登場前の日本の軍隊とは?】

しばらく、武士の登場について話をしていきます。 武士は、平安時代中期~末期に登場しました。しかし、登場当初は、歴史の表舞台の主役はあくまで貴族たちで武士たちは目立たない存在でした。 今回は、平清盛や源頼朝などの有名な武士たちが登場する前の、あまり知られていないちょっとマニアックな歴史について紹介します。今までの記事
平安時代の税金事情【番外編】

国司と受領の違いは?名田、田堵負名とは?わかりやすく解説

前回(荘園制度を超わかりやすく解説【脱税対策?返挙と里倉】2/2)は、脱税をする有力者に対して、なんとか税を納めさせようとする国司の苦肉の策を見ていきました。 税収の減少は朝廷としても当時の大問題でした。そんな大問題の前線に立っていたのが国司ですが、今回はそんな国司について見ていきます。 国司とは? 国司とは、飛鳥時代の国造(くにのみや
平安時代の税金事情【番外編】

荘園制度を超わかりやすく解説【脱税対策?返挙と里倉】2/2

前回は、戸籍が機能しなくなり、公地公民制が維持できなくなっていく様子を説明しました。 前回の記事はこちら 逃げる農民と、脱税を図る富豪者により税収は減る一方。国としては、公地公民制がどうこう言う以前に、とにかくどんな方法でもいいから税収を維持しなければなりません。 こうして、税収を増やしたい国と税を納めたくな
平安時代の税金事情【番外編】

荘園制度を超わかりやすく解説【浮浪人と公地公民制の崩壊】1/2

前回は、主に墾田永年私財法のお話でした。 ↓前回の記事 墾田永年私財法のおさらい 墾田永年私財法は、人々に自ら開墾した土地の私有を永遠に認めるという法律です。 当時の日本は、公地公民制と言われ、人々は国(天皇)から与えられた田地を耕して、そこから得られる稲から一定割合(おおむね3%)を租という税として納めていました。人
奈良時代

墾田永年私財法とは?簡単にわかりやすく解説【公地公民制の崩壊】

今回は、奈良時代の743年に施行された墾田永年私財法(こんでんえいねんしざいほう)について解説します。名前ぐらいは響きが良いので知っている人も多いのではないでしょうか 墾田永年私財法の前身、三世一身の法 722年、百万町歩開墾計画(ひゃくまんちょうふかいこんけいかく)っていう計画が出されます。 簡単に言うと「もっと金欲しいからみんな