コラム

仏教を心底凄いと思う理由【量子力学と般若心境が同じこと言っててヤバすぎw】

今回は私が仏教を心底凄い!と思う理由をコラム的な感じで語ります。 「日本人なんだから仏教のことをぐらい軽く知っておきたいなぁ」とか 「寺院観光に行くなら仏教のことも知っておいたほうがいいだろ」 みたいな軽い気持ちで仏教について知るようになったのですが、いざ学んでみると実に奥が深いんですよね。 ...
オススメの歴史・古典の本

土佐日記とは?あらすじや紀貫之のことをわかりやすく紹介!【ネカマの日記ブログ】

今回は、平安時代中期(930年ごろ)に紀貫之(きのつらゆき)が書いたと言われる土佐日記(とさにっき)について紹介してみようと思います。 土佐日記は、日本初の日記文学と言われ、その内容も実にセンセーショナルなものでした。 というのも、現代風にオブラートに包まずに土佐日記を表現すると「60にもなるいい歳した男が...
未分類

北条時頼ってどんな人?その生涯や政治をわかりやすく紹介!【宝治合戦と引付衆】

今回は、鎌倉幕府5代目執権の北条時頼(ほうじょうときより)について紹介します。 3代目執権の北条泰時もそうだったのですが、北条時頼は名前は有名なんですけど、「じゃあ何をした人なの?」って聞かれるとなかなか答えにくい人物です。 というのも、北条泰時もこの記事の主役である北条時頼も内政面で功績を残した人物だから...
鎌倉時代【執権政治と元寇(蒙古襲来)】

宝治合戦とは?簡単にわかりやすく解説【北条時頼・安達景盛VS三浦光村】

今回は、1247年に起きた三浦氏の反乱である宝治合戦(ほうじかっせん)について紹介します。 宝治合戦は、とてもとても複雑な人間関係の中で起こった戦であり、いろんな人々の思惑と人間ドラマを垣間見ることができます。特に三浦一族の最期は感動なしには語れない名シーンです。 今回は、そんな宝治合戦についてわかりやすく紹介しま...
鎌倉時代【執権政治と元寇(蒙古襲来)】

四条天皇の死因が可愛すぎてクソワロタwその生涯などをわかりやすく紹介する

今回はアホみたいな死因で崩御した四条天皇(しじょうてんのう)について紹介しようと思います。 四条天皇はそのトンデモナイ死因ばかりが有名なんですが、この記事では四条天皇の生涯や四条天皇を取り巻いた政治情勢なんかも交えて四条天皇について紹介してみようと思います。 四条天皇と承久の乱 まずは以下の系図を使いながら、四条天皇が即位す...
鎌倉時代【執権政治と元寇(蒙古襲来)】

地味すぎる!4代目執権の北条経時についてわかりやすく紹介

今回は、4代目執権の北条経時(ほうじょうつねとき)について紹介しようと思います。 北条経時は、鎌倉幕府の4代目執権なんですが、超地味なんですよね。存在を知っている人は一体どれぐらいいるのだろうか? こうやって記事を書いといて言うのもアレなんですが、正直言って私自身、北条経時のことはあまり紹介する気はあり...
鎌倉時代【執権政治と元寇(蒙古襲来)】

御成敗式目とは?内容や目的をわかりやすく紹介【北条泰時と日本初の武家法典】

今回は、北条泰時が1232年に制定した日本初の武家法典「御成敗式目(ごせいばいしきもく)」について紹介しようと思います。 御成敗式目が制定された目的・内容と御成敗式目の歴史的意義の3点を中心に紹介します。 御成敗式目はなぜ制定されたの? 御成敗式目は1232年に制定されましたが、なぜこの時代に武家専用の法典が作られたのでしょうか? ...
鎌倉時代【執権政治と元寇(蒙古襲来)】

北条泰時とは?その生涯・政治をわかりやすく紹介!【執権政治の本格化】

今回は、鎌倉幕府の3代目執権の北条泰時(ほうじょうやすとき)について紹介します。 北条泰時は鎌倉幕府の内政に全力を注ぎ、北条氏の執権政治を軌道に乗せた内政のプロフェッショナル。 後世に残る北条泰時の大きな功績が日本初の武家法典である御成敗式目(ごせいばいしきもく)の制定であることも北条泰時が内政に力を注いだ...
古事記の話【日本神話】

八咫烏(ヤタガラス)とは?物語のあらすじをわかりやすく紹介【日本神話と古事記】

【左上を飛んでいるのが八咫烏(ヤタガラス)】 今回は、古事記(日本神話)に登場する八咫烏(ヤタガラス)について紹介します。 ヤタガラスは神倭伊波礼毘古命(カムヤマトイワレビコスメラミコト。長いので以下「イワレビコ」と言います!!)のために天界から遣わされた道案内の神通力を持つ神聖な生き物です。 神の力...
古事記の話【日本神話】

因幡の白兎の物語とは?神話のあらすじを交えてわかりやすく紹介!

今回は、古事記(日本神話)に登場する有名な因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)について紹介します。 因幡の白兎の物語はとても有名です。古事記の数あるエピソードの中でも最も有名なんじゃないでしょうか。 古事記の話の中から因幡の白兎の話だけを切り取って絵本になっていたりもします。確かに因幡の白兎のエピソードには道徳...