奈良時代

誰でもわかる平城京!簡単にわかりやすく【遷都理由や平城京の闇について】

今回は、「なんと(710年)きれいな平城京」という語呂合わせで有名な平城京について紹介します。 なぜ平城京へ遷都したのか? 当時、既に藤原京という巨大な都があったにも関わらず、なぜわざわざ平城京へ遷都したのでしょうか? 実は、はっきりとした理由はわかっていませんが、708年、元明天皇という天皇はこんなことを言っています。
コラム

浴衣や着物の着付けはなぜ右前?【知っておきたい雑学】

着物や浴衣って普段は着ないけど、いざ着るぞ!ってなったとき 「着物ってどうやって着るんだっけ・・・(;゚д゚)」 と焦ることありますよね?それが大事な場面だったりしたらもう最悪! 特に右前と左前は、覚えずらいくせにかなり重要なマナーだったりします。なぜなら、間違って左前で着てしまうと、死装束という非常
奈良時代

素朴な疑問。なぜ日本人は平城京へ遷都した?-遣唐使派遣-【その1】

「なんと(710年)きれいな平城京」という語呂合わせで有名な平城京。 平城京、知らない人は少ないと思いますが、なぜ造られたか知っていますか? 多分、ほとんどの人が知らないんじゃないかと思います。 歴史は、起こった出来事だけを知っていても意味はありません。起こった出来事について「なぜ」という疑問を持ち、その理由
飛鳥時代

夫の遺志を引き継いだ持統天皇、学校では絶対に教わらないサイドストーリー

上図は、百人一首に載っている持統天皇の一句です。持統天皇の歌は、万葉集にも見られ、天皇であるとともに文化人であったことが伺えます。 ところで、持統天皇については世間ではほとんど知られていません。なぜなら、学校で教わることがないからです。 持統天皇は夫(天武天皇)の意思を忠実に受け継ぎ、新しい日本を造り上げた偉大な女帝です。
飛鳥時代

天照大神はなぜ日本の最高神なのか?伊勢神宮と天武天皇

壬申の乱の勝者となり、皇位簒奪を成し遂げた天武天皇。 日本では、聖徳太子時代からずーっと、天皇を中心とした中央集権国家の確立に向けて歩みを続けていました。そして、それを完成させたのが天武天皇です。 天武天皇は、一体何をしたのでしょうか? 天武天皇の歩み、その到達点には天照大神がいました。  圧倒的勝者、英雄
飛鳥時代

壬申の乱を簡単にわかりやすく紹介!【起こった理由や経過など】

今回は、日本の古代史上最大の内乱と言われている壬申の乱について紹介したいと思います。 壬申の乱は、史料も少なく不明な点なども多いのですが、できる限りわかりやすく丁寧に紹介してみたいと思います。 いきなり壬申の乱の話には入らず、壬申の乱の遠因として重要なきっかけとなった663年の白村江の戦いの敗戦処理の様子から紹介し
飛鳥時代

誰でもわかる天智天皇!わかりやすく丁寧に紹介【その生涯と大海人皇子との関係など】

今回は、飛鳥時代に大活躍した天智(てんじ)天皇について紹介します。天智天皇の活躍期間は長くて、活躍した期間は645年~672年の約30年に渡りました。 それにも関わらず、在位期間は668年から672年のわずか3~4年。なぜか天智天皇は天皇にすぐ即位しませんでした。理由はわからなくて、大きな謎として知られています。天智天皇はなんていうか、
飛鳥時代

白村江の戦いはなぜ起きた?簡単にわかりすく解説!【日本・百済連合VS新羅・唐連合】

前回までは、大化の改新の話でしたが、時代を少し進めます。 今回は、663年に起こった白村江の戦いの話をしていきます。白村江の読みは、「はくそんこう」または「はくすきのえ」です。 白村江の戦いは、朝鮮半島で起こった戦いであり、日本にとってはその後の国のあり方にも影響した大変重要な戦いでした。まず、白村江の戦いに至るまでの時代
飛鳥時代

難波宮への遷都。古代日本人はなぜ遷都を繰り返すのか

乙巳の変により皇極天皇は、日本史上初の譲位を実施。軽皇子が孝徳天皇として即位することとなります。 その後、孝徳天皇は飛鳥にあった都から難波宮(なにわのみや)へと遷都します。 今回は、大化の改新による政治改革の1つとして難波宮への遷都について取り上げようと思いますが、その前に、そもそもなぜ日本人は都を頻繁に変えたのか?という
飛鳥時代

中大兄皇子と中臣鎌足は大化の改新で何をした?【改新の詔】2/2

乙巳の変により邪魔者蘇我氏を排除した中臣鎌足と中大兄皇子。 孝徳天皇主導の下、聖徳太子の時代から続く唐(聖徳太子時代は隋)に負けない新しい国づくりがいよいよ本格的に始まります。 今回の話、難しいですしかなりマニアックです。省略しようとも思いましたが、大化の改新の目玉となる施策なので、書くことにしました。 それ