鎌倉時代【得宗政治と幕府滅亡】

永仁の徳政令とは?目的・内容・結果を簡単にわかりやすく解説!【鎌倉幕府と貨幣経済】

(出典:債務整理の森) 今回は、鎌倉時代末期の1297年に発令された永仁の徳政令について紹介したいと思います。 「徳政令」、その名前を聞いたことある人も多いのではないかと思います。桃鉄で出てくる徳政令カードなんかは有名ですよね!「借金帳消し!」みたいなイメージだと思います。 実は、永仁の徳政令...
鎌倉時代【得宗政治と幕府滅亡】

両統迭立とは?わかりやすく紹介!【大覚寺統と持明院統に分かれた理由を探る】

【両統迭立のきっかけを作った後嵯峨天皇】 今回は、鎌倉時代後期から始まった天皇家の分断である両統迭立(りょうとうてつりつ)について紹介します。 両統迭立とは「一国の世襲君主の家系が2つに分裂し、それぞれの家系から交互に君主を即位させている状態」を言います。 鎌倉時代の後期になると皇統が2つに分かれ両統...
鎌倉時代【得宗政治と幕府滅亡】

正中の変とは?わかりやすく紹介!後醍醐天皇「鎌倉幕府滅亡の計画たてたけど幕府にバレたったw」

【正中の変で流罪になった日野資朝】 今回は、1324年に起こった正中の変(しょうちゅうのへん)について紹介します。 正中の変は後醍醐天皇が企てた倒幕計画です。事前に計画が幕府にバレて未遂に終わりますが、後醍醐天皇が鎌倉幕府をぶっ倒す最初の一歩となります。 正中の変は、未遂に終わるので決して派手な事件で...
鎌倉時代【得宗政治と幕府滅亡】

文保の和談とは?わかりやすく紹介!【両統迭立とグダグダの皇位継承】

【花園天皇】 今回は、ちょっとマニアックな文保の和談(ぶんぽうのわだん)について紹介しようと思います。 文保の和談は鎌倉時代末期、皇統が両統迭立となって揉めた時に鎌倉幕府と朝廷との間で行われた皇位継承に関する話し合いのことを言います。 1317年の話で、時代的には後醍醐天皇が活躍する少し前。文保の和談...
鎌倉時代【得宗政治と幕府滅亡】

霜月騒動とは?なぜ起こった?わかりやすく紹介【安達泰盛VS平頼綱】

今回は、鎌倉時代最後の壮大な内ゲバ争い!霜月騒動(しもつきそうどう)について紹介します。 鎌倉幕府の創設者である源頼朝を失った鎌倉幕府では長い間、御家人同士の権力争いが耐えることがありませんでした。梶原景時、畠山重忠、和田義盛、三浦一族などなど挙げればキリがありません。 源平合戦で活躍した一族は、鎌倉時代中...
鎌倉時代【得宗政治と幕府滅亡】

悪党とは?わかりやすく紹介【鎌倉幕府の滅亡を悪党から考えてみる】

今回は、鎌倉時代に登場する悪党(あくとう)について紹介します。 悪党は、鎌倉時代滅亡の大きな大きな原動力となった存在で鎌倉時代を語る上では絶対に外せない存在!!あの有名な楠木正成(くすのきまさしげ)も悪党の出身だと言われています。 しかし、「悪党ってどんな存在だったのか?」と問われるとどうもうまく答えられな...
鎌倉仏教

栄西ってどんな人?生涯・エピソードをわかりやすく紹介【天台宗を救うつもりが臨済宗を開いちゃった人】

今回は日本の臨済宗の開祖、栄西(えいさい)について紹介します。 栄西は鎌倉時代に臨済宗を開いたって話は多くの人が知ってると思うんですが、ここではもうちょっと突っ込んで 栄西ってどんな人だったの? なぜ栄西はわざわざ臨済宗を開いたの? そもそも臨済宗ってどんな宗派なの? この三点を中心に栄西について紹介していきます...
鎌倉時代【執権政治と元寇(蒙古襲来)】

竹崎季長ってどんな人?その生涯や蒙古襲来絵詞についてわかりやすく紹介するよ【とある下級御家人の生々しすぎる生き様】

今回は、蒙古襲来絵詞で有名な竹崎季長(たけざきすえなが)について紹介してみたいと思います。 竹崎季長は、肥後国(今でいう熊本県あたり)の弱小御家人の一人。今でいう小さな会社の平凡なサラリーマン。 歴史の話って、権力者や大きな業績を残した人物の話が多いんですが、竹崎季長は下級御家人。竹崎季長が蒙古襲来絵詞を残...
鎌倉時代【執権政治と元寇(蒙古襲来)】

北条時宗ってどんな人?元寇撃退・生涯についてわかりやすく紹介【北条時宗は名君・英雄なのか

今回は、8代目執権の北条時宗(ほうじょうときむね)について紹介しようと思います。 北条時宗は、超大軍の元寇を追い払った日本のリーダーとして有名です。元寇は日本史上でも有数の国難だったことから、北条時宗は日本を救った英雄と言われることも。 しかも!北条時宗が執権になったのが1268年で亡くなったのは1284年...
仏教入門

本地垂迹説とは?簡単にわかりやすく紹介【神仏習合との違いとは?】

今回は、仏と神の信仰の1つである本地垂迹説(ほんじすいじゃくせつ)について紹介したいと思います。 本地垂迹説とは簡単に言ってしまえば、「日本の神々と大陸から伝来した仏教を融合させた日本オリジナルの宗教信仰法」の1つです。 本地垂迹説とは神と仏の融合である・・・、なんだかわかるようなわからないようなって感じで...