京都観光を100倍楽しむ豆知識

京都観光を100倍楽しむ豆知識

六波羅蜜寺の豆知識や見所をわかりやすく【空也上人像と平清盛像】

今回は六波羅蜜寺の豆知識や見所について紹介していきます。 ※この記事は、六波羅蜜寺の見所と歴史と空也上人をわかりやすく【空也上人を知ろう】の続きの内容となっています。前回は六波羅蜜寺を創立した空也の人物像や当時の時代背景を中心に説明しています。 六波羅蜜寺の創立 前回の記事での説明したとおり、六波羅蜜寺は空也が創立し...
京都観光を100倍楽しむ豆知識

六波羅蜜寺の見所と歴史と空也上人をわかりやすく【空也上人を知ろう】

今回は、六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)について紹介します。 まず、六波羅蜜寺の場所について。 六波羅蜜寺は、清水寺と建仁寺の間にあります。有名なお寺に挟まれているせいなのか、若干マイナーなお寺になってしまっています。さらに、六波羅蜜時は非常に小さいお寺で住宅街の中にあります。 小さなお寺ですが、とても魅力的...
京都観光を100倍楽しむ豆知識

仁和寺の見所や豆知識を簡単に解説!その2【門跡寺院の魅力】

(出典:京都の開運写真館 印鑑ダルマ屋) ※この記事は、仁和寺の歴史と見所を簡単にわかりやすく【宇多天皇の想い】その1の続きです。 前回の記事では、仁和寺を創立した宇多天皇の話が中心で仁和寺の見所の話をできなかったので、今回は仁和寺の見所と豆知識について紹介したいと思います。 仁和寺の特徴は華やかさ・優雅さ ...
京都観光を100倍楽しむ豆知識

仁和寺の歴史と見所を簡単にわかりやすく【宇多天皇の想い】その1

京都の仁和寺と言えば、なんと言っても有名なのは桜です(紅葉もかな?)。桜が咲く時期になると観光客でごった返します。 でも、せっかく仁和寺に行くなら桜だけじゃなく、ちゃんとお寺のことを知ってから観光したくありませんか? というわけで、今回は仁和寺の歴史と見所についてわかりやすく紹介します。 仁和寺の歴史の始まり ...
京都観光を100倍楽しむ豆知識

東寺の帝釈天イケメンすぎだろ・・空海「だろ?」【教王護国寺】

(出典:) 前回(東寺の立体曼荼羅カッコよすぎだろ・・空海「でしょ?」【曼荼羅を知る。教王護国寺】)では、立体曼荼羅の話をしましたが、今回はその中でも帝釈天という仏像に焦点を当てて話をしていきます。 帝釈天(たいしゃくてん)って誰? 帝釈天は仏さまの守護神の一人。 仏さまの守護神は、主に四天王と梵天(ぼんてん)...
京都観光を100倍楽しむ豆知識

東寺の立体曼荼羅カッコよすぎだろ・・空海「でしょ?」【曼荼羅を知る。教王護国寺】

(出典:) 京都の五重塔と言えば、東寺(教王護国寺)の五重塔!京都に電車で行くとき、車窓から五重塔を眺めると「京都に来たぞー!」って感じになりますよね。 東寺は、世界遺産に登録されていますが、立地的には京都駅の近くにあって、交通の便も良いです。 今回は、東寺について、特に立体曼荼羅(りったいまんだら)...
京都観光を100倍楽しむ豆知識

祇王寺の苔庭が美しすぎる!【白拍子の悲しき過去が眠る寺】【京都観光】

祇王(ぎおう)寺は、人で混雑することも少なく、ひっそりと哀愁を感じるお寺です。上の写真は祇王寺の苔庭。哀愁漂う様子がわかると思います。 祇王(ぎおう)という女性の儚(はかな)く、そして悲しい想いが祇王寺には込められています。 以下、祇王について語ります。短編小説だと思って読んでください。 ぜひ最後まで読んでいただき、...
京都観光を100倍楽しむ豆知識

必ず知るべし!金閣寺を楽しむための4つの豆知識【世界遺産】

世界的にも有名な金閣寺。最近では、2014年に京都が世界観光ランク1位を獲得したこともあり外国人観光客で賑わっています。 そんな金閣寺ですが、観光に行っても「金色で派手だなぁ」とか「きれいだなぁ」だけで終わってはもったいない!! 金閣寺に行く前に知っておきたい4つのことを紹介します。せっかく行くなら、大いに金閣寺を...
京都観光を100倍楽しむ豆知識

三十三間堂(蓮華王院)の千手観音の歴史と見所をわかりやすく2/2

(出典:) 三十三間堂(蓮華王院)の見所と歴史まるわかり!では、三十三間堂の建立までのお話をしました。 次は迫力満点の1001体の千手観音について見ていきます!  そもそも、なぜ1001体もの千手観音が造られたのか まずは、1001体の観音菩薩像の謎に迫ります。 末法の到来 おおむね1000年頃から、世の中は末法の...
京都観光を100倍楽しむ豆知識

三十三間堂(蓮華王院)の見所と歴史をわかりやすく1/2

三十三間堂は、京都に来たら絶対外せない観光スポットの1つです! 本堂の1001体もの千手観音菩薩はまさに圧巻!その迫力は、おそらく日本全国でもここでしか味わえないものです! 三十三間堂は、正式名称は蓮華王院と言います。1164年に建てられました。「三十三間堂」は建物の内陣に33本の柱を立てた独特の建築様式からついた...