道鏡と孝謙(称徳)の恋の予感!?水を差す淳仁天皇

bsMIMIYAKO85_katawoyoseauhutari20140725

前回(藤原仲麻呂って何をした人?【孝謙天皇と橘奈良麻呂の乱】)は、藤原仲麻呂が光明子の権勢を背景に独裁政治を築き上げ、その総仕上げとして傀儡の淳仁天皇を即位させたお話をしました。しかし、藤原仲麻呂の影の支援者であった光明子が760年に亡くなったことで藤原仲麻呂の権勢にも終わりが見え始めます。

そのきっかけとなったのが、道鏡(どうきょう)と言う僧侶でした。

今回は、孝謙上皇と道鏡の熟年カップル!?のお話です。

スポンサーリンク

孝謙上皇、恋の予感!? 道鏡の登場

孝謙上皇と道鏡の運命の出会いは、761年。藤原光明子が亡くなった1年後です。

当時、孝謙上皇は病に伏していました。孝謙上皇は優秀な医者を探します。そこで、選ばれたのが道鏡です。

当時の医者とは、すなわち僧侶のこと指しました。病人の看護を行いながら、お経を唱えたり、仏像に向かって祈りを捧げることが当時の医療だったのです。仏さまのご加護により病気を治そうとしていたのです。

そんなの効くわけないじゃん!と思うかもしれませんが、それは我々が西洋医学を知っているからです。国を仏教の力で守ろうとしてこの時代、西洋医学の「せ」の字も知らない時代だったことを考えれば、仏法に頼ろうとすることは決して不思議なことではありません。

しかし、道鏡が看病をするようになってからみるみるうちに孝謙上皇の体調が回復していきます。道鏡の持つ仏法の力は確かに効いたようです。

孝謙上皇も道鏡の仏法の力を信じるようになり、次第に道鏡を側近として寵愛するようになっていきます。

ところで、孝謙上皇は女帝です。当時45歳前後。

一方の道鏡は男性で60歳前後でした。

実は、孝謙上皇と道鏡、熟年カップル疑惑があるのです!

天涯孤独の孝謙上皇 -なぜカップル疑惑が浮上した?-

熟年カップル疑惑が持ち上がった背景の1つとして、孝謙上皇の置かれている立場を見てみます。

女帝の役割

日本における女帝の役割は、皇位継承のつなぎ役でした。天皇候補の皇子が定まっていない場合や幼い場合に、女帝が登場します。

そして、奈良時代の女帝は生涯独り身であることが一般的でした。

飛鳥時代には、女帝であった推古・斉明(皇極)・持統天皇らは、天皇の妻という立ち位置で天皇になることができましたが壬申の乱の後、天武の血が重視されるにつれて女帝のつなぎ役としての役割にも厳格化が求められたため、未婚・未亡人という厳しい条件が加えられたのだと思います。

つまり、孝謙上皇が天涯孤独であることは必然だったのです。

一応、淳仁天皇がいましたが藤原仲麻呂や孝謙上皇の傀儡にすぎず、事実上、やはり孝謙上皇が国のトップでした。

政争や謀略が多いこの時代、国のトップが安易に他人に頼ることは許されません

そんな孤独な寂しさのあまり親身に看病してくれる道鏡に色恋の感情を抱いてもなんら不思議ではない気はします。

※熟年カップル疑惑はあくまで疑惑です。気になるところですが、今となっては真相は誰にもわかりません・・・。

孝謙上皇、淳仁天皇にブチ切れる

日に日に目立つようになる孝謙上皇の道鏡の寵愛ぶり。

その度を過ぎた寵愛に、藤原仲麻呂は恐怖を覚えます。

なぜ恐怖かというと、傀儡の淳仁天皇の下で気持ちよく行っていた仲麻呂の独裁政治が、道鏡勢力に脅かされる危険性があるからです。

孝謙上皇に「藤原仲麻呂の言うことを聞きなさい!」と言ってくれた藤原光明子が亡くなった今、藤原仲麻呂の勢力基盤は非常に脆いものになっていたのです。

そこで、仲麻呂は淳仁天皇を通して、孝謙上皇に「たかが僧侶の道鏡にそこまで深い寵愛を与えるのは異常であるからやめた方が良い」とその異常なまでの寵愛ぶりを諫めます。

これに孝謙上皇は大激怒!

孝謙上皇は、偉い官僚たちを呼び集め、こんな詔を出して平城宮(天皇の住むところ)を離れ淳仁天皇と別居を開始します。

私は母の光明皇太后から淳仁天皇を補佐するようお願いされ、淳仁天皇の政務をサポートしてきました。しかし、淳仁天皇は私の言うことを聞かず、言ってはいけない言葉を使ったり、してはいけないと言ったことをしている。これは、私のせいではなく淳仁天皇の問題であるということを世に知ってもらいたいと思い、淳仁天皇とは別に暮らそうと思う。
また、このように淳仁天皇が不甲斐ないのは、私の徳の至らないせいであるとも思い、出家をすることにした。
しかし、淳仁天皇の政務では心もとないので、国家の大事は私が行うものとする。淳仁天皇は、日常の祭祀などの小事のみを行っていればよい。

淳仁天皇はボロクソな言われようです。しかもすごく遠回しに・・・

実際は、淳仁天皇が孝謙上皇に逆らった様子はなく、むしろ従順だったようです。

では、なぜここまで淳仁をボロクソに言ったのか?

それは、藤原仲麻呂の言いなりとして淳仁天皇が道鏡を諫めたことが原因だと言われています。

尋常ではない道鏡への寵愛。それはやはり、男と女の一線を越えた関係だったのかもしれません・・・。

藤原仲麻呂の乱へ

先ほどの孝謙上皇の詔でもあったように、「国家の大事は私が行う!」と言っています。

これまでは、傀儡の淳仁天皇の下、藤原仲麻呂が裏で最高権力者として君臨していました。それが、この孝謙上皇の詔で一変します。

孝謙上皇は、反仲麻呂派の人々を集め要職に就かせ始めました。これは藤原仲麻呂の独裁政治に対する明らかな抵抗です。

こうして孝謙上皇の道鏡を馬鹿にした淳仁天皇と仲麻呂への復讐が始まるのです。しかし、藤原仲麻呂もこれに負けじと対抗します。

そして起こったのが藤原仲麻呂の乱です。次回は、藤原仲麻呂の乱の話。

次:誰でもわかる面白い藤原仲麻呂の乱【孝謙上皇と淳仁天皇】

前:藤原仲麻呂って何をした人?【孝謙天皇と橘奈良麻呂の乱】

楽しく学ぶわかりやすい日本の歴史講座一覧に戻る

スポンサーリンク

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする