仏教の話

平安時代【前半】

寺門派(延暦寺)と山門派(園城寺)の違いを簡単にわかりやすく紹介してみる

【寺門派の本山である園城寺(三井寺)】 今回は、比叡山を総本山としていた天台宗が分裂してできた2つの派閥、 山門派(さんもんは) と 寺門派(じもんは) この2つについて考えてみようと思います。 正直、なぜ天台宗が2つに分裂してしまったのか私もよくわからなかったので、色々と調べた結果をこの記事でアウトプットしておき...
仏教の話

釈迦(ブッダ)が菩提樹の下で悟りを開くまで【四諦八正道とは?】

前の記事では、シッダールタが出家した当時の宗教事情について紹介しました。 この記事では、シッダールタが出家し悟りを開くまでの話をしようと思います。 シッダールタ「悟りを開くために修行しよ」 シッダールタは、四門出遊というエピソードを通じて出家しました。(このエピソードの真偽については諸説あるようですが・・・) ...
仏教の話

ブッダ出家の時代背景を知る。バラモン教と仏教の宗教事情【仏教の歴史】

ブッダは、四門出遊というエピソードを通じて出家を決意しました。詳しくはブッダの出家!四門出遊の意味とエピソードをわかりやすくという記事で説明しています。 今回は、ブッダが出家を決意したころのインドの宗教事情について説明しようと思います。 ブッダがいた時代のインドは、バラモン教という既存宗教と、バラモン教に反対する新...
仏教の話

ブッダの出家!四門出遊の意味とエピソードをわかりやすく

前回の記事(天上天下唯我独尊の意味とは?ブッダ(釈迦)誕生の雑学)では、ブッダの誕生と天上天下唯我独尊の話をしました。 今回は、ブッダが出家を志すまでの話、特に四門出遊(しもんしゅつゆう)という有名なエピソードのお話をします。 以下、「ブッダ」と「ゴーダマシッダールタ」を使い分けることにします。「ゴーダマシッダール...
仏教の話

天上天下唯我独尊の意味とは?ブッダ(釈迦)誕生の雑学

ブッダの生涯について、数記事に渡って解説していこうと思います。まずは、ブッダ(お釈迦様の誕生のお話をしようと思います。 そもそもブッダって本当にいたの? 素朴な疑問ですが、とても重要なことです。「ブッダが存在していなかった!?」とかって話になれば、仏教の根幹にかかわる大問題に発展するでしょう。 しかし、安心してください。ブッ...
仏教の話

2015年は高野山開創1200年!弘法大師空海のことを知って高野山に行こう!その3

最後に、弘法大師空海の生涯でも振り返って終わろうと思います。  空海、唐へ留学 唐は、今でいう中国です。空海は唐へ留学することで密教を習得しました。 804年、空海が31歳のときでした。 なんで留学?いきなりすぎてわからない(汗)。そこで、当時の日本の情勢を見ていきます。 仏教は国を守ってくれる 現在では仏教は個人や家が信仰するも...
仏教の話

2015年は高野山開創1200年!弘法大師空海のことを知って高野山に行こう!その2

その1からの続きです。 空海がもたらしたもの 空海により伝えられてきた密教。日本にどのような影響を与えたのでしょうか。 悟りとは「気づき」である 大日如来の存在 また、「空」の話に戻ります。「空」とは、すべての存在(事象)は因果性により成り立つという考え方でした。 存在が因果により成り立つということは、存在の物質性(実体性)を否定...
仏教の話

2015年は高野山開創1200年!弘法大師空海のことを知って高野山に行こう!その1

高野山開創1200年!特別公開も 2015年で高野山は開創1200年目を迎えます。1200年記念ということで、今なら普段は公開されていない場所も見ることができるようです。 ちなみに、自分は11月に高野山へ行く予定です! せっかく行くなら事前に勉強してから行きたい!ということで、少し勉強しました。 知識のアウトプットも兼ねて...