2015年は高野山開創1200年!弘法大師空海のことを知って高野山に行こう!その1

a904434547fcdc3a71fb5fa57d922cfc_m

高野山開創1200年!特別公開も

2015年で高野山は開創1200年目を迎えます。1200年記念ということで、今なら普段は公開されていない場所も見ることができるようです。

ちなみに、自分は11月に高野山へ行く予定です!

せっかく行くなら事前に勉強してから行きたい!ということで、少し勉強しました。
知識のアウトプットも兼ねてこのブログで空海について書いちゃおうと思います。
一回の記事では書ききれないので、数回に分けて書いていこうと思います。

皆さんも、弘法大師空海のことを知って高野山へ行ってみませんか?

弘法大師空海はなぜ有名なのか

教科書的な表現をすると次の2点が有名になった理由です。

①真言密教を日本にもたらし、その後の仏教に大きな影響を与えた

②3筆(書道史上の字の上手い人TOP3のこと)の一人である

うん、これじゃあよくわからないですね。今回は①の仏教に関する部分にスポットと当てて弘法大師空海について見ていこうと思います。

②の3筆に関していてば、

弘法も筆の誤り
弘法は筆を選ばず

ということわざとして、日本人の心の中に空海を見ることができます。
空海にまつわる言い伝えというのはたくさんあるようで、民衆からも親しまれていたことがわかりますね。

仏教の目的は悟りを開くこと

悟りを開くって?

仏教の究極的な目的は「悟りを開く」ということです。

仏教は、紀元前400年前後に今でいうインド辺りが発祥とされ、その開祖はゴータマ・シッダールタ、俗にいうブッタとされています。(時期については、諸説あり!)

ブッタは、この世の様相を「苦」であるとして、そこからの脱出ために教えを説きました。

このブッタによる教えを完全に理解し、実行できたとき、他の人びともブッタと同じく「苦」の世の中から抜け出すことができるようになります。この状態が悟りを開いた状態です。

仏教には多様な宗派や思想がある

悟りを開くため、人びとはブッタの教えについて様々な解釈を持つようになりました。

「山で修行しよう!」とか「ひたすら念仏を唱えよう!」とか本当に色々です。

ここが、仏教がわかりにくいと言われる理由の1つだと思います。仏教と一言に言っても、様々な宗派や思想があるのです。

次は、真言密教について知るため、「密教」について見ていきます。

密教とは?

「空」の概念

真言宗は大乗仏教の一つ

仏教では、「空」という概念があります。そして「空」を根幹とする仏教の教えとして「大乗仏教」というものがあります。

繰り返しになりますが、仏教と一言に言っても、仏教の解釈上、様々な宗派や思想があり、その思想の1つとして「大乗仏教」という教えがあるのです。

なお、空海を開祖とする真言宗も大乗仏教の一種です。

こんな構図を覚えておいてください。

仏教-大乗仏教-密教-真言宗

では、「空」について見ていきましょう。

一切の存在は因果性によってのみ成り立っている!

大乗仏教かどうかに関わらず、仏教にはこんな思想があります。

「一切の存在は、それぞれの因果によってのみ成り立っている。すべての存在は因果によって成り立つのであるから、それ自身で存在できるような存在はあり得ない。」

厳密に言うと違うかもしれませんが、だいたいこんな感じです。
この思想を根幹に置いた教えが大乗仏教であり、大乗仏教ではこれを「空」と呼びます。

もちろん、「それ自身で存在できるような存在」がないわけですから、一神教的な神のような存在というのは考えることができないわけですね。

そんな「空」の思想の中に、絶対者である大日如来という存在を認めていったのが密教です。これは、純粋な「空」の思想とは矛盾しており、とても大胆な発想だなぁと私は思います。

そして、「空」+大日如来という新しい教えである「密教」を日本に本格的に持ち込んだのが空海なのです。

大日如来がいると何が変わるの?

ところで、大日如来がいるとどうなるのか。疑問に思いませんか?

その辺を含めてその2で解説していこうと思います。

続き:2015年は高野山開創1200年!弘法大師空海のことを知って高野山に行こう!その2

スポンサーリンク

こちらの記事もオススメです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 純賢 より:

    2015年から丁度千年前の高野山、見捨てられて原生林に戻りかけてましたが、やっとこさっとこ再興の目星がたった頃ですね。