誰でもわかる面白い藤原仲麻呂の乱【孝謙上皇と淳仁天皇】

bs25NJ_yokowomukunekochan

前回は、道鏡を寵愛する孝謙上皇とそれを諫めた藤原仲麻呂and淳仁天皇とが対立を深めていったお話でした。

そして、その対立は遂に乱に発展します。

今回は、藤原仲麻呂の乱のお話です。

水面下での戦い -人事をめぐる争い-

道鏡を諫められブチ切れした孝謙上皇は、攻勢に出ます。

道鏡に「小僧都」という公式な僧侶の官職を与え、また、造東大寺司(ぞうとうだいじし)という東大寺の造設・運営を司る役職に新たに吉備真備を採用し、藤原仲麻呂勢力を排除します。

一方で、藤原仲麻呂は衛府(今でいう防衛省)の人事権を使い、軍隊を掌握していきます。

軍隊を操れる仲麻呂の方が圧倒的有利です(汗

孝謙上皇は、元天皇という強大な権威を振りかざし、仲麻呂に対抗しようとしますが、あくまで正式な統治者は淳任天皇です。淳仁天皇側の仲麻呂の方が有利なのは至極当たり前の話なのでした。

孝謙上皇が藤原仲麻呂and淳任天皇ペアに勝利するには、絶大な権威だけでは足りず、何らかの正当な権限が必要でした。この点が、藤原仲麻呂の乱の決定的なポイントになっていきます。

動く仲麻呂、クーデターの画策

藤原仲麻呂は自ら、畿内全体の兵を統率する総指揮官(正式名称は、都督四畿内三関近江丹波播磨等国兵事使と言います。長い!)となり、いよいよ孝謙上皇の物理的排除に動きだします。

藤原仲麻呂の計画はこうです。

1.孝謙上皇の咎(とが)を書面で告発し、孝謙排除の大義名分を得る。

咎なんかあるのか?と思う方もいるかもしれませんが、咎など言いがかりのようなものでも何でもよいのです。大義名分を得るためには、どんな些細な咎でも咎があるという事実のみが重要なのでした。

2.畿内を自らの兵で掌握し、孝謙上皇の逃げ道を防ぐ。また、反乱が起こった場合にも即座に鎮圧する。

という算段です。

筒抜けのクーデター、孝謙上皇の諜報活動

しかし、仲麻呂のクーデター計画はすべて孝謙上皇に駄々漏れ状態でした。

しかも、複数の線からクーデタ-の情報を入手していたようです。仲麻呂のクーデター計画はザルだったとしか言いようがありません。

クーデター計画を知った孝謙上皇は、相手が計画を実行に移す前に、先手必勝で藤原仲麻呂を攻めることを決定します。

遂に、藤原仲麻呂の乱と呼ばれる上皇と天皇との壮大?な争いが開始されるのです。

鈴印を奪取せよ!

孝謙上皇は先手を打つことを決めますが、狙いは藤原仲麻呂ではありません

狙いは淳仁天皇・・・でもなく天皇の持つ鈴印を奪うことが目的です。

天皇の持つ鈴印の意味

なぜ、孝謙天皇は鈴印(印鑑)を狙ったのでしょうか?

天皇が持つ鈴印は、天皇の権力そのもので、天皇御璽(てんのうぎょじ)とも言います。どんな文書であっても、鈴印の押印がなければ正式文書とは認められなかったのです。

孝謙上皇は鈴印を奪い、「藤原仲麻呂は謀反を起こした悪しきものである!」と鈴印を押した文書を発出し、正式な権限の下で藤原仲麻呂を陥れようとしたのです。

ここで問題となるのが、藤原仲麻呂に軍隊を掌握されてしまった孝謙上皇がどのようにして淳仁天皇を攻めたかという点。

一見、孝謙上皇側が絶望的に不利なように見えますが、実は、孝謙上皇には上皇直属の親衛隊の存在がありました。

奇襲をかけろ!孝謙上皇の秘密兵器、授刀衛

孝謙上皇の親衛隊は、授刀衛(じゅとうえい)と言います。

孝謙上皇は、鈴印を奪うため山村王という皇族の男と授刀衛を淳仁の下(平城宮)へ送ります。

山村王は鈴印の奪取に成功。しかし、これに気付いた藤原仲麻呂は淳仁天皇に近侍していた息子に鈴印の奪還を命じます。

山村王は必死に抵抗しますが、鈴印を再び仲麻呂の息子に奪われてしまいます。万事休す!と思っていた矢先、授刀衛の1人が機転を利かせ、すぐさま孝謙上皇に援軍要請をします。

授刀衛は上皇のエリート親衛隊です。やられてもタダでは起きません。

そこで、援軍として派遣されたのが坂上苅田麻呂(さかのうえのかりたまろ)という人物。征夷大将軍で有名な坂上田村麻呂の父に当たります。

坂上苅田麻呂らの加勢により再び孝謙上皇が優勢になり、再び鈴印の奪取に成功。そして、加勢を得た孝謙軍は、鈴印を孝謙上皇の下へ運び出すことに成功します。

畿内の軍隊を掌握していた仲麻呂は圧倒的に有利な立場に立っていたはずです。戦力的にも親衛隊しかいない孝謙上皇の方が圧倒的不利でした。しかし、仲麻呂のクーデター計画を見抜き、また、鈴印の重要性に着目し、鈴印を奪取するために少数精鋭で奇襲をしかけた孝謙上皇の完璧なる作戦勝ちでした。

