怨霊で有名な崇徳天皇ってどんな人?その生涯とは?わかりやすく紹介!

今回は、怨霊となったことで有名な崇徳(すとく)天皇について紹介したいと思います。日本には歴代何百人という天皇がいますが、崇徳天皇はそんな天皇たちの中でもトップクラスに不幸な天皇でした。そんな崇徳天皇の生涯について見てみたいと思います。

スポンサーリンク

崇徳天皇の複雑な生い立ち

崇徳天皇の不幸は、その生い立ちから既に始まっていました。崇徳天皇は鳥羽天皇と藤原璋子(たまこ)との間に生まれた子供ですが、母の藤原璋子は何かと評判の悪い女でした。

藤原璋子は鳥羽天皇の父である白河法皇が寵愛していた女であり、白河法皇との関係には男と女の関係があったと言われています。白河法皇はそんな寵愛する藤原璋子を鳥羽天皇に入内させたのです。そしてこの話の延長線上で「崇徳天皇は実は鳥羽天皇の子ではなく、白河法皇との子なのではないか?」という噂が崇徳天皇に付きまといます。

もちろん噂であってその真偽は不明ですが、少なくとも鳥羽天皇は息子である崇徳天皇のことを生涯嫌っていました。

ちなみに崇徳天皇が生まれたのは1119年です。

崇徳天皇の即位

崇徳天皇は1123年に天皇即位します。幼少天皇の誕生です。崇徳天皇の即位には、白河法皇の意向が強く働いていました。寵愛する藤原璋子と息子の子を天皇とし、自らがその後見として院政を行い、権勢を振るおうと考えたのです。

これに、鳥羽上皇は納得いきません。天皇時代もずーっと白河法皇の言いなりだったのに、上皇になった後も白河法皇健在のため、鳥羽上皇は院政を行うこともできず、自らの無力さを痛感したことでしょう。

自分を無視した白河法皇と崇徳天皇との関係は、鳥羽上皇にとって快いものではありません。鳥羽上皇と崇徳天皇は父子の関係でありながら、その関係は冷え切ったものでした。(崇徳天皇の父は白河法皇だったかもしれないですが・・・)

しかし、1129年に白河法皇が亡くなることで、崇徳天皇と鳥羽上皇の状況が一変します。邪魔だった白河法皇が亡くなったことで鳥羽上皇は院政を行えるようになり、一方の崇徳天皇は後ろ盾だった白河法皇を失いその立場は微妙なものになってゆきます。

そんな微妙な関係の両者ですが、1129年以降も表面上は何事もなく月日は経過しました。

崇徳天皇の「皇太弟」事件

1134年、鳥羽上皇は藤原得子を寵愛するようになり、1139年には待ちに待った男子を授かります。体仁親王(後の近衛天皇)です。この時点で、鳥羽上皇の気持ちは既に藤原璋子から離れています。そして、同じく藤原璋子の子である崇徳天皇に対する気持ちも既にありません。鳥羽上皇は、とにかく自分を抑圧していた白河法皇の手にかかったものをひたすらに避けるようになっていたのです。

体仁親王は生まれて間もなく、異母兄だった崇徳天皇の中宮(ちゅうぐう。いわゆる正妻です。)の養子となります。崇徳天皇と体仁親王は異母兄弟でありながら親子の関係でもあったのです。複雑ですね!

体仁親王が生まれた後、鳥羽上皇は崇徳天皇を権力の座から追放しようとします。具体的には「体仁親王を即位させ、自らが体仁親王の後見として院政を行う!」という計画です。

この計画を実現するため、鳥羽上皇は執拗に崇峻天皇に即位を迫ります。これは崇徳天皇にとっても悪い話ではありませんでした。体仁親王は崇徳天皇の中宮の養子になっているので、いわば体仁親王と崇徳天皇は子と父の関係です。体仁親王が即位すれば、その父として崇徳天皇は院政を行うことができるようになるわけです。

1142年、崇徳天皇は鳥羽上皇の言うとおりに体仁親王への譲位を決心します。ところが、ここで一悶着起こります。譲位の儀式の際、本来なら体仁親王は崇徳天皇との養子関係から「皇太子」として天皇即位するはずだったのに、鳥羽上皇の策略により体仁親王は崇徳天皇の「皇太弟」として即位することになります。

こうして体仁親王は近衛(このえ)天皇として即位します。近衛天皇はあくまで崇徳天皇の「皇太弟」つまり弟として即位したため、崇徳天皇には近衛天皇の下で院政を行うことはできません。(院政は天皇の父として息子を後見する立場から政治を支配する政治方法でした)

近衛天皇が「皇太子」として即位すると思っていた崇徳天皇は、完全に鳥羽上皇に騙された形になります。この崇徳天皇の譲位により、上皇となった崇徳は政治権力からは蚊帳の外へと追放されてしまいます。逆に鳥羽上皇は、近衛天皇の父として引き続き院政を行いました。

こうして、上皇となった崇徳は政治の実権を完全に失い、崇徳上皇は次第に和歌の世界へと現実逃避するようになってしまいます。父に裏切られた崇徳上皇は、ひどく悲しみ嘆いたことでしょう・・・。しかし、和歌の世界では崇徳上皇はとても人気があったようです。不遇だらけの崇徳上皇の人生の中で、唯一安寧をもたらしてくれたものが和歌でした。

