室町時代【南北朝の動乱期】

室町時代【南北朝の動乱期】

中先代の乱とは?簡単にわかりやすく紹介!【なぜ北条時行は乱を起こしたのか】

今回は1335年7月に起こった中先代(なかせんだい)の乱について紹介します。 1333年5月、北条高時をボスとする鎌倉幕府が元弘の乱により滅亡すると、後醍醐天皇による新しい政治が始まります。いわゆる建武の新政ってやつです。 後醍醐天皇による建武の新政は、その内容があまりに急進的すぎて世の中は大混乱。...
室町時代【南北朝の動乱期】

大塔宮護良親王とは?その性格や生涯、鎌倉での最期をわかりやすく紹介してみる

今回は、鎌倉幕府滅亡の際に大活躍し、悲劇の死を遂げた護良親王(もりよししんのう)について紹介します。 護良親王は後醍醐天皇の息子であり、元弘の乱ではエース級の大活躍をし、鎌倉幕府滅亡の大きな原動力になった男です。護良親王無くして、鎌倉幕府滅亡はまずありえないと言っても過言ではありません。 しかし、そんな活躍...
室町時代【南北朝の動乱期】

建武の新政とは?簡単にわかりやすく紹介!【建武の新政が失敗に終わった理由とは?】

今回は、1333年〜1336年にかけて行われた後醍醐天皇による建武の新政(けんむのしんせい)について紹介します。 1333年、元弘の乱によって後醍醐天皇の長年の悲願だった「鎌倉幕府ぶっ倒す!」が実現。後醍醐天皇は遂に理想の政治を行えるようになりました。しかし!!その政治(建武の新政)がそれはもうグダグダすぎて目も当てられない有り...