藤原仲麻呂は体制を立て直すため、一時撤退を決めます。一方の孝謙上皇は、敗走する仲麻呂の掃討作戦を開始します。

仲麻呂掃討作戦 -吉備真備の智謀-

孝謙上皇は、奪った鈴印を使ってすぐに

「このたびの平城京での争いは、すべて藤原仲麻呂の謀反によるものである。藤原仲麻呂が逃げないよう関所を封鎖(ここ重要)せよ!」

という旨の文書を各地に送り付けます。藤原仲麻呂の支配地である畿内の兵たちはしぶしぶ関所を閉鎖します。

一方の仲麻呂もまだ終わったわけではありません。当時、藤原氏は、近江、美濃、越前を支配しており、これらの土地の人々は基本的に仲麻呂の味方になりうる人々でした。

仲麻呂は、東へ逃亡を始めます。近江、美濃、越前のどこをターゲットにしていたかはわかりませんが、これらの土地に住む人びとを味方につけ挽回をしようとしていたのです。

吉備真備の作戦 -瀬田川の封鎖-

しかし、仲麻呂は、近江、美濃、越前のいずれにも到達することなく、孝謙上皇軍に敗れます。

そこには、吉備真備(きびのまきび)が考えた巧妙な作戦がありました。

吉備真備は当時70歳前後の高齢で、長年朝廷の政治に携わってきた政治のプロ。博識な人物で兵法も心得ているベテラン選手でした。しかし、藤原仲麻呂からは疎まれ、左遷されてしまっていました。

(吉備真備は、藤原広嗣の乱で標的になった人物でもあります。詳しくは、日本で最初の怨霊!?藤原広嗣の乱をわかりやすく解説!-聖武天皇はなぜ東大寺の仏像を造ったのか-をどうぞ)

kinki

(クリックすると別ページで表示できます。)

上図を見ながら仲麻呂の足取りと吉備真備の策略を解説をしていきます。汚い図でごめんなさい(汗

東へ行く道は3か所しかない!

平城京から東国へ向かう時、険しい山々が交通の障害となります。そのため、主要な通路は3ルートに限られました。

それが、孝謙上皇が封鎖した、愛発関・不破関・鈴鹿関の3つの関所でした。

そして、仲麻呂が目指すルートは近江・美濃・越前のいずれかです。もちろんこのことは、吉備真備も理解していたでしょう。

さらに見ていくと、愛発関へ向かうルートは基本的に越前にしか行けません。また、近江・美濃・越前から離れた鈴鹿関は仲麻呂が通る可能性が低いルートです。

一方、不破関へ向かうルートは、途中に近江があり、不破関を突破できれば美濃も越前も視野に入ってきます。

そのため、勝敗は仲麻呂が不破へ行けるかどうか!にかかっていました。吉備真備はこれを見抜き、仲麻呂の不破侵入を阻止しようと考えます。

不破ルートを遮断せよ!

吉備真備は、不破ルートを遮断する方法を考えます。

そこで目を付けたのが瀬田川です。図を見てわかる通り、不破へ向かいには必ず瀬田川を渡らなければなりませんでした。吉備真備は、仲麻呂が瀬田川を渡る前に、瀬田川に架かる橋を焼き落としてしまします。

仲麻呂は不破へ向かう道を封じられ、残りのルートは強制的に越前へ向かう愛発関に絞られます

当然、吉備真備も戦力を愛発関ルート(上図の矢印)に集中投入します。

仲麻呂の行動はすべて吉備真備に見透かされていたのです。

さよなら仲麻呂!藤原仲麻呂討たれる

愛発関へ向かう間、何度か孝謙上皇軍と藤原仲麻呂軍が衝突します。

しかし、淳仁天皇から鈴印を奪った孝謙上皇の方が圧倒的有利でした。

最初は、孝謙上皇側が不利だったはずですが、鈴印の所在1つでここまで戦況が変わってしまうのです。印鑑の力は侮れません・・・。

仲麻呂は、ジリ貧になることを恐れ愛発関に特攻を試みるも失敗。その後まもなく藤原仲麻呂は討ち取られます。59歳でした。

仲麻呂が鈴印を奪われ、平城京を脱出してからたった2日の出来事でした。藤原光明子を後ろ盾に独裁政治を行った仲麻呂でしたが、最後はなんともあっけないものでした。

藤原仲麻呂の生涯はまさに栄華必衰の理を体現したような生涯でした。

こうして、藤原仲麻呂の乱は、仲麻呂の敗北により終結するのです。

さて、この乱により日本はどう変わっていくのでしょうか?次回は、藤原仲麻呂の乱後の日本の様子を見ていきます。

次:仏と神はどっちが上?道鏡「天皇になりたい」称徳「だが断る」

前:道鏡と孝謙(称徳)の恋の予感!?水を差す淳仁天皇

楽しく学ぶわかりやすい日本の歴史講座一覧に戻る

スポンサーリンク

こちらの記事もオススメです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする