Amazon Kindleで人生初の電子書籍を出版しました!(KDP)

151026M_074r_TP_V

いきなりですが、私もぐたろう、人生初の電子書籍を出版しました!

そこで電子書籍の紹介と出版に至った経過を書きたいなと思います。

スポンサーリンク

電子書籍は凄い!

最初のきっかけは、Amazon unlimited というアマゾンの月額980円(税込)電子書籍読み放題サービスに加入したことでした。多分、知っている人も多いのでは?と思います。

結局、サービスに加入したからといって急に読書量が増えたわけではありませんが、読み放題なんでなんとなーくアマゾンでKindle本を検索する機会が増えたわけです。そこで、いろんな本を見ていると、またこれもなんとなーく「電子書籍市場というのは、これから伸びるのではないか?」と思ったわけです。本の売り上げ全体で見ると電子書籍市場というのはまだまだ小さいわけですが、紙媒体の書籍の売り上げは長期にわたり減少傾向にある一方で、電子書籍の売り上げ額というのは年々すごい勢いで伸びているみたいです。

こんなそんなで、電子書籍には何か可能性というものを感じ始めていました。

寺院観光を楽しむための秘訣とは?

実は私、京都や奈良で寺院観光するのが趣味の1つです。とは言っても、2年に一回ぐらいしか行けてないですが・・・(涙

それでお寺を色々見て回るわけですが、そこで痛切に感じたことがあります。それは「歴史と仏教の知識がなければ寺院観光を本当に堪能することはできないのでは?」ということです。

一般的な観光雑誌では、各寺院の見所がたくさん紹介されているわけですが、「そこがなぜ見所なの?」という点や「そのお寺や仏像は、なぜ、誰が、どのような理由で造ったの?」という部分が本当にサラーっとしか載っていないものがほとんどだと私は感じています。

そんな時に必要と感じたのは、観光したい寺院に関する歴史や仏教の知識でした。

お寺リサーチは結構大変だった

そんなわけで、お寺のことを自分でリサーチすることにしました。知りたいことが載っている本はなかなか見つからなかったので、ネットで色々と調べてみました。多分、一番よく見たのはwikipedia。わからない単語や時系列を少しずつ調べながら、お寺のことを調べていきます。

今でこそ、このブログを書いているうちに前よりは詳しくなったような気がしますが、ぶっちゃけ、よほどの歴史オタクや信仰深い仏教徒でもない限り、お寺リサーチはすごい労力を使います。無知な私にはとても大変な作業でした。なぜかというと、歴史のことを書いている本もお寺のことを書いている本もたくさんあるのですが、なぜか歴史とお寺の話を組み合わせて素人にもわかりやすく書いた本はなかったからです。(私が見つけれてないだけかもしれませんが)

本がないなら自分で出版してやろう!

そこで、私はこう思いました。「もしかすると、観光前にお寺のことを調べたくても難しくて諦めてしまっている人って結構いるんじゃないか?寺院観光の際に知っておくべき歴史や仏教の知識がわかりやすく整理されている本がないのなら、電子書籍で自分で出版してやろう!」と。

日本の歴史のことをもっと多くの人に知ってほしい・・・というのがこのブログを始めたきっかけですが、ある意味その延長線上に電子書籍があったのかもしれません。

電子書籍の紹介!まずは法隆寺の本を書いたよ

最後に、本の紹介をしたいと思います。人生初の電子書籍は、法隆寺を観光する際に、知っておくと絶対に観光を楽しめる!と個人的に思っている歴史や仏教の話を紹介した本です。

できる限りこの本一冊で体系的に知識が整理できるよう心がけたつもりです。

なお、Kindle本でしか出版していません。楽天koboや他の電子書籍サービスではご利用できませんので、ご了承ください。

こんな本です↓

法隆寺に観光に行かれる予定の方、単純に法隆寺のことを知りたいという方はぜひ読んで見てください。電子書籍の特徴を生かして、サッと読めるようになっています!

続編もどんどん書いていきたい

様子を見ながらですが、他にもいろんなお寺の話をどんどん書いていきたいと思っています。おぼろげに構想はあるのですが、あとは時間と気力が自分にどれだけあるかです(汗

電子書籍を出版するに至るまで、結構いろんなことを考えました。色々と思ったこと・考えたことも、いつか別の記事で紹介できればなぁと考えています。

スポンサーリンク

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする