平安時代【院政】

平安時代【院政】

僧兵の強訴について簡単にわかりやすく紹介【白河法皇を悩ませた山法師とは】

院政という新スタイルの政治を始め、天皇の父の立場から強大な権力を手中に収めた白河法皇ですが、次のような有名な名言を残しています。 「賀茂河の水、双六の賽、山法師、是ぞわが心にかなわぬもの」 つまり、強大な権力を持ってしても鴨川の氾濫、双六の目(運)、山法師(延暦寺の僧侶)は手に負えない・・・と白河法皇は嘆いているのです。絶...
平安時代【院政】

院政とは具体的に何か?簡単にわかりやすく【院近臣、成功、院宣、院庁下文など】

前回の記事では、なぜ院政が始まったのか?について紹介しました。 今回は、院政とは具体的にどんな政治なのか?という点について紹介したいと思います。 絶対的君主「治天の君(ちてんのきみ)」 前回の記事でも説明したように院政の始まりは、強力な政治力が求められる諸問題を解決できなくなった堀河天皇が、出家し政治から離れていた白...
平安時代【院政】

白河天皇(上皇・法皇)を簡単にわかりやすく紹介!【院政はなぜ始まったか?】

後三条天皇が1073年に亡くなった後、1072年に即位した後三条天皇の息子の白河天皇が活躍することになります。 白河天皇は、後に上皇として院政という日本独自の政治機構を造り上げた人物であり、日本史上でも有名な人物の1人です。前回の記事で紹介した後三条天皇は、延久の荘園整理令の実施などにより摂関政治により権力を掌握していた藤原氏の...
平安時代【院政】

善政・有能?後三条天皇を簡単にわかりやすく紹介!【院政と摂関政治の衰退】

前回は荘園整理令の話をしました。 今回は有名な「延久の荘園整理令」を発令した後三条天皇という人物について紹介したいと思います。後三条天皇は、有能とか善政とか言うキーワードで語られることの多い比較的イメージの良い?天皇です。 疎まれる後三条天皇 後三条天皇が天皇即位する前の話です。実は、後三条天皇は時の権力者であった摂関藤原氏の藤原頼...