飛鳥時代

飛鳥時代

乙巳の変(大化の改新)の目的・理由とは?簡単にわかりやすく!

今回は、645年起こった蘇我氏排斥事件、有名な乙巳の変(大化の改新)について紹介したいと思います。 乙巳(いっし)の変と大化の改新は何が違うの? 645年の蘇我氏排斥事件は乙巳の変とも大化の改新とも呼ばれることがあります。どちらの表現が正しいのでしょうか? 実は正しいのは乙巳の変です。一般的に乙巳の変は蘇我氏排斥事件を意味し...
飛鳥時代

聖徳太子は何をした?聖徳太子が有名な3つの理由【わかりやすい聖徳太子物語最終話】

今回で聖徳太子物語は最終話となります。 【いままでのおさらい】 第1話:聖徳太子登場の裏には、どろどろとした皇位継承問題があった。 第2話:遣隋使派遣してみたら隋にフルボッコにされた。 第3話:隋を見習って国づくりを改めよう。17条憲法と冠位十二階の制定 第4話:2回目の遣隋使を派遣したら隋皇帝がブチ切れた ...
飛鳥時代

遣隋使の目的・内容は?小野妹子って?簡単にわかりやすく

今回は、600年と607年の2度派遣された遣隋使の話をしようと思います。当時は推古天皇が即位していた時代で、十七条の憲法の制定や冠位十二階制など様々な政治改革が行われました。詳しくは以下の記事を。 遣隋使はなぜ派遣されたのか 日本では、600年に約130年ぶりとなる遣隋使の派遣が実施されました。なぜこのタイミングで...
飛鳥時代

十七条の憲法の制定理由や内容、目的をわかりやすく【聖徳太子の謎】

以下の記事で十七条の憲法は、「蘇我馬子を牽制しながら天皇主導の国を造り上げるために、十七条の憲法の制定と冠位十二階制の導入が行われた」という話をしました。 今回は、そんな十七条の憲法の内容や目的について紹介しようと思います。 十七条の憲法はなぜ制定されたのか 十七条の憲法が制定された背景には、同時期に行われた冠位十二...
飛鳥時代

聖徳太子は何をした?フルボッコの遣隋使【わかりやすい聖徳太子物語第2話】

聖徳太子と言えば、法隆寺。というわけで、写真を昔に撮った法隆寺にしてみました。今回の記事にはあまりでてきません。はい。 いつか、奈良の東大寺・法隆寺・興福寺あたりの記事を書きたいなぁと思っています。 さて、本題へ。 第1話のおさらい (1)ドロドロとした皇位継承者問題。蘇我馬子の目論見通り (2)推古天皇・聖徳太...
飛鳥時代

聖徳太子は何をした?聖徳太子誕生の裏話。【わかりやすい聖徳太子物語第1話】

聖徳太子は、その人物像のみをピックアップして語られる機会が多いです。しかし、ピックアップしすぎてしまうと、「聖徳太子は○○をしたんだ!」ということはわかっても「なぜ○○をしたのだろう?」という点がわからなくなりがちです。 ここでは、あまりピックアップしすぎることはせず、歴史の文脈の中で聖徳太子がどのような人物だったのかを語ろうと...