古典や歴史好きは絶対に電子書籍+タブレットで読書した方がいいという話

このブログを運営していると、どうしても本を読んで色々と調べたり考えることが多くなりました。そうすると読書量が増え、気付いたら電子書籍を頻繁に利用していました(汗。

電子書籍って結構昔からありますが、「実は意外と知られていないんじゃないか?」と思い、その良さについて語ってみます。

スポンサーリンク

古典などが無料で読み放題!青空文庫

私が電子書籍の利用をオススメする一番の理由が、青空文庫の存在です。

青空文庫って聞いたことあるでしょうか?簡単に言うと、著作権切れになった過去の著書を無料で読める電子書籍です。昔の本ばかりなので、読みにくい場合とかもありますが、これさえあれば有名な古典の多くをタダで読むことができます。

歴史や古典好きな人なら無料で古典が読める青空文庫は絶対に利用すべきツールと言っても良いかもしれません。

青空文庫は既にAmazonの中に組み込まれているので、Amazonで普通に商品を探すのと同じ感覚で無料の本を探すことができます。例えば、下に載せた福沢諭吉の「学問のすすめ」。文庫版だと数百円しますが、電子書籍版(Kindle版)だと無料になっています。(気になる方は実際に確認してみてください!)

それに電子書籍の本は紙の書籍よりも価格が安い傾向にあります。(紙の書籍より経費かからないから)そのため、あまり紙媒体にこだわりのない人ならば、電子書籍はかなり重宝することなります。

快適な読書を実現するタブレット

電子書籍を読むには、PCでもスマホでもタブレットでもなんでもいいのですが、何らかの電子機器が必要です。しかし、PCは持ち運びが不便だし、スマホは画面が小さく不便です。

よって、快適な読書ライフを実現する最善のツールはやはりタブレットです。さらに、タブレットは手に持って読むことになるので、快適な読書ライフを実現するには軽量であることが重要

コスパ最強のタブレットはこれ!

私自身、タブレットマニア!とかそんな感じじゃないですが、それでもいくつかのタブレットを使ってみて価格と機能性を両天秤にかけた結果、電子書籍を読むという観点からは以下の2つのタブレットがコスパが最も良さそうです。

アマゾンのFireタブレット

その1つがアマゾンのFireタブレット7というもの。お値段は9,000円ほどですが、後でちゃんと説明しますがアマゾンのプライム会員特典を利用すると5,000円ほどで買えます。

このタブレット、スペックは高くないですが、主にアマゾンが提供する音楽・動画の鑑賞、読書に特化したタブレットです。その性能をちゃんと理解し、音楽・動画・読書にピックアップして利用をすれば、5,000円とは思えないほどの破格のハイパフォーマンスを発揮します。容量が8Gだと少ないように感じますが、FireタブレットはSDカードを挿入できるので、8Gでも特に不便に感じることはありません。

一応補足しておきますが、べた褒めしてますけどあくまで5000円という価格としてはかなりすごい!ってことです。高額のiPadなどには当然敵いませんのでご注意を。

ちなみに、Fireタブレットにはいくつかの種類があります。

先ほども説明しましたが電子書籍として利用するには重さが重要です。なので、本を読む目的で買うのなら、スペックは高くないけど安くて軽いFireタブレット7を強く推奨します。7以外だと、重くて読書には向きません。

Amazonの電子書籍専用タブレットKindle

次にオススメなのが、電子書籍専用端末のKindleです。価格はFireタブレット7と同じ9000円ほど。さらに同じく、アマゾンのプライム会員特典を使うと5,000円ほどで買えてしまいます。

Fireタブレット7と大きく違うのはその画面と軽さ。Fireタブレットと違ってKindleは電子書籍を読むことしかできませんが、長時間目にしていても疲れにくい特殊な画面が採用されています。さらに、Fireタブレットと比べてとても軽い!一般的な厚さの文庫本とほぼ同じ重さです。重量はかなり重要なので、この点は高く評価できます。

KindleもFireタブレットと同じくいくつか種類があります。

Fireタブレットと違ってどのタブレットでも重さや大きさが完璧なので快適な読書ライフを実現できます。(もちろん高い方が使いやすいですが!)最後に、Kindleには致命的な弱点があります。それはカラー本に対応していないということ。雑誌を電子書籍で読む場合などは向いていないかもしれません。

Amazonプライム会員になるならFireタブレット一択!

さて、コスパ最強タブレットということでFireタブレット7とkindleを紹介しましたが、いずれもAmazonプライム会員の特典を利用するkとおで4000円引きでタブレットを購入することができます。この特典により5,000円という破格の値段でタブレットが買えるわけです。

このプライム会員というやつなんですが、これがかなり凄いサービス。たった月額300円で以下のことが可能となります。

Amazonで購入した商品の送料無料

Primeビデオという動画見放題サービスの利用


動画のラインナップを見てみる
PrimeMusicという音楽聴き放題サービスの利用


音楽のラインナップを見てみる

PrimeReadingというアマゾンが指定する月100冊程度の本の読み放題サービスの利用

このほかにもまだまだ会員特典がありますが、主要なところでいうと上記のサービスがたった月額300円(年会費3,900円。ただし、月会費制を選択した場合は月額400円)で利用することができるんですね。これに加えて、タブレットを4000円引きで購入できるわけですから、これを使わない手はありません。というか、4000円引きの特典だけで年会費1年分の元が取れます。

さらに、先ほど、Fireタブレット7はアマゾンが提供する音楽・動画の鑑賞、読書に特化したタブレットだと説明しましたが、Amazonプライム会員になることでFireタブレットはまさにコスパ最強のタブレットへと変貌します。

さらにプライム会員には30日間の無料お試し期間があります。「百聞は一見に如かず」です。少しでも興味のある方は、まずは無料お試しでプライム会員特典を味わってみましょう。本当に便利なサービスですよ。

Amazon公式サイトを見てみる

月額980円の本読み放題サービスも

このAmazonプライム会員とは別に、アマゾンではKindleUnlimitedという月額980円の本読み放題サービスも提供しています。青空文庫にタブレット、そしてこの読み放題サービスに加入すれば、最強の読書環境を構築することができるでしょう。

この記事では本読み放題サービスまでは詳しく触れませんが、気になる方は公式サイトをご覧になってみてください。これもAmazonプライム会員と同じく30日の無料お試し期間があるので、気になる方は一度試してみて本のラインナップや使い心地を確認してみると良いでしょう。
ラインナップを見てみる

古典・歴史好きには青空文庫+タブレット!

以上、青空文庫とタブレットについて語りました。

青空文庫自体は無料ですが、青空文庫を電子書籍として快適に読むためには、どうしてもタブレットが必要となります。タブレットというとなんだかお高いイメージがありますが、FireタブレットやKindleなら諭吉一枚以内の出費に抑えることが可能です。

Fireタブレット7をamazonプライム会員特典で5,000円で購入し、音楽や動画の利用し放題サービスを使いながら、青空文庫や普通の電子書籍で古典などの読書を楽しむ・・・これが読書好きな人にぜひ検討してもらいたい、私がオススメする最先端の読書法です。
Amazonプライム公式サイト

スポンサーリンク

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする