平安時代【承平天慶の乱】

平安時代【承平天慶の乱】

超わかりやすい藤原純友の乱【武士の世の始まり】4/4

藤原純友は朝廷との交渉の結果、936年の海賊討伐の勲功を貰えることとなり、当初の目的を達成しました。普通ならこれで戦いは終わるはずでした(たぶん、純友もそのつもりだったと思います。)しかし、純友の仲間らは戦いをやめませんでした。 戦いを止めたい純友。もっと戦いたい純友の仲間たち。純友は微妙な位置に立たされます。 純友の苦渋の決...
平安時代【承平天慶の乱】

超わかりやすい藤原純友の乱【受領との戦い】3/4

前回は、939年に藤原純友が出兵する前の話でした。今回は、いよいよ藤原純友の乱の本編に進みます。 備前国の争い 備前国(今でいう岡山県南部らへん)で受領と地元の有力者との間で争いが起こります。 この争いに藤原純友は巻き込まれていくことになります。 ここで登場人物の紹介 備前国の受領:藤原子高(ふじ...
平安時代【承平天慶の乱】

超わかりやすい藤原純友の乱【海賊退治と与えられない勲功】2/4

前回は、藤原純友の簡単な状況とリストラされた舎人たちが海賊となったお話をしました。 今回は、その続きの話。 藤原純友、強すぎて有名人になる 藤原純友は、藤原元名(純友のおじ!)の下で伊予国で海賊討伐に励みます。年代は不確定ですが、932~935年の4年ぐらいだったのでは?と言われています。 この4年ぐらいの期間...
平安時代【承平天慶の乱】

超わかりやすい藤原純友の乱【公務員のリストラと海賊たち】1/4

前回は、3記事を使って939年に起こった平将門の乱のお話をしました。 平将門が関東地方で新皇(新しい天皇)と名乗り、朝廷に謀反を起こしたのとまさに同時期に、実は中国・四国地方でも大きな反乱が起きていました。それが藤原純友の乱です。 平将門の乱は、記事を読んでいただけるとわかると思いますが、乱を起こした動機が非常に曖昧です。...
平安時代【承平天慶の乱】

平将門の乱をわかりやすく丁寧に説明してみる【新皇になる将門】3/3

【平将門】 今回は、将門が乱を起こしてから乱が鎮圧されるまでのお話。 常陸国の争い -有力土地保有者と受領の戦い- これまでの揉め事を少しおさらい。 935年:平家一門のお家騒動。将門が勝者に。平国香が滅び、将門が力を得る。 936年:平国香の復讐戦。将門VS貞盛・良兼・良正。将門が勝つ。 938年:武蔵国...
平安時代【承平天慶の乱】

平将門の乱をわかりやすく丁寧に説明してみる【受領との争い】2/3

前回(平将門の乱をわかりやすく丁寧に説明してみる【平家の家族喧嘩】1/3)は、平将門が親族同士の争いにより関東一体を手に入れ、強大な力を手に入れたというところまで話しました。 強大な力を手に入れた将門はさらなるトラブルに巻き込まれていきます。  武蔵国の紛争に巻き込まれる平将門 938年、武蔵国でトラブルが起こります。武蔵国というの...
平安時代【承平天慶の乱】

平将門の乱をわかりやすく丁寧に説明してみる【平家の家族喧嘩】1/3

いきなりですが、平将門(たいらのまさかど)って知ってますか? 平将門は、平安時代に今でいう関東一帯で超大規模な反乱を起こした武士です。 平将門の凄いところは、「私が関東一帯の支配者になる。(俺が関東の支配する天皇になる)」と宣言したこと。日本の歴史の中で、「別の天皇を擁立してやるぞ!」というクーデターはあっても、「...