2019年7月の日本株シストレ収益!システムと心の安定を目指して

最近ブログの更新が停滞しておりますが、トレードの結果だけ更新しておきます。日本史ブログなはずなんですけど許してください。

 

 

最近、ブログの更新が停滞している理由は「多忙」です。多忙と言っても仕事ではありません。新しいサイトを作ってみたり、AIを使った自然言語処理にチャレンジしてみたり、ラズベリーパイっていうマイコンを使ってIoTもどきをしてみたり。ちょっと迷走気味。

 

 

余談でした。本題に入ります。

スポンサーリンク

2019年7月の収益は+32,638円でした

2019年6月はコツコツドカンを喰らって「AIはオワコン」というタイトルで収益結果を報告していました。

2019年6月の日本株シストレ収益!ニューラルネットワーク(AI)投資法はオワコン
さて、2019年5月から始めた日本株のAIシステムトレード。少し遅くなりましたが、6月分の収益発表! 結論から言うと ニューラルネットワーク投資法はオワコン 株ツライ(´・ω・`) 201...

 

6月の結果を受けて、システム運用について色々と変更を加えた結果、無事プラスで終えることができました。システムの本格運用開始からのトータルリターンは4万弱です。

 

7月の運用変更がなかなか良い感じだったので、何を変更したのか個人的な備忘録として残しておこうと思います。

スポンサーリンク

建て玉の金額を減らす

まず、建て玉の金額を減らしました。

 

数か月のシステム運用の結果、心を平静に保ちながらトレードできる建て玉額は概ね200〜400万円程度だということがわかりました。(簡単に書いてますが、これはお金を溶かして行う人体実験みたいな感じで地味に辛かったです)

 

 

「デイトレ(寄り引けトレード)だし、レバレッジかけてめっちゃトレードしたるで!!」と当初は思っていましたが、結局レバレッジをかけるまでもない金額に落ち着きました。

 

許容リスクを減らした分、稼ぎにくくなりますが、個人的に最重要は「心の平穏」だと思っているので、そこを最優先にしました。どうやら自分にはギャンブラー的な気質は少ないらしい。

スポンサーリンク

対象銘柄も減らしました

上の話を関連しますが、対象銘柄も減らしました。

 

まずシンプルに一単元当たりの価格が高い銘柄を全部削減しました。一単元50万以上の銘柄は基本削除。

 

 

そして、これまで散々損失を吐き出してきた自動車・半導体銘柄も大幅カットしました。半導体銘柄は全て削除。自動車関係は3銘柄に縮小。

スポンサーリンク

心が乱れない建て玉金額を把握しておく

これらの運用変更をしてから、この記事を書いている時点は収益プラスが続いており、しかもかなり冷静にシステムを運用できています。

 

「自分のメンタルにあった金額でトレードをする」

というのは、当たり前のようですがシストレにおいてはとても重要な気がする。トレードに一喜一憂せず、呼吸をするかのように当たり前にトレード結果を受け止めれる、その程度のシステム運用が凡人には良さげです。

 

 

当面はこれでシステムを安定運用できるだろうと思っています。システムが安定したのと合わせて自分の心にも最近少し余裕ができました。仕事が終わった後、ブログ書いてプログラムしながら、トレードのことを考えるとプライベートのことがほとんどできませんでしたが、最近は少し暇な時間ができました。

 

 

ブログの更新頻度は落ちるかもしれませんが、これからはプライベートの優先順位を少し上げて頑張っていきたいと思います。

コメント