崇徳天皇の第1皇子、重仁親王

父の策略により政治の世界から追放されてしまった崇徳天皇ですが、1155年に近衛天皇が亡くなることで再びチャンスが巡ってきます。崇徳天皇の第1皇子だった重仁親王に天皇即位の可能性があったからです。

しかし、この可能性も鳥羽上皇と藤原得子の策略によって潰されてしまいます。この2人は朝廷内に根回しをすることで、崇徳天皇の同母弟だった雅仁親王を後白河天皇として即位させます。

後白河天皇は藤原璋子の子であり、藤原得子にとっては快い天皇即位ではありませんでしたが、藤原得子は母を亡くしていた後白河天皇の息子(後の二条天皇)を養子としていました。鳥羽上皇・藤原得子はこの息子を天皇即位させようと試みますが、父が天皇じゃない天皇など前例がなかったため、息子が成長するまでの繋ぎ役としてその父である後白河天皇を即位させたわけです。

何れにしても、後白河天皇の即位により崇徳上皇の最後に希望は失われてしまいます。

崇徳天皇、流される ー保元の乱ー

1156年、時の権力者である鳥羽上皇が亡くなり、朝廷内はにわかに騒がしくなります。平安京内では次のような噂が流れ始めました。

「崇徳天皇が藤原頼長と共に国を傾けんと良からぬことを企んでいる」と。この噂を利用し、後白河天皇に近い藤原得子や藤原信西という人物らは、武士を動員して崇徳天皇に圧力をかけていきます。

物理的にも精神的にも追い詰められた崇徳上皇は、同じ苦境に立たされていた藤原頼長と協力し、挙兵せざるを得なくなります。こうして、後白河天皇派と崇徳上皇派の勢力が武力衝突することになります。しかし、後手後手に回るしかなかった崇徳上皇派はあっけなく敗戦。

この敗戦により、崇徳上皇は上皇という身分でありながら謀反人として讃岐に流されることになります。ちなみに天皇・上皇の流罪は400年ぶりの大事件でした。この内乱のことを保元の乱と呼びますが、保元の乱は、崇徳上皇が積極的に武力衝突したわけではなく、後白河天皇側の挑発や威圧に耐えられずにやむを得ず武力行使した事件です。おそらく、崇徳上皇には積極的に戦う意思はありませんでした。

それにも関わらず、天皇・上皇として約400年ぶりに流罪となり、讃岐に流されしまった崇徳上皇はまさに悲劇の上皇そのものでした。ちなみに400年前に流罪にされた天皇は淳仁天皇という天皇ですが、この天皇もまた崇徳天皇ほどではないにしても悲しき生涯を送った天皇の1人です。

怨霊と化す崇徳上皇


【怨霊となった崇徳上皇】

讃岐に流された崇徳上皇にとって、心の支えとなったのは和歌と仏教でした。讃岐に流されて以後、崇徳上皇は深く仏教に帰依するようになります。

崇徳天皇は、流罪地で写経を行い、その写しを弟の後白河天皇に送ろうとしたことがありました。ところが、後白河天皇はこれを拒絶します。崇徳天皇のことだから写経と偽って呪詛の文言でも書かれているのだろう・・・と後白河天皇は考えたのです。

これに激怒した崇徳天皇は以下のようになったと言われています。

これに激しく怒った崇徳院は、舌を噛み切って写本に「日本国の大魔縁となり、皇を取って民とし民を皇となさん」「この経を魔道に回向(えこう)す」と血で書き込み、爪や髪を伸ばし続け夜叉のような姿になり、後に生きながら天狗になったとされている。崩御するまで爪や髪は伸ばしたままであった。また崩御後、崇徳の棺から蓋を閉めてるのにも関わらず血が溢れてきたと言う。

(出典:wikipedia「崇徳天皇」)

父には裏切られ、あらぬ謀反で天皇・上皇として400年ぶりに讃岐に流され、上皇であるにも関わらず実の弟にも軽蔑視された崇徳上皇は、この流罪地でその悲しき一生を終えることになります。そして、その後、崇徳上皇は怨霊となり、保元の乱で自らを追い詰めた人物に祟ったと言われるようになるのです。


【崇徳天皇が怨霊になる瞬間を描いたもの】

まとめ

崇徳上皇は、本質的には正直で優しい人間であったのだろうと思います。特に「皇太弟」事件なんかは、当時の朝廷の人間関係をしっかりと分析していれば事前に察知できた事件です。それでも崇徳天皇が騙されたのは、単純に父を慕うその率直な人柄にあったのだと私は思います。

現に、政界を追放された後、崇徳上皇は和歌の世界ではとても人気のある人物でした。讃岐で後白河天皇に送った写経も、おそらくは心の底から仏教を信仰した結果でしかなく、呪詛の意思などはなかった・・・と私は考えています。

人生とは様々な事象の歯車の組み合わせです。崇徳上皇の生涯は、ただの一度も歯車がうまくかみ合うこともなく、運命に翻弄され続けた結果、父にも弟にも見捨てられてしまう非常に悲劇的な一生でした。そして、その悲劇的人生を後世の人々が悲しんだからこそ、崇徳上皇の怨霊信仰が生まれたのです。ちなみに、平安時代の怨霊信仰について以下の記事で紹介しているので一応載せておきます。

【崇徳天皇が怨霊になったところ。左上ね】今回は、怨霊についての話です。怨霊とは、不遇の死を遂げた人物...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする